毎日新聞は廃業せよ!

2009年3月21日 (土)

変態毎日、アサヒって敗訴確定

中古家電横流し記事「見出しで名誉棄損」毎日新聞の敗訴確定』(産経)

さすが変態毎日新聞ですね。変態毎日にとってはこれくらい極めて日常的なアサヒりでしょう。スポンサーさまにはすぐ謝るのも変態毎日らしくてよろしい(笑)

この産経の記事、本文よりも「関連記事」が面白い、まとめwikiみたいでGJです。毎日に恨みでもあるのかな(笑)、転載させてもらいます。

毎日新聞に賠償命令「ネット読者は見出しで判断」

毎日新聞社次長を逮捕 隣室女性の下着盗んだ疑い

書籍で名誉棄損 毎日新聞記者らに賠償命令

32社の記事を無断利用 毎日新聞英文サイト 謝罪記事掲載

元毎日新聞記者の敗訴確定 「日米密約」には触れぬまま

コラムは「チェックなし」 毎日新聞が検証記事掲載

「2ちゃんねるなどで社員中傷、法的措置を検討」毎日新聞社 英文サイト問題

英語版サイトに「低俗」な日本紹介記事を掲載 毎日新聞がおわび

毎日新聞が英文サイト閉鎖 「低俗過ぎる」と批判300件

毎日新聞社4億円所得隠し

続きを読む "変態毎日、アサヒって敗訴確定"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

伝統的な家族がいちばん

発信箱:産めば得する社会』(毎日)

少子化も困るけど、産めば得だから産む、という社会なんて、私はぞっとします。子供のためには親が苦労するのは当たり前、そこに楽しさもあるのに。

『フランスで生まれる子供の2人に1人は結婚しないカップルの「婚外子」』

そんな世の中、羨ましいでしょうか。子供にはお母さんとお父さんがいる、というのが標準でしょう。もちろんそうでない方々を非難するつもりなど毛頭ありませんし、素敵な人たちもいっぱいいます。でも、やっぱりそれは例外であってほしい。例外が標準と化した世の中って、どうなんですかねえ。婚外子が多いって、要するに(以下自粛)…「変態毎日新聞」が記事にするのも納得です。

『知人の欧州人女性は「もっと産みたい」と口をそろえる』

へえ、それは素晴らしい(棒)、毎日新聞の別の記事では、日本女性は「日本人の母は、成績を落とさないためにフェラチオをする」「日本の女性はイきすぎで病気だ」などだそうですから、ずいぶん違いますね(怒)

いわゆる「フェミニスト」連中は、口をそろえてフランスだの北欧だのを讃美します。そんなに素敵な世の中なら、どうぞ遠慮なくそちらに行ってくださいな。今の日本でいいとは思いませんが、だからと言ってそんな「(伝統的な)家族がいちばんなんてありえねえ」なんて世の中は勘弁です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

左巻きと朝日ルが喜ぶ「性教育」判決

性教育訴訟 都議と都に賠償命令 本紙報道への請求は棄却』(産経)

性教育 過激な内容正すのは当然』(産経「主張」)

性教育判決―創意つぶす「不当な支配」』(朝日社説)

とんでもない不当判決と思い、「フェミナチを監視する掲示板」で些か激怒しながら伺ったところ、「正論読者@管理人」さんにいろいろ教わりました。感謝です!

なるほど、こんな判決があるのですね。批判されるべき内容かどうかは一切問わず、批判のやり方が「不当な支配」という、一種の手続論でひねり出した判決、とでも言うしかなさそうです。嗤いましょ。当事者の土屋たかゆき議員他のみなさまには徹底抗戦をお願いしたいと思います。

さすがにそれ以外の点については原告の主張は一切認められなかったようです。そりゃあそうだ…訴訟費用は、全体の299/300を原告が、1/300を被告が払う、という判決だそうで…無理矢理原告の顔を立てた判決というべきでしょう。(調べたところ矢尾渉裁判官は左巻き連中に非常に評判が悪い。例えばこれ。いろいろ言われるのが嫌で、少しだけ左巻きの顔を立てたのかな?)

詳しくは土屋たかゆき議員のブログ記事「まだ出た「とんでも」判決・過激性教育」をご覧ください。

どのような性教育なのか。のんべブログはエロサイトではありませんので書けませんし写真の転載なんてとてもできません。こちらに詳しい説明と写真がありますが、自己責任で、かつ、18禁でお願いします。これが「教育」なんて…

産経「主張」は、まことに当たり前の話です。朝日社説は朝日ル絶好調、この判決で『教育基本法…「忠君愛国」でゆがめられた戦前の教育への反省』なんてぶっ飛んだ書き方で喜んでます(笑)朝日ルが大喜び、ということは、この判決がいかに不当なものかわかりますね。

ついでながら、一番大喜びしそうな変態毎日新聞は社説などにしていない、がっかり…と思いましたが、なんだ、案の定こんなのが…。例えば、性器の名称など体の部位を歌詞にした「からだうた」(転載したくないのでリンクを見て下さい)を『専門家の目からみても感心させられる これをいかがわしいなどと一刀両断してしまう、「いかがわしい大人達」がいるものですから』だそうで…こんなのを子供が歌ったら親は恥ずかしくなるのが普通でしょう…のんべは普通の親のつもりですが、変態毎日新聞にとっては「いかがわしい大人」なんですね(苦笑)。

ここまで書くなら、毎日新聞本社ビルでBGMに採用したらいい。1Fと2Fは竹橋駅直結の雑居ビルになっており、のんべの通勤ルートでもあります。食堂街もあり、近隣のサラリーマンで賑わっています。ここで毎日流せば、その歌を普通の大人が「いかがわしい」と思うかどうかわかると思いますよ。

続きを読む "左巻きと朝日ルが喜ぶ「性教育」判決"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年1月12日 (月)

毎日新聞、また捏造記事

三和ホールディングズ社(三和シャッターの持ち株会社)の投資家向け情報より

『1月9日の「毎日新聞」夕刊において、「三和シヤッターガレージハウス条例違反」との見出しにより、当社子会社(同新聞では三和シヤッターの子会社と間違って報道されています)の「リビング百十番ドットコム」が建築確認申請に違反した建築を行った旨の報道がなされておりますが、本記事は事実と異なる内容であり、同子会社が条例違反を行った事実は一切ありませんので、ここにご報告申し上げます。また、同記事に記載されております当社広報課のコメントにつきましても、当社コメントを誤って伝えられており、真実を伝えていないので申し添えます。

毎日新聞社に対しましては、同日即刻、本記事は事実に基づいていないことを伝え、このような事実を無視した報道がなされたことに対し厳重に抗議し、謝罪文の発表を要請しました。同記事は同日中に同社ホームページから削除されましたが、記事が余りにも事実関係を曲解した内容であるため、同記事を掲載するに至った経緯について調査を依頼するとともに、同新聞社に対しましては、今後かかる誤報が繰り返されることの無いよう再発防止策の実施を求めてゆく所存であります。』

酷いもんですねえ。毎日jpからは削除されていますが、お詫び記事は載っていない模様です。なお、毎日jpから記事削除されていても、infoseekには12日11時現在記事が載っていましたので、イメージを貼っておきます。(「毎日新聞捏造記事」の囲みは誤解が生じないようにのんべが貼り付けました。クリックで拡大します)

誤報の域を超えた、悪意のある捏造記事。三和シャッター社の信用と株価を下げるための捏造記事としか思えません。変態記事だけでなく、捏造記事もお得意のようです。

やっぱり、変態毎日新聞は廃業していただくしかないようですね。こんな新聞社、いらない!

20090109mainichi_netuzou_2

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2008年9月11日 (木)

変態毎日新聞のお陰で迷惑トラバの嵐

もう、変態毎日新聞のことを記事にしたら、変なトラバの多いこと。削除するのが面倒きわまりない。例えば…本文に書くのはあまりに品がないので、ここに題名だけ5つ貼っておきます。(リンクは張りませんよ。また、文字化けしてても知ったことではありません。多分ウイルスはいませんが、niftyがやられれば知りません)

最低。こんなリンク貼られるためにブログやってるんじゃないぞ…変態毎日新聞は謝罪と賠償汁(笑)

いや、笑い話ではありません。日本国民すべてに対し、廃業して謝罪すべきです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 3日 (水)

変態毎日新聞は昔から変態

元毎日新聞記者の敗訴確定 「日米密約」には触れぬまま』(iza)

変態毎日新聞の大(うましか)先輩、西山記者。有罪が確定した訴訟を「不当な起訴」とはよく言ったものです。あーあほくさ。裁判所のみなさま、付き合わされた政府の関係者のみなさま、まことにお疲れ様でした。

西山事件とは?のんべの以前の記事と、wiki「西山事件」から少し引用してみましょう。(なお、wikiから削除されそうなので、9/2現在のテキストのコピーを保存しました。文字化けの場合は「表示」-「エンコード」-「日本語(自動選択)」)

『人妻を誘惑して得た情報を、新聞でなく野党の横路(現:民主)に渡した事件。』

なぜ女性事務官が逮捕されたか。それは西山記者に情報提供者を守ろうという姿勢ゼロだったから。なんせ、暴露文書の決裁欄の印影はそのまま。記者が逮捕されたら情報提供者をペラペラと自供。

女性事務官の供述

『機密電信を手に入れた後は「私(女性事務官)が持ってきた書類を西山さんが調べ、それから二人が無言のまま関係をすませて、それがすむと西山さんは私に言葉をかけるでもなしに、さっさと身支度をして一人で帰っていきました」』

西山記者の変態ぶりが暴露されました。

毎日新聞はそれを受けて

『1972年4月5日 毎日新聞は朝刊紙上に「国民の『知る権利』どうなる」との見出しで、取材活動の正当性を主張。政府批判のキャンペーンを展開した。
1972年4月6日 毎日新聞側は西山が女性事務官との情交関係によって機密を入手したことを知る。しかし、この事実が世間に公になることは無いと考えて、「言論の自由」を掲げてキャンペーンを継続』

当時から、会社全体が変態だったのですね。ところがばれてしまいました。

『1972年4月15日 起訴状の「女性事務官をホテルに誘ってひそかに情を通じ、これを利用して」というくだりで、被告人両名の情交関係を世間が広く知るところとなる。』

なかなかしゃれた起訴状。当時の流行語になったらしい。当然、全国の奥様方激怒、毎日新聞不買運動が起きて毎日新聞は事実上潰れたのです。その結果

『事件から経営危機に陥った毎日新聞は、日本共産党と創価学会との「和解」(宮本顕治委員長と池田大作会長の会見)を仲介することを手土産に創価学会機関紙「聖教新聞」の印刷代行を受注して糊口を凌ごうとした。そのためこれ以後、創価学会の影響を強く受けることとなった。』

変態毎日新聞は西山事件の昔から変態だったわけです。創価学会も変態毎日新聞などもう見切りを付ければいいのに。変態毎日は「紙山を増す男」の「新聞」、今や一般への影響力もないのに、金の無駄だと思うのですけどねえ。

PS.変態毎日新聞の記事を書くと、たいがい迷惑エロトラバがくる…文中で「変態」なんて書くハメになるから仕方ない…(苦笑)

続きを読む "変態毎日新聞は昔から変態"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

変態毎日新聞、北朝鮮工作員っぷり絶好調(笑)

北朝鮮核:日朝協議にも影響か 核無能力化中断』(毎日)

北朝鮮がまた約束を破りました。感想は「あほくさ、またか」だけ。

これで日本が困ることはあるのでしょうか。制裁を強化すればいいだけ。それどころか、他4カ国に制裁強化を求めること、国連を巻き込むことさえできます。自爆は実に有り難いチャンス。

もっとも、フクダ政権はフフンで終わりかな。フクダ首相でいる限り、どんな状況でも日本は困る(怒)

変態毎日新聞をソースに選んだのは、いつもながら、さすがの反日っぷりが面白かったから(笑)

例えば『日本はこれまで、米朝協議の進展を背景に、米国の働きかけをテコにして、拉致問題の前進を図ってきただけに戦術の見直しを迫られる可能性も』

ふーん。米朝融和が進めば拉致問題解決が近づくとでも仰せになりたいようで(笑)

『拉致問題打開のための独自の外交カードに乏しい日本政府はさらに追いこまれそうだ』

制裁強化の手段なんていくらでもあるのに。まずは朝鮮総連に破防法を適用しましょう。でも、独自のカードがない、と書きたいのですね。北朝鮮の意を汲んだ記事そのもの。工作員オツカレサマ(笑)

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

続きを読む "変態毎日新聞、北朝鮮工作員っぷり絶好調(笑)"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年8月11日 (月)

毎日新聞、紙面でも変態記事!

2CHの既婚女性板、恐るべし。11年前の記事を図書館で見つけてきたそうです。見つけた方、お見事!敬服の一語です。

これで「英文サイト」だけ、という『再発防止へ体制強化 深刻な失態 教訓にします』という言い訳の前提すら、根底から崩れ去りました。(なお、言い訳文書を続きにコピペしておきます)

415 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:02:46 ID:QBUNK3qpO
豚切り失礼します。
前スレの380です。
画像のサイズが小さくて読めない物を上げてしまって申し訳ありませんでした。
見つけた!アップできた!GJもらえた!ですっかり舞い上がってしまっていたようです。だめやん自分orz

ロゴが欲しいというお言葉もありましたのでロゴ付きで分割アップしてみました。細かいところまで判読できるといいのですが。(以下略)

ロゴ+記事4分割(画像クリックで拡大)
Waiwai00 

Waiwai01 Waiwai02

Waiwai03 

Waiwai04

続きを読む "毎日新聞、紙面でも変態記事!"

| | コメント (14) | トラックバック (3)

2008年8月 1日 (金)

さすが反日新聞

北京五輪:「鳥の巣」で開会式リハーサル』(毎日)

記事はどうでもいいんです。この写真に呆れただけ。今晩寝たら、明日から夏休み。

Mainichi_kiji 拉致と核の北朝鮮旗の面積が一番。竹島を不法占拠し、反日一色になっている韓国の太極旗も目立つこと。

日本の新聞なら、日の丸を目立つようにしませんかねえ。

さすがは反日新聞です。まあ、いいけど。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月21日 (月)

少し前の毎日社説は実に正論(笑)

『社説:ねつ造番組 報道機関を名乗る資格がない』(毎日社説:2007年1月23日)

素晴らしい社説です。誰だか知りませんが魚拓に取っていた方、多謝。

バラエティー番組の捏造でも
『新聞でいうなら社長が辞任に追い込まれた朝日新聞の「サンゴ事件」に匹敵する』
そうです。WAIWAI事件に比べれば屁みたいな事件、なのですけど。

『こんな状態で報道機関と言えるのだろうか。』

『ノーチェック状態…常識的におかしく、それに気付いて当然だった。』

うーん、どちらも素敵なお言葉。ノーチェックでも、責任を取るのは当たり前ですね。社長辞任は当然と仰せです。実に正論。

毎日新聞さんは、まさかこの社説忘れたわけではありますまい。減給1ヶ月の処分が「社長が辞任」と同列、とも思いますまい。

それとも、この社説は論説委員が勝手に書いたもので、ノーチェックだったのですかね(笑)

-----以下、全文引用-----

『社説:ねつ造番組 報道機関を名乗る資格がない』(毎日社説:2007年1月23日)

 フジテレビ系列で放映されたバラエティー番組「発掘!あるある大事典2」でデータやコメントのねつ造が発覚した。納豆を食べるとダイエットできるという番組内容はまったくのでたらめだった。

 制作した関西テレビ(大阪市北区)は20日に緊急会見した。やせたことを示す写真は別人で、米国の大学教授の発言について日本語訳をねつ造したり、正常値になったとされる中性脂肪値は実際には計測すらしていなかった。

 今月7日の番組放送の直後から、納豆が急に売れ出し、価格も急上昇して、店頭から姿を消したところも多かった。ところが、ダイエット効果についてはまったくのねつ造で、増産体制をとった業者は一転して過剰在庫を抱えるなど、混乱が広がっている。

 テレビ番組をめぐっては、やらせや視聴率操作などの問題がこれまでも続いたが、ねつ造が引き起こした社会的な影響の大きさという意味から、今回の番組は特に悪質だ。新聞でいうなら社長が辞任に追い込まれた朝日新聞の「サンゴ事件」に匹敵する。

 にもかかわらず関西テレビは自覚に乏しい。緊急会見では当初「事実と異なる部分があった」と繰り返すだけで、記者から追及され、会見の最後でようやくねつ造を認める始末だった。

 会見では社長が「報道機関でもある放送局として」とも語っていた。しかし、こんな状態で報道機関と言えるのだろうか。関西テレビだけでなく、フジテレビ系列局全体としてとらえるべき問題だ。ライブドアとの攻防の際、フジテレビは「公共性」を強調していたが、公共性を語る資格があるのかとも言いたい。

 番組制作会社に丸投げし、テレビ局はノーチェック状態だったことも明らかになった。特定の食品を大量に食べればやせられるなどという話は常識的におかしく、それに気付いて当然だった。

 視聴率を稼ぐと同時に制作費を削り利益を増やそうとするテレビ局の経営姿勢が、ねつ造ややらせを生んでいると指摘されている。ねつ造は番組制作会社のスタッフの行為だが、少ない予算で酷使し、視聴率の獲得まで強いているテレビ局の責任はさらに重大だ。

 テレビ局は、コンテンツ産業の頂点に君臨してきた。しかし、コンテンツ産業の大部分がテレビ局の下請けという構図のままでいいのだろうか。お手軽なバラエティー番組ばかりが量産され、ねつ造ややらせまで行わざるを得ない状態でまともなクリエーターが育つとは思えない。

 テレビ放送のデジタル化が、巨額の公費をつぎ込んで行われているが、テレビ局と番組制作会社の関係がこのままでは、今回と同じことが繰り返されかねない。

 放送と通信の融合はさまざまな観点から論じられ、コンテンツ産業の育成も大きなテーマだ。そのためには、番組制作をテレビ局の下請けから解放するという視点と、そのための方策も必要なのではないだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)