« こいのぼり | トップページ | 災害が育んだ日本と日本人 »

2011年5月 3日 (火)

憲法記念日に思う

以下、相当な暴論です。笑ってください。

最近、憲法改正不要、と思ってます。のんべは護憲派(苦笑)

確かに不備はたくさんあります。でも、運用と解釈でどうにでもなる話。

たとえば…

真の非常事態には、首相が肚をくくって、私権の一部停止を含む非常事態宣言を出せばいいのです。菅政権も、本来これをすべきでした。

原子力発電所周辺の立ち入り禁止措置は「原子力災害対策特別措置法」に基づくものですが、明らかに私権の一時停止を含むわけで、この法律は憲法違反に近い。しかし、「公共の福祉のため」、という理屈は成り立つので、緊急事態宣言も「公共の福祉」名目で出せばいいことです。

自衛隊とは、人を生かすための実力組織。軍隊とは人を殺すのが主目的だから、姿はそっくりでも根本精神がいわゆる「真逆」。だったら、核武装しようが原子力空母持とうが、全然憲法に違反していません。もちろん、集団的自衛権は既に「当然持っている」のだから、「行使できない」という解釈だけ改めればいい。

また、本筋として、義務は憲法に書くべきもの。でも、既に「裁判員制度」という憲法にない義務ができています。これが違憲でないのなら、何をもって違憲とすればいいのでしょうか。

「外国人参政権」なんていう無茶苦茶も時の政府が検討しているわけです。

つまり、運用と解釈次第でどうにでもなるのが日本国憲法。だったら、わざわざ改正するまでもなかろう、と思うわけです。

PS.運用と解釈ではどうにもならない部分。

衆議院と参議院がねじれたときの規定
本当は、衆議院は選挙、参議院は名誉職で選挙なし、見解が異なったときは常に衆議院の優越、くらいが正しいのかも。

・首相と衆参両院議員のリコール制
いくらなんでもハトカン民主は酷すぎます。

・憲法改正のハードル
両議員2/3なんて無茶苦茶です。

|

« こいのぼり | トップページ | 災害が育んだ日本と日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51571011

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法記念日に思う:

« こいのぼり | トップページ | 災害が育んだ日本と日本人 »