政治/行政

2010年10月21日 (木)

知事が育児休暇など無責任の極致

『イクメン知事、橋下知事に「大きなお世話」』(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101021-OYT1T00917.htm

別に橋下知事のコメントに興味があって記事を紹介するわけではない。ただ、この広島のイクメン知事とやらの、無責任の極み、平和呆けの極致に呆れかえっているだけ。

県知事は、二十四時間三百六十五日、県民の生命に全責任を持っています。自衛隊法によれば、国民保護、治安維持のため自衛隊の出動を要請できます。法律上代理権限はありません(災害出動は別)。

常に公邸に住み、休んでいるときも常に待機しているべき。やむを得ず公務出張するときも、いつでも戻れるようにヘリコプターを待機させるべきものです。

選挙で選ばれた首長や首相は、病気などで本人が倒れて公務不能にならない限り、24時間365日代理者を立ててはならない。やむを得ず代理者を立てた場合は、速やかに辞任し新たな代表を選ぶべきです。

それが、育児休暇なんてねえ。問題外、論外です。

なお、男性の育児休暇については賛成でも反対でもありません。人事面でマイナスを食らったり、偏見の目で見られる覚悟があれば、それは自由でしょう。ジェンダーフリー論に与するものではないけど、最終責任を持つ者でなければ、企業なり役所なりが認めれば私の知ったことではありません。

ただし、法律上男性の育児休暇を義務化せよ、などという権利至上主義には絶対反対です。

参考:自衛隊法抜粋

(国民保護等派遣)第七十七条の四
 防衛大臣は、都道府県知事から武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第十五条第一項 の規定による要請を受けた場合において事態やむを得ないと認めるとき、又は武力攻撃事態等対策本部長から同条第二項 の規定による求めがあつたときは、内閣総理大臣の承認を得て、当該要請又は求めに係る国民の保護のための措置を実施するため、部隊等を派遣することができる。
2  防衛大臣は、都道府県知事から武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第百八十三条 において準用する同法第十五条第一項 の規定による要請を受けた場合において事態やむを得ないと認めるとき、又は緊急対処事態対策本部長から同法第百八十三条 において準用する同法第十五条第二項 の規定による求めがあつたときは、内閣総理大臣の承認を得て、当該要請又は求めに係る緊急対処保護措置を実施するため、部隊等を派遣することができる。

(要請による治安出動)
第八十一条  都道府県知事は、治安維持上重大な事態につきやむを得ない必要があると認める場合には、当該都道府県の都道府県公安委員会と協議の上、内閣総理大臣に対し、部隊等の出動を要請することができる。

(災害派遣)
第八十三条  都道府県知事その他政令で定める者は、天災地変その他の災害に際して、人命又は財産の保護のため必要があると認める場合には、部隊等の派遣を防衛大臣又はその指定する者に要請することができる。

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2010年7月30日 (金)

選挙違反したもん勝ちとは情けない

『民主・後藤英友議員の当選無効へ 幹部の選挙違反で連座』(朝日)
http://www.asahi.com/national/update/0730/TKY201007300469.html

『後藤議員は…当選無効…民主党比例九州ブロックで次点に相当する30位だった中屋大介氏が繰り上げ当選』

選挙違反で当選無効、同じ党から繰り上げ当選。いくらなんでもこれはひどい、この制度の責任は民主党にはないと思いますが、とんでもない欠陥ですね。当選無効なら、当然その党の議席が一つ減るべきです。

民主党さん、これは当選辞退したほうがいい。いくらなんでもこの一議席と国民が呆れかえること、どちらが利があるか、明らかでしょう。でも、きっと、民主党さんのことですから、、ラッキー!!!でしょうね。

いいですねえ、お気楽な政党は。こんな政党が与党なんですよねえ…こんな政党を選んだ我が国民、どうしょうもない。もちろん、私もその「我が国民」のひとり。国民の多数が支持した政党政治の責任は、その政党への批判者も含めた全国民にある、それが「民主主義」です。「民主主義は最悪の政治体制といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除いた場合だが(チャーチル)」とは、よく言ったものです…

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010年7月11日 (日)

民主大敗は嬉しいけど…

つぶやきです。

どうも50を切るようですね。それはめでたいけど…一番心配なのは、公明党が与党の仲間入りすること、そうなれば、国民新党は切られて、日本解体三法案が通ることになります。

民主が代表戦で大混乱することを祈るのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

土屋議員、頑張れ!

土屋都議が民主党を「除名」されました。まあどこぞの国の「民主」…国名に「民主」がつく国…と同じものなので、わかりやすくて非常に結構なことです。

土屋都議は法廷闘争に持ち込むそうです。「マニフェストは正直に書け」と言ったら除名では、所属議員とすれば建前上怒るのは当然でしょう。本音は呆れはてて嗤っていらっしゃることでしょうが(笑)。いずれにせよ土屋議員、頑張って下さい!

我々とすれば、祝「民主」党正体露呈!といったところでしょうか。ぜひ広めましょう。

続きを読む」に、土屋議員の声明を転載します。

PS.麻生閣下も、「日教組ふざけるな」と言った中山閣下と「日本は良い国だ」と仰せになった田母神閣下をクビにしました。残念ながらこれは自民のやることではなかったですね。政権交代の大きな要因でした。

続きを読む "土屋議員、頑張れ!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

憲法無視の岡田外相に抗議のFAXを!

『「こう言うべきと言ったわけではない」岡田外相が「お言葉」発言で反論』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091023/plc0910231934022-n1.htm

岡田外相の発言、これはひどい。無茶苦茶、不敬千万、憲法無視。岡田外相、鳩山首相、それに民主党に対し、抗議のFAXを送りつけましょう。

・岡田克也国会事務所  FAX:03-3502-5047

・鳩山由紀夫国会事務所 FAX:03-3502-5295

・民主党本部      FAX:03-3595-9961

これだけではあまりにも手抜きなので、少し書きます。

岡田外相が天皇陛下に対して「考えてもらいたい」とは、不敬にもほどがあります。断じて許し難い言葉です。この記事では「大きな災害があった直後を除き、同じあいさつをいただいている。わざわざ国会に来ていただいているのだから(宮内庁には)よく考えてもらいたい」と(宮内庁には)を補記していますが、陛下のお言葉に対する批判、(天皇陛下には)と読まれても仕方ない。

仮に「不敬」ということに目を瞑ったとしても、日本国憲法上ですら決して許されない言葉。民主党・西岡武夫参院議員が「天皇陛下の政治的中立を考えれば、お言葉のスタイルについて軽々に言うべきではない。極めて不適切だ」と述べた通りです。

岡田外相の言い訳「具体的にこういうことを言うべきだと言ったわけではない」は、まことに苦しくみっともない限り。

岡田氏は閣僚としてどころか、それ以前に議員としても失格であることがよくわかりました。即刻大臣と議員を辞職の上、北京か平壌にでも引っ越すべきです。

もし同じことを麻生前政権で閣僚が言ったらどれだけ叩かれたことでしょうか。当時「暴言」「失言」と、これでもかというほど批判されましたが、例えば日教組を悪の権化扱いした中山国交相、どう考えても正論。カップラーメンの値段を間違えた麻生首相、こんなの重要なことか?だいたいカップラーメンの値段ごときを国会の場で首相に聞くこと自体が異常でした。

それに比べ鳩山内閣の各閣僚の発言、円を急騰させたり株を急落させたり無茶苦茶なものばかり。呆れて物も言う気にもならず、ブログを書く気すらなくさせる見事な脱力作戦(笑)とでも呼ぶべきものでしたが…さすがにこれだけは見過ごせません。

以下余談、でもないけど…

岡田サンは、きっと無邪気な方なんでしょうね。なんとなく善意で思ったことを素直に口に出す。小学生の子供ならまことにかわいい。岡田サンだけではありません、鳩山サンも、前原サンも。「無邪気なお子ちゃま内閣」です。

亀井サンミズポたん景子タンには悪意を感じますが、悪意ある政治家のほうが、無邪気な善意の政治家に比べればはるかに「まし」です。

無邪気な善意の政治家とは、なんと恐ろしい…。まるで、オウム真理教のエリート信者たちです。このままでは日本国民は、「ポア」ならぬ「友愛」されてしまいます…

続きに、2chよりコピペ。笑えないけど笑いました。いくらなんでも陛下の「お心構え」って、さらに不敬なことで、岡田サン基地の外かよ…

続きを読む "憲法無視の岡田外相に抗議のFAXを!"

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2009年9月13日 (日)

民主党=不都合隠蔽党

『「話せばマイナス…」党に知らせず 破産の民主・渡辺氏』(朝日)
http://www.asahi.com/politics/update/0912/OSK200909120086.html

『民主仰天!田中美絵子氏過去に濡れ場ヌード 』(サンスポ)
http://www.sanspo.com/shakai/news/090909/sha0909090509000-n1.htm

『田中美絵子氏 エジプトで身柄拘束の過去も…禁止のピラミッド登った』(スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090911-OHT1T00035.htm

『ふざけるな(民主党の)マニフェスト!本心をひた隠し』(土屋たかゆき民主都議ブログ)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/20090731.html#419

『民主党「渋滞しそうな高速道路は無料化しない。選挙前は言いにくかった」』(ライブドアニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/4329374/

まだ総選挙で民主党が圧勝して2週間しか経っていないのに、パンドラの箱を開けたように出るわ出るわ。田中氏がヌードに出ようが逮捕歴があろうが、渡辺氏が破産していようが、選挙に出ることは構いません。問題は、そういうことをひた隠しにして選挙に出たこと。

他にも、裏マニフェスト、高速無料の大々的な宣伝(原則無料、で逃げるのは詐欺師の行為。原則無料とは、主な高速は無料化されるがごく一部例外がある、という意味にしかとれない)みな同じ。

都合の悪いことは隠せ!

見事なほどこの一点で民主の行為はすべてつながっています。土屋たかゆき氏が上記の通り「裏マニフェストを隠すな」と正論を雑誌WILLに書いたら、結局
「倫理委員会で審議」

http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/20090911.html#438

だそうですよ。

自民だってそうだ、と民主支持者は言うのでしょうが、たとえば麻生おろしに代表される自民の内紛はオープンになっていますね。民主の内紛はあまり聞こえてきません。内紛なんて言っては失礼なのでしょう、きっと民主は鳩山代表のもと見事に一致団結しているから内紛なんか全くないのでしょう(笑)

民主党は不都合隠蔽党。こんぺいとうなら食えるけど、これほど食えないものはありません。

ps.のんべの主PCは故障中、モバイルの小型PCで書いているので、写真を載せたりリンクを文章に貼り付けたりするのが不便。しばらくリンク先はURLを直接置くだけ、などになることご了承を。URLはこの方がいいかも知れません。

| | コメント (22) | トラックバック (2)

2009年9月 8日 (火)

日本経済は鳩パンチで壊滅へ…

温室ガス25%減、途上国支援の鳩山イニシアチブも』(読売)

あまりの発言に唖然として記事にするのを忘れてました。これ、高速無料化だの子ども手当だの、そんなことはどうでもよくなるほどの、とんでもない政策でしょう。日本経済を壊滅させる鳩パンチです。

日本の温室ガス排出量はもともと少ない。試合前に減量したボクサーみたいなもの。それで25%減って、自殺行為。

それに対し、アメリカや中共はメタボなんてものではない大肥満。こんなのがいるところで日本が絞っても何の意味もない。

それに温暖化自体が単なるプロパガンダ。日本以外の国にとっては自国に有利にするための取引材料に過ぎません。そんなところに鳩山センセイがエエカッコシイ。無茶苦茶です。

…どれだけ国民に負担を押しつけるつもりなんだ…

…排出権取引で中共サマに貢ごうっていう大作戦か…

…「あらゆる政策を総動員」って、高速道路無料化と明らかに矛盾するじゃん…

…粗鋼生産量を2割弱減らすって、産業界全滅じゃん…

…セメント生産量を25%カットって、麻生セメントを潰したい一心で日本経済を潰すのかよ…

…きっと、数年後には寒冷化が始まって、金をどぶに捨てただけに終わるぞ…

| | コメント (18) | トラックバック (3)

2009年8月31日 (月)

自民は味噌汁で顔を洗って出直すべし

天晴れ!と言いたくなるくらいの大敗です。この負けっぷりの良さ、気持ちが良いですね。負けるのならこうでなきゃ。

今回の自民の敗北、いろいろな理由があるのでしょうが、「八百万の神の怒りに触れた」ということに尽きるのではないかと思っています。

・カルト公明に染まった

・靖國の英霊を裏切った

・前の郵政選挙で「空気」を捏造

・自分さえ助かればいい、という議員の卑しい心根

他にもあるのでしょうが、八百万の神が怒るのも当然です。

でも、神は日本を見捨てていません。新しい政権与党は衆議院の2/3は取っていないので、つまり、次の参院選で自民が巻き返せば、ねじれ国会に戻るわけです。公明を取り込んで2/3確保するかも知れませんが、それは大歓迎。

とにかく、自民党はまず公明と縁を切り、沸騰して香りの飛んだ味噌汁で顔を洗って出直すべきです。地を這う苦しみを味わって下さい。偉ぶることしかできないジイサン方は隠居して下さい。自民党の若い人たちは、我々とともに、苦しんで苦しんで、心を一にして靖國の英霊にお詫び申し上げましょう。そのときこそ、真の保守政党の復活、日本の復活です。

これは八百万の神が与え賜うた、自民党と日本国民に対する試練です。有り難く拝受しましょう。

今日は台風で土砂降りでした。でも、明日は台風一過で晴天に恵まれるでしょう。きっと日の丸がはためくことでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年8月30日 (日)

民主党のみなさん、おめでとうございます。

民主圧勝が伝えられています。各テレビ局の発表では民主320議席の線。単独で衆議院2/3になろうかという恐ろしい数字。

この数字を生み出したもの。麻生閣下の失政ではありません。小泉郵政選挙でもそうでしたが「空気」です。これには誰も逆らえません。「空気」を作ることに成功した民主とマスコミ、お見事でした。

日本人を支配するもの。権威でも権力でもなく、「空気」です。げに恐ろしきは「空気」。

歴史を思い起こせば「空気」こそ大東亜戦争を敗戦に導いた立役者でした。さあ、これからどうなりますか。ちょっと恐ろしいですが…

でもまあ、こんなもんでしょ。以前、中選挙区制だったころは「絶妙のバランス感覚」が働いたものですが、小選挙区制の恐ろしさ、小泉郵政選挙からおかしくなりました。残念なことです。

次回の衆院選は4年後。来年の衆参同時選挙なんてなくなりました。

4年間民主のやりたい放題が続くのでしょうね。みなさん、覚悟を決めましょう。しかし諦めずに頑張りましょう。

まずは英霊に謝ることから始めないといけません。英霊を大切にすれば「空気」を引き寄せることも可能でしたが、3代続けて首相が靖国参拝しないという不敬を行っては、自民大敗は仕方ないことです。麻生閣下以下の自民のみなさんは、真っ先に靖國に参拝してお詫びを申し上げてほしいと思います。

もちろん、のんべもごく近いうちに英霊と天照大神様にお詫び申し上げに行く所存です。

鳩山代表以下の民主党のみなさん、おめでとうございます。心からお慶び申し上げます。もちろん、日本を諦めるようなことはあり得ませんから、どうかこれから覚悟してくださいね。

| | コメント (26) | トラックバック (4)

いよいよ憲法完全無視の政権誕生

民主・小沢氏:衆院解散以来初の街頭演説 高知の2カ所で』(毎日)

この記事、書いているのは29日ですが、選挙が終わった30日の20時に公開予約しました。この記事が公開される頃は、民主党政権が誕生しているのでしょうね。おめでとうございます(棒)。

『小沢氏は「国民生活を無視した自民党に投票して政治に文句を言う資格はない。棄権する人も同じ」と強調。』

いくらなんでもこれは酷い。自民党に投票したり棄権した人は、政治の批判をしてはいけない。民主主義をなんだと思っているのでしょうか。言論の自由、つまり政治を批判する自由を定めた憲法違反であること、明確です。

民主主義国家の近代憲法に対する重大な挑戦です。日本はどこかの国ではありません。

麻生首相の「失言」とやらとどちらが重大なのか明白。もし同じことを麻生首相が話したら、マスコミが失言どころかキチガイ扱いして大騒ぎするのは確実。

憲法違反発言は代表代行に留まりません。鳩山代表などが推し進める地方参政権は、公務員を選ぶのは国民固有の権利と定めた憲法に違反すること明らか。

憲法ではないけど、教育の政治的中立を定めた教育基本法を無視する輿石議員。

さあ、いよいよ憲法など徹底的に無視する民主党政権の誕生したことでしょう。おめでとうございます(棒)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧