世界中の友邦を大切にしよう

2009年12月20日 (日)

トルコ建国の父の銅像、串本町へ!

AtachurukuAtachuruku_2 『トルコ建国の父アタチュルクの銅像、和歌山へ 「両国友好の象徴に」』(読売)
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091219-OYO1T00611.htm

トルコは親日国ですが、反日国になりかかっていました。そりゃあ、建国の父の銅像をゴミ扱いにされたら、それは怒らないほうがおかしい。トルコのみなさん、まことに申し訳ありませんでした。

Kushimototorukoireihi1 移転先の和歌山県串本町は、言うまでもなく明治時代の軍艦「エルトゥールル号」遭難救出劇(「続きを読む」参照)の舞台、日土友好の象徴とも言えるところ、まことに嬉しいことです。(写真はwikiより)

Tj2010_logo来年は「トルコにおける日本年」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/turkey/2010/index.html
エルトゥールル号遭難から120年、そしてテヘラン空港でのトルコ航空による日本人救出劇から25年、大きな区切りの年です。その前に一応問題が解決したこと、ほっとしました。

Nihon_turkey大恩あるトルコのみなさま、今後もどうかよろしくお願いします。

PS.なぜか外務省のページにテヘラン空港の救出劇の内容が書いていないので、簡単に。

イランイラク戦争が激化したとき、フセインが48時間後の飛行機への無差別攻撃開始を宣言。取り残されたイラク在住日本人215人、日本政府は救出できませんでした。

日本大使館は困り果て、野村豊大使は、トルコ大使館のビルレル大使に窮状を訴えると大使は「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人ならだれもが、エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも」と答えたそうです。

絶体絶命のとき、1機のトルコ航空機が日本人救出のためだけに決死の覚悟でテヘランに来てくれたのです。無差別攻撃開始1時間15分前に脱出。書いていて涙が出てきます。
ところが、この事件で不愉快になること二つ。

その1.日本人を見捨てた日本航空

なぜ日本政府は救出できなかったのか。当時日本国の国営航空だった日本航空は、労組が「安全が保証されない」とフライトを拒否し、政府要請を無視したのです。日の丸エアラインに、215人の日本人は見捨てられたのです。

救出要請を断った、つまり日本人を見捨てた日本航空。今や日本航空は虫の息、日本人を見捨てる会社は、日本人に見捨てられて当然。救済のための税金なんぞ、絶対使うべきではありません。

その2.NHK反日報道

この救出劇をNHKはプロジェクトXで取り上げました。ところが、エルトゥールル号遭難事件との関連には全く触れず。

NHKは、「1985年の救出に直接関わったトルコ大使やトルコ航空機長など当事者の方々に確認したところ、エルトゥールル号事件のことは全くご存知ありませんでした。114年前のことであり、ほとんどのトルコの人々は事件を知らないのが実状でした。またエルトゥールル号事件がトルコの学校で広く教えられているという事実も無く、教科書も見つかっていません。」と回答しているそうです。(wikiより)

続きを読む "トルコ建国の父の銅像、串本町へ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

トルコ「日本年」開催までに…

Nihon_turkey来年はトルコ国内では「日本年」だそうです。開催して頂けること、実に有り難いことではあります。

しかし、先日の記事「大恩あるトルコ共和国との友好を回復しよう」で書いた、柏崎市のアタテュルク像放置問題を放置したまま開催したとて、反感を買うだけでしょう。

事業より何より、この問題を解決するのが先決です。外務省と実行委員会メンバーに対してメールや手紙を出すなどの活動をしたいと思っています。

以下、外務省HPより転載します。(でも、このトップページ、イランイラク戦争時のトルコ航空による決死の日本人救出劇がすぐには見えない…これも文句言っておきたいと思います)

Tj2010_logo2010年トルコにおける日本年
平成21年5月7日

 2010年は、日本とトルコの今日の友好関係の原点といえるエルトゥールル号事件の日本訪問および遭難から120年目の節目を迎えます。私たちは、この機会に、「2010年トルコにおける日本年」を開催し、世界有数の親日国とも言われるトルコとの絆をより一層強いものにしていきたいと考えています。

 「日本年」の趣旨にご賛同頂ける多くの方々のご参加をお待ちしています。

新着情報

エルトゥールル号事件について

「2010年トルコにおける日本年」が目指すもの

「日本年」の3つの柱(PDF)

「日本年」ロゴマークの採用について(キャッチフレーズは引き続き審査中です)

「日本年」のロゴマーク・キャッチフレーズを募集します!(募集は終了しました)

「日本年」事業を募集します!(募集要項)

「日本年」事業申請用紙【PDF 】【EXCEL

「日本年」実行委員会メンバー(PDF)

リンク

トルコ語公式ホームページ

「2010年トルコにおける日本年」に関するお問い合わせ
 外務省中東アフリカ局中東第一課内「2010年トルコにおける日本年」事務局
 〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話 03-3580-3311(代表) FAX:03-5501-8312
 E-mail:turkey-2010@mofa.go.jp

(引用ここまで)

続きに、トルコ航空による日本人救出劇を、wikiから引用します。また、上記でリンクしたこちらのページの記載が非常にわかりやすいので、ぜひご覧ください

続きを読む "トルコ「日本年」開催までに…"

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2009年5月 9日 (土)

大恩あるトルコ共和国との友好を回復しよう

Nihon_turkeyトルコとの友好を回復しましょう。ぜひ署名活動(実名)に参加を!のんべももちろん参加しました。

PCから署名

携帯から署名

これだけではあまりに唐突なので、産経記事を見て下さい。

「トルコ建国の父」救え 銅像の寄贈先破綻…「友好危機」ネットで署名活動』(産経)

『世界有数の親日国トルコの対日感情が年々悪化し、今年は「肯定的30%、否定的47%」と大きく逆転しているのを知った。その原因を調べるうちに、アタチュルク像問題に突き当たった。

 アタチュルク像は平成8年、柏崎市にテーマパーク「トルコ文化村」が開園したのを祝い、トルコが寄贈した。2度の閉園で再建を断念した市は18年…売却…中越沖地震が発生。倒壊の恐れがあったとして像は台座から外され、当初は屋外に横倒しにされた』

これは酷い。トルコのみなさんが怒って当たり前です。

記事にあるとおり、トルコと言えば、有名な親日国。 トルコ軍艦「エルトゥールル号」が遭難した際、串本町の人たちが命がけで救難した物語、そして大親日国になり、イランイラク戦争の時は、イランにトルコ航空が救助に来てくれた話。涙なしには読めません。ぜひことさまの「エルトゥールル号を知っていますか?」と、まささんの「海底にトルコ軍艦(エルトゥールル号)遺品」をご覧ください。

トルコは日本にとって大恩ある国です。恨みは忘れてもいい。でも、恩を忘れるのは人間として、そして国としてきわめて恥ずかしいことです。

幸い有志がまとめwikiを作り、署名活動を行っているそうです。また、柏崎市議会の三井田議員はこの問題で精力的に活動なさっているようです。有志のみなさま、三井田議員、そして報道した産経新聞には、大いに感謝いたします。

また、夏までにはトルコ大使館に行き、のんべも日本国民の一人としてお詫びを申し上げてきたい、と思っています。もし本記事に同趣旨のコメント頂ければ、お伝えしてきます。

PS.或る方から教わりました(感謝!)。トルコとの友好につくした茶人・実業家の山田宗有。ぜひリンク先をご覧ください。

| | コメント (24) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

トルコ大統領の来日を大歓迎

トルコ大統領、「両陛下招請」の意向を明らかに』(読売)

Nihon_turkey トルコ大統領の来日を衷心より歓迎いたします!(両国国旗を並べると太陽と月と星がきれいですね)

記事中の『初の使節団を乗せたトルコの軍艦が1890年9月、和歌山県串本町沖で沈没し、沿岸住民が救助した史実』とはエルトゥールル号遭難事件。一燈照隅さんの記事ことさまの記事をご覧頂ければ概要がわかります。以来、トルコは親日国として知られています。

トルコは地政学上も日本にとって非常に重要な国、今後もぜひ親日国であり続けてほしいと思います。

両陛下にご無理を申し上げるのは心苦しいのですが、ぜひトルコに行幸啓していただきたいと思います。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

続きを読む "トルコ大統領の来日を大歓迎"

| | コメント (8) | トラックバック (1)