« 戦病死なさった戦士に敬礼 | トップページ | ゆったりと、上を向いて歩こう »

2011年4月 3日 (日)

新しい日本を創ろう

『両陛下、30日に避難所ご訪問』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110328/imp11032811460000-n1.htm

『東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば』(宮内庁)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/tohokujishin-h230316-mov.html

まるで大東亜戦争の終戦のときのよう。空襲で焼け跡になり、原爆投下でトドメ。そして昭和天皇の玉音放送、全国ご巡幸。

津波、原発爆発。今上陛下のビデオ玉音放送、避難所ご行幸。

民主党が政権を取ったとき、終戦を迎えて占領が始まる、と思いました。しかし今にして思えば、「ミッドウェー海戦」に匹敵する敗戦への序曲でした。そして今度の東日本大震災。

しかし、大東亜戦争終戦で、再び日本が始まりました。

東日本大震災を契機に、新しい日本を創りましょう。

産みの苦しみに耐えて、がんばろう、日本。

|

« 戦病死なさった戦士に敬礼 | トップページ | ゆったりと、上を向いて歩こう »

コメント

>新しい日本を創ろう
 ソウですね、10年、15年経って振り返った時に、震災は日本の歴史の一つの節目になるのかもしれません。

 それ程大きな災害です、もし是が昭和の初めに起こって居れば、きっと大火事が追加されるでしょうし、Mgの規模や予想される津波の内陸への到達深度から云って死者がもっと広範囲に及び、被害状況の把握が遅れる、交通の再開もめどが立たない等によって、本当に餓死者が出て居たかもしれませんね。

 震災に乗じてソ連が侵攻してくる惧れもありますが、海軍力では世界で有数を誇った戦前ですから、まぁ心配は無い、きっと三陸沖に戦艦や空母が出動、物々しく警戒し、輸送船が救援物資を運んだ事でしょう。

 現在の日本に一番ほしいのは、此のたびの震災で米軍が一番に派遣したのが空母で有る様に、機動力と打撃力=抑止力を兼ね備えた武力です。

 他の板に書いて居ますが、日本の本土と国益の双方の防衛の為に、空母を主軸とする艦隊群が必要だと思います。

 此の艦隊群を4~5つ創って、北海道、日本海、東シナ海、太平洋に配備、それぞれの海域に母港を設けて、それぞれの艦隊のメンテナンスや防衛技術の開発を行うと、鉄鋼や造船と言ったレガシィ産業が息を吹き返し、原子力や航空機、電子機器等の先端技術産業が国の隅々まで行き渡ることにもなります、主要産業だけでなくそれらを支える産業迄もが地方都市に進出するから、就職先が安定し、若者が他所の都会に出て行かなくてもよくなるから、人口も増え、消費が上がって、近郊農業も活性化する。 

 更に増えた電力需要はG/E等のオンサイト発電で補えば更に就職口が増えるワケですし、これに各家庭を自家発電化して、既存の送電設備を災害時の主要給電設備として温存2重化すれば、災害に強い街に、延いては国家作りになる。

 国防に金を懸ける事こそ、日本に残された最後の投資先だ、そして、新たな日本を創る為の入口だと私は思います。

投稿: | 2011年4月 3日 (日) 16時54分

まずは民主党を駆逐することです。この期に及んでどさくさにまぎれて子ども手当て法案を通し、被災者救済そっちのけで税金ばらまきをしたことは忘れてはなりません。

原発が落ち着いたら、早期に解散、総選挙をすべきです。次の予算まで民主党に作らせてはなりません。

投稿: haru | 2011年4月 9日 (土) 14時07分

?さま
>国防に金を懸ける事こそ、日本に残された最後の投資先
全面的に賛成。

最近、憲法9条改正しなくてもいいのかな、と思うようになりました。人を殺すための軍隊でなく、人を生かすための世界唯一の日本が誇る自衛隊。自衛隊の精神に則る限り、たとえば核武装しようが、憲法違反ではありません。当然、原子力空母の保有が必須ですね。

haruさん
解散総選挙が必要、というのは賛成。ですが、解散権を持っているのは権力亡者の総理。民主党が分裂して内閣不信任案が通らない限り、日本がどうなろうが、絶対解散しないでしょう。

投稿: | 2011年4月 9日 (土) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51284958

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい日本を創ろう:

« 戦病死なさった戦士に敬礼 | トップページ | ゆったりと、上を向いて歩こう »