拉致問題

2010年7月25日 (日)

金元死刑囚来日は少し評価したい

金元死刑囚の国賓待遇並の来日。無法な措置で、本来は許されないことですが、私は少しだけ評価しています。

ブログ書いてないから感覚が呆けた、のかも知れませんが…

とにかく、わずかなてがかりでもいいから、20年前の情報でもいいから欲しい家族会。そりゃあそうです。なんの進展もなく、みなさんさらにご高齢になってしまいます。時間切れは間近です。

その中で、金元死刑囚に会ったこと、家族の皆さんにとって少しはほっとできたことでしょう。ほんの少しのことでも、大切なことです。

また、これだけ報道されれば、国民が拉致問題の存在を思い出したこと、これも重要なことです。

でも、やっぱり…

本来、こんなことは超党派で秘密裏に行うべきもの。客寄せパンダにしよう、など、小賢しい餓鬼の発想。明らかに逆効果、絶望的な馬鹿っぷりを世界にさらしてくれました。

どうしても人気取りの具にしたいのなら、家族会に話をつけて、秘密裏に行った後で家族会から菅首相への感謝の言葉を言わせる。それくらいの悪知恵はないもんでしょうか。もちろん姑息なインチキだけど、まだ化けの皮がはがれにくいでしょう。

その後の中井大臣の発言も酷かった。姑息な言い訳と逆切ればかり。恥の上塗りとはこのことです。

こんな集団のやること、やっぱり評価される話どころか最悪の話である可能性のほうが大きいんだろうなあ…特定失踪者方面は完全に門前払いだったし、民主党政権がこれ以上本気で何かやるとも思えません。変な代償を支払いかねませんし…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年11月15日 (日)

17日(火)、文京区で救う会の集会

Blue_ribbon_image今日で横田めぐみさん拉致から32年。ちっともめでたくない長さです。

救う会の集会が今週火曜日にあります。東京近郊の方、ぜひご参加を!

横田 早紀江 母の訴え  東京特別集会

聞き手・櫻井よしこ、コーディネーター・西岡力

横田めぐみさん拉致から11月15日で32年。平成9年、めぐみさん拉致が発覚以降、まさに身を粉にして救出運動を行ってきた横田早紀江さん。 東京の集会ではここ数年、じっくり話を聞く機会がありませんでした。今回は、櫻井よしこさんを聞き手として、「今、言っておきたいこと」を存分に話していただきます。

日 時 平成21年11月17日(火)午後6時半~8時半 開場6時

場 所 文京区民センター3階3A(03-3814-6731)

文京区本郷 4-15-14 春日町交差点前
都営三田・大江戸線 春日駅徒歩2分
地下鉄丸の内・南北線 後楽園駅徒歩5分
JR中央線 水道橋駅徒歩15分

参加費 1000円(事前申込み不要)

主 催 救う会全国協議会

連絡先 救う会事務局 03-3946-5780 FAX03-3946-5784
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905

info@sukuukai.jp
http://www.sukuukai.jp 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

救う会の集会/200910

救う会「連続集会」@文京区民センター(10/15)に参加しました。

20091015sukuukai 前半は家族会のみなさん、後半は西岡力氏のお話。ごくごくかいつまんだまとめを紹介します。

それにしても9・17からもう7年。いくら何でも時間がかかりすぎです。家族会のみなさん、いささかお疲れのご様子でした。

20091015sukuukai2我々にできることは「世論の喚起」しかないようです。鳩山首相も拉致問題にはもともと前向きだし、中井大臣が力を発揮できれば事態の進展が期待できると思います。これだけは超党派なので鳩山首相と中井大臣を応援。

ただし、政権内には菅やら千葉やら福島やら親北勢力がわんさか。そいつらが邪魔できないように、世論を盛り上げましょう。

Blue_ribbon_image北朝鮮は拉致被害者全員を即刻日本に帰せ!

次回は11/17に同じ場所で行われる模様です。ぜひ多くの方にご参加いただければと思いますので、詳細が判ったらお知らせします。

また、10/31には川口市で「拉致問題を考える自治体フォーラム」が開かれます、詳細は「続き」に記載しました。

---まとめ(文責のんべ)---

<世論が重要>

・日本政府は世論が後押ししていないと動かない。北朝鮮側も世論を引きつけようと交錯している。世論をどちらに引き寄せるか、それが主戦場

<民主党政権への期待>

・中井拉致担当大臣は強硬派。既に積極的な行動を開始している。以前の自公政権の拉致に対する姿勢より積極的

・鳩山首相は、既に家族会に面会し、「体当たりで取り組む。背中を押して欲しい」などと本気。海外でも米中韓に既に拉致被害への協力を要請。組閣時も、中井大臣を真っ先に決めたそう

<民主党政権への不安>

・拉致対策本部入りした岡田外相は「帰国した5人を日本に留めておくという決定を政府が行ったのはおかしい」という立場から変わっていない模様

・福島瑞穂氏などの親北勢力が政権にいる

・民主党の殆どの人は、拉致問題をよく知らない模様

・朝鮮総連が、労組などを活用して民主党に働きかけている

<旧自民政権への怒り>

・7年間膠着状態が続いたのみならず、情報を取ることさえできなかった

<中川昭一先生への追悼>

・議連会長になって家族に会ったとき「議連としては何ができますか?家族としては何がして欲しいですか」と非常に親身になってくれたこと、「めぐみちゃんに会いたいんだ」と涙を流されたこと、などのエピソードを紹介。この国を本気で思っていた数少ない議員のことを絶対に忘れないでほしい

・中川先生が亡くなった翌日はめぐみさんの誕生日。なんとなく因縁を感じる

<日朝の交渉>

・圧力重視、全面制裁が必要。日本のペースで行うべき。北朝鮮の土俵で交渉するとろくなことはない。とにかく政府認定の拉致被害者8人を日本に帰してから、とすべき。

<蓮池透氏への怒り>

・「福岡県日朝友好協会」の会で完全にあちら側の立場(まず国交正常化)で講演なさったり、家族会と救う会は絶縁したなどと言っていたり、立場が完全に異なってしまった。家族会をやめてほしい

<金賢姫氏の来日要請>

・金賢姫氏に来日して欲しい。大幅に話が進む可能性がある。鳩山首相も李大統領に要請した模様だが、なかなか難しい

<拉致解決のための3条件>(レジメ転載)

第1条件 世論を背景に政府が全被害者救出の体制を築くこと

第2条件 北朝鮮が国交正常化を求めて我が国に接近せざるをえなくなる環境ができること

第3条件 金正日死亡などによる北朝鮮急変事態に備えて被害者救出緊急プランを作っておくこと

など…まとまってないのはのんべの責任、すんません。

続きを読む "救う会の集会/200910"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年10月 4日 (日)

千葉法相と菅国家戦略局担当相に不信任案を突きつけよ

Blue_ribbon_image「吉野の宮司」さまのブログ記事(本文のみ)を転載します。大いに賛成!拉致問題解決のため、拉致問題を解決すべきと思う議員は与党も野党もなく、両大臣に不信任案を突きつけるべきです。

-----------------

国民は、千葉景子無法大臣の『うかつ』を不問にはしない

鳩山政権は、北朝鮮の拉致容認内閣か?

どうぞ、一人でも多くの人が拉致被害者の家族の悲しみを共有して下さい。

これだけは、断じて『不問』には出来ない

鳩山総理は、「拉致問題は過去の事不問にする」と言う・・

しかし、拉致問題は・・今も拉致被害者は苦しみ悲しんでいる。

拉致主犯の釈放を要求した、菅や千葉を永遠に許す事は出来ない。

「うかつでした、すみません」で済ますほど国民は甘くない。

ここに、千葉景子無法大臣の問責を国会で追求する勇気ある議員が出て欲しい。

是非とも・・一人でも多くの人が、このブログを『転載』を願い致します。

「千葉景子や福島瑞穂」が行おうとする「夫婦別姓や諸々の悪法」を止めさせたいものです。

-------------

「千葉景子無法大臣」の信任案または不信任案を提出せよ」

弁護士 南出喜久治 平成21年10月1日記す

 平成21年9月16日に成立した鳩山内閣に、「辛光洙(シン・グァンス)」を含む「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望書」を平成元年に韓国の当時の大統領盧泰愚に提出したことのある千葉景子と菅直人とが入閣した。

千葉景子が法務大臣となり、菅直人が国家戦略局担当大臣となつたのである。

 辛光洙とは、云はずと知れた、北朝鮮による日本人拉致事件に関与した容疑で警察庁が国際手配してゐる拉致の主犯である。

その者の釈放を要望するといふことは、拉致を容認することであり、それを要望した者二名が入閣するといふことは、「拉致容認内閣」と云つても過言ではない。

 千葉景子法務大臣は、さる9月29日の報道各社のインタビューで、辛光洙容疑者の釈放を求める嘆願書に署名したことについて

「うかつだつた。誤解を招く結果となり、申し訳ない気持ちだ」と陳謝したとのことである。

しかし、謝つて済むなら警察は要らない。

こんなうかつな人物には法務大臣としての資質はない菅直人に至つては、これについて沈黙してゐる。沈黙は拉致の完全容認である。

ましてや、それが国家戦略局担当大臣といふのは呆れる。拉致容疑者を容認してきた人物が法務大臣や国家戦略局担当大臣に就任することは、仮に形式的には認められるとしても、その政治責任は絶対に拭へない。

歴史観の表明といふ実害のない行為についても政治責任が問はれるのであれば、過去の拉致容疑者釈放要求行為といふ実害のある行為について当然に政治責任が問はれなければならないし、これらの者を解任しなければ鳩山内閣は拉致容認内閣となるので、速やかに両名を解任しなければならないはずである。

 もし、来る10月26日に召集が予定されてゐる臨時国会において、なんらかの政府声明がなされ、それまでに解任がなされないのであれば、国会議員の全員は、衆参両議院でなんらかの決議をせねばならないのである。

 それは、問責決議(不信任決議)か、あるいは信任決議かのいづれかである。それを怠ることは国会議員全員の政治責任が問はれることになる。問責決議などは、法的効力のある決議ではないが、政治責任を明確にするためには必要なものである。

 野党は、両閣僚に対する問責決議(不信任決議)案を提出し、同時に、与党は、両閣僚の信任決議案を提出すべきである。

不信任決議が否決され、信任決議が可決すれば、それは、この「無法大臣」の過去の行為を許すこと、つまり、拉致事件については、後になつて単に陳謝するだけで解決することを鳩山内閣が認めたことを世界に宣言することになる。

さうであれば、小泉元首相と金正日との会談において、金正日が拉致を陳謝したのであるから、金正日の行為その他北朝鮮の国家犯罪としての拉致事件を許し、これを以て拉致事件の幕引きがなされたと宣言することと同じになる。

国の内外においてダブル・スタンタードはとれない。二人の「無法大臣」を鳩山内閣が容認し続ければ、北朝鮮は、この鳩山内閣の立ち位置からして、当然に拉致問題は解決されたことになると宣言することになる。はたして鳩山内閣はそこまでするのか、といふことが問はれてゐるのである。

 拉致問題を拉致被害者全員の解放といふ「原状回復論」で解決する意志のある国会議員は、与党に属してゐるか野党に属してゐるかを問はず、衆参両議院にいづれかの決議案を提出すべきである。

与党議員ならば両閣僚の信任決議案を提出し、野党議員ならば両閣僚の不信任決議案を提出することが一般ではあるが、どちらが何を提出するかは法律的にも政治的にも決まつてゐない。

私が仮に野党議員であれば、逆に、諧謔的に両閣僚の「信任決議案」を提出したい。

つまり、「うかつ大臣」といふか「法無大臣」といふか、この千葉恵子法務大臣と、「だんまり大臣」の菅直人国家戦略局担当大臣といふ、この二人の「無法大臣」の過去の行為について、事後にこの二人が陳謝することだけでその政治責任が免責できるのか、

もし、これができるのであれば、これと同様の考へにより、金正日が過去に陳謝したことを以て金正日の政治責任を免責し、一切の拉致問題を解決したことを宣言しなければならなくなるので、その是非を問ふために、あへて自己の真意とは異なるが、両閣僚の信任案を提出するといふ趣旨の提案理由によつて、両閣僚の「信任決議案」を提出するのである。

 そして、もし、衆参両議院において、この信任案を可決し、あるいは不信任案を否決すれば、我が国の法務大臣の名称を「法無大臣」と、国家戦略局担当大臣を「北朝鮮待命局担当大臣」とそれぞれ改称して、これら「無法大臣」の閣僚に支配された「無法国家」へと転落することになるのである。

 この意見に賛同する多くの人々が、我々とともに、それぞれ地元選出の各議員に対し、来る臨時国会でのこの決議案提出に向けて懸命に運動されることを願ふ。

≪国を危うくする危険人物千葉景子≫
旧社会党出身で弁護士資格を持つ千葉法相。
「過去のことに対して、私は今、大臣に問うことを考えていません」
就任早々、鳩山総理がそう話した「過去」とは、平成元年のある出来事を指している。
原敇晁さんを拉致した北朝鮮の実行犯・辛光洙(シングァンス)元死刑囚の「釈放嘆願書」に署名したことだ。
「千葉大臣は、あの時は間違っていたとか、最低限そういう釈明はするべきだし、今後このようなことがないようにする、ということも発言したほうが良いと思います」(特定失踪者問題調査会代表の荒木和博氏)

問題視される「経歴」はそれだけに留まらない。就任会見で、自らが「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーであることを明言。死刑執行命令書へのサインについて、「慎重に考えていきたい」などと繰り返したのだ。「もし、執行命令書にサインをしない、ということであれば法相として失格」と批判するのは、日本大学の百地章教授。
「現実に死刑制度があり、死刑判決が出ているにもかかわらず執行しないとなれば、大臣としての資格を欠くことになります」

≪辛光洙の助命嘆願をした国会議員≫
≪署名した現職国会議員(06年1月補遺)≫

土井たか子 衆議院 社民党 兵庫7区 (日朝友好議連)(2005年落選)

●菅直人 衆議院 民主党 東京18区
田 英夫 参議院 社民党 比例 (日朝友好議連)
本岡昭次 参議院(副議長) 民主党(元社会党) (2004年引退)
渕上貞雄 参議院(社民党副党首) 社民党 比例 (日朝友好議連)
●江田五月 参議院 民主党(元社民連) 岡山県
佐藤観樹 衆議院 民主党(元社会党) 愛知県10区 (2004年辞職 詐欺容疑で逮捕)
伊藤忠治 衆議院 民主党(元社会党) 比例東海(2005年引退)
田並胤明 衆議院 民主党(元社会党) 比例北関東(2005年落選)
山下八洲夫 参議院 民主党(元社会党) 岐阜県 (日朝友好議連)
●千葉景子 参議院 民主党(元社会党) 神奈川県
山本正和 参議院 無所属の会 比例 (社民党除名)(日朝友好議連)
出典: 「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」
 
 弁明の余地も無い愚行。「日本国国会議員一同」は詐称である。同時に、これらの面々は、日本の国益に反する屈中(朝)議員のクラスターでもある。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2009年7月 5日 (日)

北朝鮮の欲求不満、次のはけ口はいよいよ…

【北ミサイル】「2発はノドン」 弾道弾7発連射』(産経)

【北ミサイル】「米独立記念日に向けた発射は挑発だ」』(産経)

北朝鮮は何を考えているのでしょうか。アメリカ独立記念日にあわせてミサイル発射とは、ねえアメさん、こっち向いて、と見る向きが多いでしょうが、アメリカはうるせえこのガキ、くらいの反応だし、日本もまたかよ、と飽きてきたので、産経新聞ですら一面記事になっていません。

北朝鮮首脳部は、おかしいなあ、こんなはずでは、と思っているはず。もうやめる、という選択肢が彼らにあるはずもなく、もっと「派手なこと」をするはずです。日本領海内へのミサイル打ち込みとか。それが海に上手く落ちる保証などどこにもありません。冗談ではすまされないことになる可能性は極めて大きいと思います。それで北朝鮮は攻められて滅びるか?そんなことはないでしょう。きっと朝日新聞などが「一発だけなら誤射かも知れない」と身体を張って守るでしょうから。

日本もいい加減に目を醒ますべき。日本を護るためには、北朝鮮などいつでもつぶせるんだよ、という先制攻撃する能力を持たざる得ません。もっとも、今度の北朝鮮の攻撃には間に合わないでしょうが…

防衛力が間に合わなくとも、ここまで虚仮にされた以上、厳しい制裁措置を科さないと仕方ありません。全面輸出停止はなされていますので、北朝鮮との金融取引(送金も含む)の全面禁止、北朝鮮との金融取引のある銀行の日本国内での営業停止、朝鮮総連への破防法などの適用などが有効でしょう。

Blue_ribbon_image 北朝鮮は拉致被害者全員を即刻帰国させると同時に、無謀な軍事的挑発を即時停止せよ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 7日 (日)

吉祥寺で麻生首相の演説を拝聴

Enzetukai 本日、麻生首相と細田幹事長、および丸川議員や土屋議員をはじめとする東京選出の議員さん方による自民党の街頭演説会がありましたので、子供らと聴いてきました。

今日の演説会の趣旨は、“北朝鮮の横暴を許すな!”というもの。とはいえ、選挙も近いので、いろいろな話をなさっていました。さすがに政治家のみなさん、演説は上手いものです。

Blue_ribbon_imageまず感想。自民党のみなさん、民主党の批判になると雄弁になりますし、それはまさに的を射たものです。でも、政権与党は未だに拉致被害者を取り戻していません。民主政権は絶対嫌だけど、政権与党にも大いに不満です。一刻も早い拉致被害者全員の帰国を!

Hosoda 細田幹事長はいろいろなことを話されていましたが、特に実に重要なのは以下のお話。

・(政府認定の)17名は犯人がはっきりして拉致されたことがはっきりしている人
・実際は、いろいろな調査で拉致されたのではないかという人は最低300人はいる
・早く、向こうの体制を倒して…
・向こうの政権が倒れるまで国際的に締め上げていかなければならない

これ、自民の公約と理解しました。

幹事長は握手のためまわっていらしたので、早く取り戻して下さい!と伝えたら「頑張ります」でした。頑張ればいい時代はとっくの昔、今年中に決着させます、という回答を聞きたかった…

Asou_1 麻生首相は次のように仰せ(朝日記事から引用しましたが、正確な報道です)でした。

『ソマリア沖の海賊対処法案に民主党が反対していることについて、「泥棒に襲われるのなら守るのは当たり前。(民主党の反対は)理解できない。自衛隊員や海上保安庁職員の安全はどう考えているんだ」と批判した。そのうえで「北朝鮮に対しても同じ。少なくとも我々は戦うべき時は戦わなければならない。その覚悟だけは持たなければ、国の安全なんか守れるはずがない」と述べ、北朝鮮問題では強い姿勢で臨むべき』

実に真っ当な発言です。あまりにも正論なだけに、明日の朝日社説などでは、国民の命より大切な憲法9条を守ろうとしないとは何事!と狂ったように反応するのでは、と楽しみです(笑)ぜひ、断固たる態度で、拉致問題を今年こそ解決してほしいと思います。

Asou_2 演説終了後、子供も(もちろん私も)握手していただきました。実に愛想のいいこと、選挙が近いことを痛感(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

前原・岡田両氏まで拉致問題「固執」を批判とは(怒)

【あめりかノート】ワシントン駐在編集特別委員・古森義久』(産経)

『(少し引用)訪米団が総括の記者会見で日本の民主党の前原誠司、岡田克也両氏の名をあげて批判したことだった。両氏がともにワシントンを最近、個別に訪れた際、米側関係者に「いまの日本は拉致解決に固執しすぎて北朝鮮の核放棄への障害となっている」という趣旨を述べた』

民主党の前原氏、岡田氏は、民主党の中ではオザワン・ぽっぽ・カンガンスのオハカトリオや、元社会党や、日教組・自治労等の出身者に比較すればまだまともか?と思っていたのですが、誤解でした。やっぱり、ミンスにいればミンスになるのでしょう。

拉致問題に固執ですって?拉致問題は、日本国の主権と日本人の人権を侵された現在進行形の事件です。言い換えれば、北朝鮮による日本への侵略戦争そのもの。これに「固執」するのは当たり前です。「固執」と批判することとは、日本国の主権と日本人の人権を放棄していい、核を持った国には無条件降伏すべき、というのと同じです。

Chuukaminshutou_2_1許し難い発言。中華人民主党ならぬ、北朝鮮人民民主党、と呼ばれても仕方のない発言です。なお、同じことをカンガンスやらぽっぽやらが言っても、いつものことだな、で済むのですが(笑)、特に前原氏はミンスの中では真っ当な意見の方、安倍元首相も「前原さんが民主党政権で首相になれば、自民党とほとんど変わりがない」と評価なさっている方かと思っていましたので、さすがに絶望的気分になりました。

民主党は、拉致問題対策本部(本部長・中井洽元法相)で、北朝鮮に対する厳しい「追加経済制裁案」を作っており、のんべも「民主のまとめた対北朝鮮策に賛成」しています。その制裁案はまさに「拉致問題に固執」ではないのでしょうか。

まあ、いいや。所詮はミンスなんですね。期待した私がアホでした。

Blue_ribbon_image北朝鮮は拉致被害者全員を即刻帰国させよ!

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2009年4月14日 (火)

北朝鮮は安保理声明に参っている

安保理が北朝鮮非難の議長声明を全会一致で採択』(産経)

【安保理議長声明】北朝鮮外務省の声明(全文)』(産経)

【安保理議長声明】北の常套手段“瀬戸際外交”を展開へ』(産経)

共同、産経によれば、安保理議長声明の要旨は以下の通りです。

 一、2009年4月5日の北朝鮮による発射を非難、発射は安保理決議1718に違反。

 一、北朝鮮に同決議の完全な順守を重ねて要請。

 一、北朝鮮に再発射をしないよう要求。

 一、全加盟国に同決議の完全な順守を要請。

 一、安保理制裁委員会に禁輸品目と資産凍結の対象者リストの追加作成を要請。

 一、六カ国協議を支持、早期再開を要請。

のんべには原文を読む能力がないのでなんとも言えませんが、もしこれがまともな要旨なら、案外厳しい。麻生首相がこれだけの声明を安保理から引き出したこと、まことに敬服です。

北朝鮮が早速火病(ファビョ)った反応。「この声明きつい、やめてくれ」「宗主国さまが反対しないとは酷い」という悲鳴です(笑)

将軍サマは、ちょっと前はノムタン大酋長とフフフクダ前首相にかこまれて余裕のよっちゃんだったのに。韓国で李明博大統領、日本で麻生首相が誕生してから、よほど参っているようです。

日本は粛々と経済制裁を強めるべし。先日の経済制裁ではまだまだ甘い。やはり、全面禁輸と送金停止、国内でのパチンコ三店方式の禁止、朝鮮総連への破防法適用が効くでしょう。

北朝鮮を動かすのに、太陽政策が無効なこと、世界中の国が思い知らされてきました。ひたすら厳しく厳しく厳しく。そして風船などで北朝鮮人民に実情を知らしめ反乱を促す。北朝鮮の核問題と拉致問題を解決するにはそれしかないでしょう。

Blue_ribbon_image北朝鮮は即刻拉致被害者全員を日本に返せ!核開発や弾道ミサイルなどの暴挙はやめろ!

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2009年3月11日 (水)

拉致被害者を取り返す日まで頑張ろう!

涙ぐみながらの抱擁…田口さんの家族が金賢姫元工作員と面会 「お母さんは生きていますよ」』(産経)

Kor0903111106002n1 金賢姫元死刑囚と拉致被害者家族(田口八重子さんの息子さん)の面会が実現しました。金氏の言葉「お母さんは生きていますよ」は嬉しいですね。

拉致問題解決を訴えるのも飽きました。家族の皆さんももう飽き飽きでくたくたでしょう。でも、ちっとも解決されていない以上、飽きようがくたびれようが活動をやめるはずもありませんし、のんべだって書くことはやめませんよ。

Blue_ribbon_image北朝鮮は即刻拉致被害者全員を日本に帰せ!

続きを読む "拉致被害者を取り返す日まで頑張ろう!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

拉致問題解決にオバマ大統領を味方にせよ

泉田知事「オバマ氏に期待」拉致問題「新しい世界秩序を」』(読売・新潟)

Obama オバマ新大統領の就任をお慶び申し上げます。

小浜市にオバマ大統領を招待して、拉致被害の現場に連れて行き協力を依頼したらいい、という趣旨の論説をどこかで見かけましたが、大いに賛成。オバマさんゆかりの地で北朝鮮が拉致事件を起こしたのですよ、と強く伝え、めぐみの映画も見て貰えばいい。オバマ大統領は拉致問題をよく知らないでしょうから、とにかく伝えることが大切です。

もちろんオバマ大統領が訪日しないとすべては始まりません。麻生総理の訪米は3月まででなるべく早期、ということで調整されているようですが、3月などと言わず、とりあえず明日にでもお祝いを述べるためだけにトンボ返りで訪米すればいいのです。どうせなら小沢民主党党首も道連れにして、党を越えて国益のために行けばいい。そしてオバマ大統領の訪日を要請してくるべきです。

Megumi_ani1 日本にとって、拉致問題解決こそが最優先課題。そのために、まずアメリカのトップを味方に付けるべき。オバマ大統領に北朝鮮やら中国共産党やらの魔の手は当然伸びているでしょうが、拉致被害の現場を見せることでなんとしても挽回しないと。

今年こそ拉致被害者全員の帰国を実現しましょう。打てる手はすべて打つべきです。

Blue_ribbon_image_2 北朝鮮は即刻拉致被害者全員を日本に帰せ!

続きを読む "拉致問題解決にオバマ大統領を味方にせよ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧