« 地元の民主議員に葉書を出そう | トップページ | 自衛隊の十万人体制を解除せよ »

2011年4月26日 (火)

恐怖の民公連立政権実現か?

『民主・公明の大連立構想も 鳩山前首相、田中真紀子氏ら菅降ろしへ“総決起”』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110426/stt11042622150012-n1.htm

『首相退陣論拡大 小沢戦略が現実味 前原氏も「菅降ろし」にゴーサイン?』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110422/plc11042200150000-n1.htm

民公連立。私が一番恐れていたことが、実現するかも知れません。私が以前、立ち上がれ日本の連立入り賛成を表明していたのは、当時もコメントに書いたとおり、なによりこれが怖かったからです。

そう簡単にはいかないかも知れない。しかし、小沢センセイのことだから、既に裏から公明に手を回していることでしょう。小沢首相?刑事被告人が首相?さすがにそれでは公明も乗れないでしょう。

しかし、小沢センセイと前原センセイが手を組んで、前原センセイを傀儡首相にしたらどうです?なんせ前原センセイの奥様は創価短大卒(wiki参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E5%8F%B8)。

国民が求めているのは震災のための救国政権。しかし、これでは史上最悪の売国政権・日本破壊政権です。

史上最低の底を抜けた鳩山前首相が辞めたら、はるかに酷い菅首相になりました。菅首相がもし辞めたら民公連立???うわああああああああ…

|

« 地元の民主議員に葉書を出そう | トップページ | 自衛隊の十万人体制を解除せよ »

コメント

公明党は子ども手当て賛成ですからね。児童手当という名前にして年間2兆円ばらまきたいそうです。小泉政権以前はせいぜい年間5000億円程度だったのに。

自民党は公明党と縁を切って、保守政党として自立する時ではないでしょうか。

児童手当てについても、例えば就学援助と統合して貧困層だけに支給するとか、思い切って見直しをすることが必要ではないでしょうか。

ばらまきと増税という点では公明党は民主党と同じですよ。公明党と民主党の連立、やればいいです。自民党は今後一切公明党と選挙協力すべきではないし、「児童手当の拡充」なんて公明党の顔色うかがいはやめて、「児童手当のゼロベースでの見直しと財政再建、小さな政府」を掲げればいいんです。

今の投票先調査だと公明が外れても自民は勝てる可能性があるし、負けたなら力不足を認めて、国民政党になるために、保守系の基盤固めを図るべきです。

なんなら、我々保守派が「ばらまき政策に反対する会」でもつくって、「公明党と縁を切った自民党」を応援すればいいんですよ。

投稿: haru | 2011年4月27日 (水) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51503415

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の民公連立政権実現か?:

« 地元の民主議員に葉書を出そう | トップページ | 自衛隊の十万人体制を解除せよ »