今日は4月1日!

2009年4月 1日 (水)

のんべが入手した極秘情報

最近、イチローが激怒し、驚くべき行動に出るようです。

<鈴木イチローと小沢一郎の違い>などというネタにされているのが、よほど腹に据えかねたようです。いくらブロガーや2chネラーを叱っても、♪コピペは続くよどこまでも…ですので、トイレの臭いは元から絶たなきゃダメ!と悟ったそうです。

そこで、小沢一郎を議員から引きずり下ろすべく、岩手4区からの議員出馬を決意なさいました。覚悟を決めた小沢一郎氏はクビを洗うための石けんを買い占めたため、岩手県では石けんが在庫切れとなる店が続出しています。

他にも、ワシントン・ポスト紙にアメリカ合衆国下院の「従軍慰安婦」糾弾決議全面撤回を求める趣旨の意見広告を出した日本の誇り・すぎやまこういち氏が、こんな奴と一緒にされてはたまらんとばかり、日本の埃・加藤紘一氏の山形3区に殴り込むと聞きました。

以上、のんべ新聞4月1日号でした(笑)

冗談はともかく、次の総選挙は日本の大掃除にしなければいけませんね。頑張りましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年4月 1日 (火)

大ニュース続出!

今日、フクダ首相は緊急記者会見を開き、辞任を表明しました。総裁選は4/10に実施される見込みです。二階氏、古賀氏に加え平沼氏が党外から出馬する意向を示しています。

続いて民主党でも小沢代表が「フクダ首相を辞任に追い込んでしまい、民主政権を遠のかせた責任を取る」と辞意を表明しています。代表選は自民の総裁選に合わせて実施される見込みです。姫井議員と横峰議員が早速出馬の意向を示しました。出馬の意向を示すのは自由、という声が早速上がっています。

コキントウ主席が国連を訪問し、潘基文事務総長の仲裁で、ダライ・ラマ猊下と会談しました。コキントウ主席は、チベットに餃子を送ったが軍隊は送っていないとわけのわからない発言をしています。

練馬のんべ氏が雑誌「暴論」に記事を載せています。みなさん、本屋に急いでください。本日発売ですが、既に売り切れている店も多いそうです。私もいくつかの書店で探しましたがすべて売り切れでした。

…うーん、いささか面白みに書けるホラ記事でした。やっぱりウソだのホラだのを書くのは、酔っぱらってないとだめですね。珍しく素面なので…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

朝日サマには完敗(笑)

恥を知る―日本の美徳はどこへ』(朝日社説4/1)

社説でエープリルフールをやるとは…さすがに驚き。

『水増し会計、事故隠し、番組捏造(ねつぞう)、学校のいじめ……。恥ずべきことの多い昨今だが、なるほどそれもそのはず、といえようか。
 松岡氏の座右の銘は「真実一路」だという。安倍氏が尊敬する吉田松陰は「誠を尽くして感動しないものはいない」と説いた。ならば、日本を愛してやまないお二人には、ぜひとも「恥」の感覚を思い出していただきたい。』

うーん、朝日サマが「捏造」を批判して「恥」を説く。朝日サマのエープリルフール感覚には完敗です。参りました(笑)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧下さい)

続きを読む "朝日サマには完敗(笑)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

河野洋平氏などの集団移住が決まりました

河野洋平氏は、永年「紅の洋平」としての働きめざましい、ということで中共が特別国民として招聘し、シナ移住が決まりました。また、山崎拓氏は北朝鮮にいる喜び組が忘れられないらしく北朝鮮の招待により永住が決まりました。また、福島瑞穂さん、土井たか子さんも同行する模様です。将軍サマから喜び組として招待された、という噂が流れております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

来年から4月1日は祝日になります

今年は4月1日が日曜日にあたるため転勤族にとっては引越の日になり、年度末の追い込みで疲れた営業マンにはいい区切りになり、システム担当者には年度末の特殊な処理をこなす時間が多いなど非常に助かったサラリーマンが多数いた模様です。そこで4月1日は毎年休みにすべきだという声が高まり、来年から4月1日は「年度元日」として祝日となることが決まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖國神社の分社が建立されます

靖國神社は国を護る神社なので、国境地帯に分社を建立すべきという国民の声に押され、政府は尖閣諸島、対馬、知床、沖の鳥島に分社を建立することに決めました。それに対して公明党は「政教分離違反」と猛反発し、ついに与党から離脱しました。世の中には歓迎の声が満ちあふれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本国憲法の無効が宣言されました

日本国憲法の成立について、大日本帝国憲法の第73条に抵触する、つまり占領下の議会はGHQの傀儡であり「帝国議会」としての要件を満たしていなかったので無効である、という決議が安倍首相から衆参両院に諮られました。プロレス並の大乱闘になり大仁田議員の活躍はめざましい?ものでしたが、結局自民も民主も分裂状態になり、自民の大多数と民主の一部議員の賛成により本決議は成立しました。

当面、日本国憲法は前文と第9条2項と第88条と第96条以降を削った形で大日本帝国憲法の上に載るものになることが決まりました。今後、どのような憲法が21世紀の日本にふさわしいものになるか、国民的議論がなされることになります。

同時に、教育勅語の復活も宣言されました。

| | コメント (6) | トラックバック (3)