« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011年8月18日 (木)

8月15日には終戦せず

過去記事ですが、忘れぬように一部修正して再掲します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は8月18日。千島列島の最北、占守島で開戦した日です。

8月14日にポツダム宣言を受諾し、15日に玉音放送で国民に発表。しかし、その後もソ連は国際法違反の侵略を続けていました。

ソ連は日ソ不可侵条約が有効中の8月9日、突如日本に宣戦布告し、同日、満州と南樺太に侵攻。

満州の関東軍は総崩れになり満州開拓民に凄まじい悲劇が起こりました。軍隊が崩壊したところに敵が攻めてきたらどうなるか…殺戮、強姦、略奪、集団自決…そして子供が残されて今に至るまで「中国残留孤児」の問題は解決していません。

9ninnno_otome_no_hi1 樺太の日本軍は抵抗しました。しかし、当然8月15日には抵抗を中止。ソ連軍はそれでも攻撃を続行、停戦の軍使も射殺。国際法違反どころではない無茶苦茶です。日本軍はそこから立て直すことはできません。樺太は日本固有の領土、そこでも悲劇が起きたわけです。8月20日には、電話を死守した真岡郵便局の交換手9人の乙女は、「皆さん これが最後です さようなら さようなら」のメッセージを最後に集団自決しました。

やはり日本固有の領土である千島列島では日本軍の抵抗がすさまじかった。これは8月15日以降に攻めてこられたので途中で停戦などと中途半端にならずに済んだためかも知れません。日本軍が戦死者の山を築きながらも抵抗を続けたため、居留民はなんとか避難することができました。

114そしてその後も200万人ものいわゆる「シベリア抑留」、国家によるおそるべき拉致は続きました。日本固有の領土である南樺太と千島列島、そして北北海道(北方四島)も不法占拠したまま。

8月15日は確かに敗戦の日。しかし、戦争は終わりませんでした。

アメリカによる原爆投下は、人類として二度と繰り返してはならぬ愚行です。ソ連の火事場強盗はそれ以上の悪行、決して忘れてはなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年8月15日 (月)

8月15日、靖国にて

今日、8月15日は、日本の大忌日。黙祷。

昼休み、靖国神社に行ってきました。正確には、行くはずでした。が…

九段下駅から神社に向かう途中、理科大前ですが、多くの団体(反サヨク側)がビラ配りしてました。私が応援している団体もあります。でも、歩行者の邪魔。

街宣車は特にうるさい。最悪。

多くの警察の方々、鎧をつけたものものしい恰好で、さぞや暑かったことでしょう。本当にお疲れ様でした。

普通の参拝者だけでも十分に混んでいる日。私も遺族のはしくれなんで、参拝したい。もちろん、この日に靖国「神社」としては特別の日ではないことはわかってますが、なんと言っても大忌日ですから。でも、そこの歩道が狭くなりすぎていてなかなか動けず、結局昼休みで帰れないのが確実だったんで大鳥居にて遙拝して帰社するハメになりました。まあ、そんなことだろうとは思ってましたが。

とにかく、大忌日には騒がないでほしい。静かに参拝させてほしい。思想の左右には関係ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

人権弾圧法の本質を暴いた?朝日社説

まず、人権侵害救済法案絶対反対。これだけは先に言います。「人権救済」と称して真っ当な生活をする権利、政府を批判したりする権利を弾圧する「人権弾圧法」であることは明らかなので、断固反対です。

よく、人権侵害救済法案を治安維持法に例える人がいますが、それは治安維持法に失礼。あの時代としては「アカ」は危険極まりなかったわけなので、当時としてはやむを得ない面もありました。実際、「アカ」の親玉コミンテルンにより日本は戦争に引きずり込まれ、二百数十万の人命を始めとして非常に多くのものを失ったわけです。

しかし、人権侵害救済法案は特定の人の「人権」を過剰に守り、普通の人の人権を弾圧するためだけのもの。これは史上最低の悪法「生類憐れみの令」と同じレベル、「お犬様」が「大きな声を出す一部の迷惑な人たち」になっただけです。

私の意見を明らかにしたところで、朝日社説を見てみましょう。

『人権救済機関―この仕組みで働けるか』(8/12朝日社説)
http://www.asahi.com/paper/editorial20110812.html#Edit2

『(略)
朝日新聞は人権機関の創設に賛成しつつ、旧政府案がメディアの取材活動を人権侵害の代表例に位置づけ、規制しようとしたことを、表現の自由を侵すと批判してきた。
(略)
江田構想で疑問に思うのは、人権委の調査を関係者の同意を得て行う範囲に限り、救済方法も「調停・仲裁」という緩やかな対応に当面とどめたことだ。旧政府案には調査を妨げる行為に制裁を科す規定があり、加害者に対する「勧告・公表」や、被害者が起こす裁判に人権委が自ら参加して手助けすることも盛り込まれていた。
こうした「強力な人権委」には、主に保守層が「権利をふりかざす市民や団体にいいように利用される」などと反発している。説得力のある主張とは思えないが、論争を棚上げし、合意形成を優先した結果が今回の構想といえそうだ。(以下略)』

この社説、全文引用は控えますので、リンク先をざっと読んでください。論点はだいたい下記の通り。

1.マスコミの「報道の自由」は断固守れ
2.法務省の下に人権委員会を置くことには反対
3.人権委員会の「人権委の調査を関係者の同意を得て行う範囲に限り、救済方法も「調停・仲裁」という緩やかな対応に当面とどめたこと」には断固反対。強制力を持つ「強力な人権委」にすべき
4.「強力な人権委」は「権利をふりかざす市民や団体にいいように利用される」という保守派の意見は間違いと思う

まず、人権侵害救済法案で最も問題にされている、「人権」とは何かは全く言及していないのが特徴です。

本来「政府を批判する権利」「自活する普通の人がまともな生活を過度に邪魔されない権利」「真に困窮した場合、健康で文化的な最低限度の生活(たとえば、朝昼晩、ご飯と味噌汁と鮭の切り身程度の食事に、家族4人で6畳一間で暮らす程度)のための補助を受ける権利」くらいの意味のはず。

「人権」の定義を詳細に明らかにして、それを守るための委員会なら、保守派でも賛成するかもしれません。

しかし、「人権ジンケンと騒いで自分勝手なわがままを通す権利」になってしまっているのが実態。そんな「人権」は、保護する必要など一切ありませんし、「人権委員会」なんぞぜったに作ってはならないこと、明らかです。

本文も無茶苦茶。100点満点で減点法で採点してみましょうか(笑)

まず、1は勝手な言い分。俺は偉いと言っているだけ、マイナス60点。

マスコミのおかげでどれだけの人が人権侵害されているか。普通の人がまともな生活をする権利をもっとも侵害しているのはマスコミなのに。
松本サリン事件で、被害者だったにもかかわらずマスコミに犯人扱いにされた河野さんの例でも、マスコミはほとんど謝っていません。
阪神大震災でも、今回の地震でも、被災者のみなさんの助けを求める声が取材ヘリの爆音にかき消されたことは周知の事実。
無数の捏造報道などの反省を一切せず「報道の自由を守れ」など、何の説得力もありません。

2はどうでもいいが「政府は信用できない」と言っているだけ。確かに民主党政権は全く信用できないのは事実、増減点なし。

3は先ほども記載したとおり、最も重要な論点である「人権」の定義もせずに「人権を強制的に守れ」と言うわけで、前提を書かない、というインチキ技、マイナス70点。

大きな声を出す人の「人権」とやら、つまり一部の人のわがままを通すために強制力なんぞ持たされたら、普通の人はたまりません。

4は論説文に根拠のない感想、これだけで0点になるレベル、まあどんなに甘く採点してもマイナス70点。
実態を突かれて痛いところに反論できないから「説得力のある主張とは思えない」でごまかしています。こんな社説、読者の立場では「説得力のある主張とは思えない」ですよねえ。

100点満点のはずが、0点を遙かに突き抜けてマイナス100点に。めでたくマイナス満点です。よくもまあこんな文章をぬけぬけと書けるものですね。まるで民主党政権。朝日新聞って、やっぱり大したもんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

ソ連参戦の日

星勇さまに本記事に対して貴重なコメントを頂きました、ありがとうございます。そこで過去記事ですが、再掲いたします。

----------------

ソ連参戦の日。日本国民の恨み籠もりし日です。

不可侵条約を一方的に破棄した世界史上まれに見る暴挙。そして抑留者は最大で200万人、死亡者も37万人を超えているとも言われています。

ソ連に国際法はありません。ロシアも然り。今の状態で北方領土を返すことなどあり得ないでしょう。

114 北方領土が返ってくる日は、再びロシアが崩壊に瀕する時だけでしょう。それは、日本とシナがロシア包囲網を敷いたときかも知れません。

となれば、日本が採るべき道は険しい道。つまり、中共と手を組むなどできませんから、中共政権を倒そうとするシナの民主化勢力やチベット等の被迫害民族を陰で協力に支援すること。中共倒れし後に出来るかも知れないシナ諸国と組む道を探るよりないのでは。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ナガサキ原爆の日

ナガサキ原爆の日。合掌

国際法違反も甚だしいナガサキ原爆。決して許すことはできません。アメリカ史上消すことのできない汚点です。

毎回同じことで申し訳ありませんが、二度と原爆を落とさせない。我々の誓いは、それだけ。

今のところ、その誓いはアメリカの核で守られています。日本人としては、恥ずべきことです。日本は、自分の国は自分で守る、つまり今より大幅に防衛力を強化すべきこと、言うまでもありません。

もっとも、過去は過去。現在のアメリカ国民には、恨みなぞありません。トモダチ作戦には本当に頭が下がりました。今後も友好国、同盟国であり続けますように。

追記その1
『米国代表が平和祈念式典初参加へ  長崎原爆の日』(福井新聞)
http://www.fukuishimbun.co.jp/nationalnews/CO/main/481143.html

このニュース、見落としていました。素晴らしい歴史の画期ですね。
なお、ズムワルト主席公使は、高校生の頃に日本の某進学校に交換留学でいらしていたそうです。

追記その2
『菅首相、長崎原爆投下日を8月8日と間違える』(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110809-OYT1T00922.htm

いくらなんでもこれはひどい、信じられません。うちでは必ずこの時期になると、8月6日、9日、15日については、子供たちとの会話の話題にします。必ず学校でもしっかり教わりますから、特に教師が日教組だったら「平和教育」で日本が悪いと言い出しますから、骨身に染みついているはず。間違えるなんて、普通日本人としてはあり得ない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

大河の配役、「王家」ってなんだよ…

一時期NHKにあきれかえって契約を切っていましたが、理科系番組(ダーウィンが来た!なんか最高)と地震後の報道、そして最初は酷かった大河ドラマ「坂の上の雲」、昨年末の広瀬中佐の戦死場面が実に見事だったことに敬意を表し、現在は契約して受信料を払っています。

しかし、これはまた契約をやめたくなるような話。

Nhk_kiyomori_ouke_3来年の大河ドラマ、平清盛は期待しているのですが…配役表を抜粋しましたが、「王家」ってなんですか。天皇陛下は「王」ではない。正しくは「皇族」か「皇室」でしょう。しかも、侍女まで「王家」の一員にしてるし。(言うまでも無く、宮内庁職員は皇族ではない)

 

NHKの不敬は今に始まったことではないとは言え、これはちょっとねえ…まさかとは思いますが、どこかの国が「日王」と呼んでいるから、それに合わせたのかなあ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フジテレビ、8月7日にLITTLE BOY

Fujitv_ikeparaフジテレビは韓流騒動で大ひんしゅくを浴びています。それも酷いとは思いますが、まあ見なけりゃどうでもいいこと、私はそれくらいの立場です。

しかし、イケパラとかいうくだらないドラマの一場面らしいけど、8月7日、つまりヒロシマ原爆の日の翌日にLITTLE BOY(広島原爆のコードネーム)Tシャツを衣装にするって、いくらなんでも悪ふざけが過ぎます。

原爆を忘れるな。これは日本人なら思想の左右に関係ありません。

さっき家族にはフジテレビは見ないように厳命しておきました。どこに抗議すべきなのか、やはりスポンサーですかね。不買運動を起こされている花王もその一つらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年8月 6日 (土)

ヒロシマから66年

8月6日。悪魔の所業、ヒロシマから66年。黙祷。

過ちは繰り返しません。

過ちとは、原爆を落とさせたこと。

大切なのは、二度と原爆は落とさせないこと。

そのためには、どうすればいいのか。憲法9条や非核3+1原則(持たず、作らず、持ち込ませず、それに「議論せず」)でいいのか。

手元の朝日中学生ウィークリーでは「『武力には武力で』は冷戦当時の考え方…東アジアの脅威とされる国も含めて、核のな『非核地帯』をつくり、核の傘から抜け出すことが大事」とありますが、そうできれば一番いいのは明らか。でも、どうやって中共や北朝鮮に非核を求めるのか。まさか「中共のきれいな核は脅威ではない」などと言いますまい。あまりにも非現実的。

冷戦時代の発想だろうが、対案がない以上、「核抑止力」に頼るしかないのは厳然たる事実。即時の核武装はなかなか難しいですから、まずは「持ち込ませず」を撤廃。そこからです。

繰り返します。二度と原爆は落とさせない。それが、過ちは繰り返しません、ということです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »