言論の自由を守れ

2009年6月30日 (火)

真の平和主義者は誰か

田母神氏「広島8・6講演」、市が変更要請』(読売)

『…広島原爆忌の8月6日、広島市内で、「ヒロシマの平和を疑う」と題して講演…秋葉忠利市長名で、日程変更を要請するファクス…』

田母神氏は8月6日に核武装を主張する講演を行うつもりでしょうか。8月6日は核廃絶を唱えなければならない、という「9条平和教のタブー」に挑戦しようというわけです。早速、それはやめろと役所が騒ぐ構図。

社会秩序に大きな影響があるようなことでない限り、平穏な講演会に対して役所が中止を要請することは、言論の自由に対する重大な挑戦です。

あやまちは繰り返しません。うん、その通りです。あやまち、とはなにか。どう考えても「原爆を落とさせたこと」でしょう。「二度と原爆を食らわない」これが我々が譲るわけにはいかない立場、反対する人はいないでしょう。

「二度と原爆を食らわない」ためにどうするか。

「9条平和教信者」は、「核廃絶経」を唱え続けます。

「9条平和教」の教義では、アメリカの核は戦争のための汚い核だから、平和のためのきれいな核を中共朝鮮が持つことを肯定します。

田母神氏は、核武装だけが抑止力になる、と主張します。中共朝鮮が危険な核を手放さない以上、他に道はない、と仰せです。

どちらが真の平和主義者なのか。明らかだと思うのですけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年5月 3日 (土)

博士、お疲れさまでした

Hakase_kyuugyou TB頂いている通り、当ブログも大変お世話になっている有名ブログ「博士の独り言」さんが休止宣言をなさいました。詳細の事情は存じ上げませんが、連日の熱の籠もった記事、1年7ヶ月続けられたことがまず大変なことだった、とつくづく思います。

しばらくはご休養いただき、また舌鋒鋭い国のためになる記事をお待ちしています。

応援してます!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年4月14日 (月)

YASUKUNI、ピンチ(笑)

靖国神社、映像削除求める 高知での上映は延期』(西日本新聞)

「靖国」出演の刀匠 「出演場面と名前を映画から削って」と明言』(産経)

自民議員が出演者聴取 “靖国”監督が反発』(西日本新聞)

映画「靖国YASUKUNI」に対する公的助成金に対し、政治家が税金の使い方という観点でクレームを付けたら、それがいつの間にか言論の自由に対する圧力にされてしまいましたが、さて、いざ上映しようとしたら、今度は出演させられた刀匠の方と靖國神社からクレーム。上映延期に追い込まれました。

靖國神社は4月11日に以下のようなコメントを出しています。

『李纓監督作品の映画「靖国YASUKUNI」については、当神社境内における撮影許可手続が遵守されていないだけでなく、その内容についても事実を誤認させるような映像等が含まれており、当神社は、製作会社の有限会社龍影と李纓監督及び配給会社のアルゴ・ピクチャーズ株式会社に対して、質問と問題映像の削除等の適切な対応を求める通知を行いました。』

まことに当たり前。境内での撮影許可なしでゲリラ的に映画を作るなど無茶苦茶です。

刀匠氏に対しても嘘八百の説明をしておいて、いざ映画が出来たときにこれは酷いとクレームを受けても、今度は政治家の圧力で刀匠氏が変心させられた、と逆ギレ。まさに息をするようにウソを付いているのは明らか(笑)

無茶苦茶きわまりないルール違反で撮影された映画が許されるはずもありません。ルール無用の輩が「言論の自由」を主張するなど言語道断。とりあえず配給会社は当たり前の判断をしたようです。

政府は即刻助成金を取り消すべきです。また、もし上映を強行するような動きがあれば、靖國神社と刀匠氏には上映禁止の仮処分を裁判所に申請してほしいですね。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

続きを読む "YASUKUNI、ピンチ(笑)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

税金の使い道を批判=言論の自由の封殺?!

社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討』(朝日)

非常に結構なことだと思うし、言論の自由は保証されるべきです。ただし、税金は使わずに自分の財布で勝手にやって下さい。

『福島氏は「上映前に国会議員が介入して、結果的に中止に追い込ませた」と批判』
税金の使い道について国会議員が口を出したら言論封殺ですか。税金の使い道に文句を言ってはならないのですか。そんな考えが言論の自由を侵害することに気づいてないのかな。言論の自由とは、サヨクだけが大声を上げる権利、ではありませんよ(笑)

映画を観て批判するのも自由です。それを口実に言論封鎖を図ったのは街宣車右翼などでしょ?文句はそっちに言えばいいのに、それができないから八つ当たりしているとしか思えません。マスコミもそう。ああ、みっともない。国民が気づいていないとでもお思いなのでしょうかね。だから新聞もテレビも左前なんですね。

マスコミも社民党も、税金の使い道を批判する国会議員ではなく、言論を封鎖しようとしている連中に文句を言うべき。論理をすり替えて批判するのはサヨクの得意技とは言え、卑怯の一語です。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

続きを読む "税金の使い道を批判=言論の自由の封殺?!"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月30日 (水)

「博士の独り言」への攻撃など逆効果

政治ブログの人気No.1として知られている「博士の独り言」さんが、夕べから表示不能になっています。

※1/30夜には復旧しています。21時間表示不能だったそうです。

iza版ブログに事情が載っていますので転載いたします。

---転載ここから---

妨害に屈せず!』

 みなさま、日々新たなご訪問をいただき有難うございます。

 ご覧いただいた読者は少なからずおられることと思います。現在、本編ブログが激しい攻撃を受け、表示不能の状態となっております。 ブログに対しては、本年4度目の攻撃となりました。

 昨秋は暴漢に襲撃を受けました。以来、度々のストーカー攻撃も在り、身の回りの被害は小さくありません。しかし、私は断じて屈することはありません。

 なお、4月7日に、NPOの出陣式を行います。みなさまの応援をお願いします。

平成20年1月29日 博士の独り言

---転載ここまで---

「博士の独り言」さんが厳しく批判しているのは、皆さんご存知の通り、中共、韓国、創価学会など。誰が攻撃しているのか私は知りませんが、「博士の独り言」さんを訪れる多くの方々は、図星を衝かれてしびれているこの連中が攻撃しているのだろうな、と思うはず。

攻撃している連中のために、忠告します。卑怯なことはやめたほうが御身のためです。攻撃などすれば、「博士の独り言」が正しい、ということを証明したことになり、逆効果もはなはだしいですよ。

さらに言えば、普段「博士の独り言」さんに批判されている、他の勢力の方々も一緒にされてまことに迷惑されていることを知ってください。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2007年8月16日 (木)

言論封殺を図る者を嗤おう

博士の独り言」さんは何者かの妨害によりなかなか見られない状態です。また、先日は「反日勢力を斬る」さんがYahooブログランキングから削除されてしまったとか。(この件、私がYahooブログの仕組がわからないのであまりコメントできないのですが…)

言論を封殺しようという勢力、馬鹿ですねえ。こんなことをしたらシナ朝鮮と創価などの信頼を一層落とすだけなのに。嗤ってやりましょう。

博士もブログを消されてから以前にも増して意気軒昂、ブログランキング(政治)では不動の一位になりました。また、ちょうど1年ほど前、加藤紘一氏の実家が放火されたけど(私は放火の行為を断固批判しました)あれ以来、加藤紘一氏、元気ですねえ。

言論を封殺しようとする馬鹿者達へ。恥を知れ、などとは言いません。どうせ恥知らずでしょ。あんたらにも分かる言葉で言えば、逆効果だからやめておいたほうがあんたらのためだよ(嗤)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月 4日 (木)

ネット規制をTBSにやらせるだと?!

当ブログのテーマとは直接関係ありませんが…これは酷い話なのでコピペします。都合の悪いことをネットで書けば、例えば特亜三国や某宗教団体やマスコミを批判すれば個人情報が危険な奴らに流れるのが明らかです。なんせTBSや毎日はネットを敵視していますから。

ついでながら、最近毎日は「ネット君臨」なぞというふざけたキャンペーンやってますね。

以下、引用。(顔文字や半角カナなど文字化けが怖いので消しました、ご了承を)
-------------------
TBSがネット法案を運営する事が分かりました!
[社団法人テレコムサービス]の会長はTBSの地方局の子会社の社長と言う事が分かりました!ビヨヨ~ン。

ネット版人権擁護法案 香ばしい香りの流れ 分かりやすい一覧表

「ネット版人権擁護法案を管理する[社]テレコムセンター会長中尾氏は中核派と繋がりの深い富山大学卒」
     ↓
「その中尾氏は筑紫哲也が学長を勤める”森のゆめ市民大学”(富山)で副学長を務める」
     ↓
「中尾氏はさらに地元富山ではTBS系列のテレビ局も経営してる」
     ↓
「TBSと言えば昨年2ちやんねる有志らによるTBS免許剥奪デモなどでネットを嫌っている」
     ↓
「ネット版人権擁護法案はそのTBSの系列会社(チューリップテレビ)の社長中尾氏が会長をしているテレコムサービスが運営する」
     ↓
「つまりTBSがネット法案(ネット版人権擁護法案)を運営しているのと同じことになる」
     ↓
「最悪の結果が予想される」

参考 極右評論
ネット規制 背後にTBS、毎日も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51262120.html
仕組まれているネット規制 筑紫の名前も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51261192.html
[社]テレコムサービス協会に電突 よーめんブログ
http://youmenipip.exblog.jp/4175299/

↑これらをコピペで広めてくだされ

社団法人テレコムサービス協会 03-3597-1092
http://www.telesa.or.jp/
総務省03-5253-5111
http://www.soumu.go.jp/opinions/opinions.html
首相官邸 03-3581-0101
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

↑これらをコピペで広めてくだされ

---------------------
発信者情報:同意なしで開示へ ネット被害で業界が新指針(毎日新聞、昨年12/26)

 インターネット上のプライバシー侵害や名誉棄損について総務省と業界団体は、情報を書き込んだ発信者の同意がなくても被害者に発信者の氏名や住所などを開示する方針を固めた。これまでは発信者が開示を拒否すれば、誰が悪質な情報を流したか被害者側には分からず、泣き寝入りするケースが多かった。業界団体は新たなガイドライン(指針)を年明けに作り、来春(注:既に今春)から導入する。【ネット社会取材班】

 02年に施行されたプロバイダー責任制限法はプライバシー侵害など正当な理由があれば、被害者がプロバイダー(接続業者)に対し、書き込みをした発信者の情報開示を求める権利を初めて認めた。しかし、実際の運用では「どのような内容が侵害に当たるか明確な基準がなく、業者側で判断できない」(社団法人テレコムサービス協会)との理由で、発信者の同意が得られなければ事実上、開示できなかった。

 このため、業界は総務省とも協力し、同法に基づく自主的な発信者情報開示のためのガイドラインを策定することを決めた。原案によると、他人の氏名や住所、電話番号など個人を特定する情報を掲示板などに勝手に書き込む行為を幅広く「プライバシー侵害」と認定。個人を名指しして病歴や前科を公開することも含まれる。

 こうした場合にプロバイダーが被害者からの要請を受け、発信者の同意がなくても、その氏名や住所、電話番号、電子メールアドレスなどを開示できるようにする。

 一方、名誉棄損については、プロバイダーによる任意の発信者情報開示をあまり広く認めると「政治家や企業経営者らの不正や問題点の内部告発までネット上からしめ出す懸念もある」(業界団体幹部)と判断。これまでの名誉棄損裁判の判例も踏まえ、公共性や公益性、真実性などが認められない個人への誹謗(ひぼう)や中傷に限って自主的な開示の対象とする。

 被害者は裁判で発信者情報の開示を求めることが多かったが、悪質な書き込みをした発信者を早急に特定し、損害賠償請求できる可能性も高くなるとみられる。

 業界と総務省は一般からの意見も募集したうえで、早ければ来年2月(注:既に今年)にも導入する方針。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

言論封殺には断固反対

核論議も封殺するなど、言論封殺が流行っているようですが、やはりそんなことはこの自由主義国家で許されることではありません。

以前gooブログから消去されてしまった「博士の独り言」さんが、またしても封殺の危機に遭っている模様です。一昨日から不思議にも時々接続不能になります。孫正義氏を批判した文章を掲載なさった直後のことでした。

冗談ではありません。現代日本でもこのようなことが起こります。

再度このようなことが起こらないことを希望しますが、もし再発するようなことがあれば私も黙ってはいません。力無いマイナーブログではありますが、一寸の虫にも五分の魂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

また朝日サマの社説は、もう…

また朝日サマの社説(10/20付け)は、もう…
『「核」論議 外相の答弁は不適切だ』
つまんないですね。表題を見た瞬間に、あ、まただ…と。つきあっている私もヒマか…

『外相という立場でこの論議を後押しするような発言をするとなると、話は別…政府で外交政策の責任者をつとめる人物が「議論を」と言えば、では日本は政策変更を考えているのか、と受け取られる恐れがある。間違ったメッセージを世界に発しかねない。』
じゃあ、日本は未来永劫核兵器を持たないと周りに思わせることが良いことなんでしょうか。中共サマや将軍サマは大喜びなさるでしょう。世界でなく、特亜三国、ですよね。

『批判に対し、麻生氏は「言論を封殺するという考え方にはくみしない」などと答えた。話をすり替えてはいけない。外相や自民党政調会長といった、政府与党の重い立場にある人の発言として不適切だと、その内容を問うているのだ。「言論の自由」を振りかざす問題ではない。』
要するに外務大臣には言論の自由はない、外務大臣ごときは朝日サマのお気に召すこと以外話してはならない、ではないですか。それこそ言論封殺、「話をすり替えてはいけない」と思いますよ。なんせ朝日サマは寛仁親王殿下にも黙れと言うくらいだから大臣に黙れというなど当然のこと、さすがは日本で一番偉いけど中共の従順な僕の朝日サマ♪

『北朝鮮にどうやって核を手放させるのか。世界が知恵を絞っている時に、政府与党から方向違いのメッセージが出され、誤解を招くのは迷惑だ。』
北朝鮮にどうやって圧力をかけるか、考えに考えた上での発言なのに、朝日サマが素晴らしい発言をなさって中共と北朝鮮に「誤解を招くのは迷惑だ」と思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 2日 (月)

博士の独り言、再始動

博士のランダムノート」および「博士の独り言iza版」にて、何者かに消去されてしまった「博士の独り言」が再始動するということです。

慶賀の至りではありますが、まだ敵がうごめいていることはまず間違いないでしょう。また、gooは非常に脆弱であるというてっく氏の指摘もありますので、どうか慎重になさって下さい。

10/3追記1:当ブログの「お気に入り」の欄に、博士のブログをまとめた枠を作りました。

10/3追記2.
今回の削除事件で各方面から博士に対して圧倒的支持が寄せられました(やや暴走気味だった感じのところもありますが…)。有名人気ブログの毒吐き@てっくさんや一燈照隅さんでも、削除されていた博士の記事を転載なさいました。ブログを不法にも削除した結果がこれです。先日、言論封殺の代償は高くつく(要旨:中共・創価を犯人と断定するつもりはないが、犯人と疑われたため、中共・創価および媚中派・公明党への支持はがた落ちする)という記事を載せましたが、博士の言論に対する支持も確実に広がりましたので、言論封殺者は歯ぎしりしていることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)