« 最前線の戦士に敬意を表しないお偉いさんは切腹モノ | トップページ | 笑顔で、感謝し、助け合おう! »

2011年3月26日 (土)

日本人みんなで明るい気分を取り戻そう

地震から半月。

亡くなられた多くの方々に合掌。被災したみなさんにお見舞い申し上げます。

地震と津波は天災。こればっかりはどうしょうもない。

しかし…人災がひどすぎます。菅災ですね。

避難所では未だに食料や燃料などの物資がとてつもなく不足していると聞きます。それなのに政府は、たとえば電池を190万個ため込んで被災地に渡していなかったとか。

原発が爆発したのも人災。女川原発はあれ以上にひどい津波を食っても冷温停止。福島第2も無事収束。なのに、なんで福島第1だけが…

愚痴言っても仕方ないけど…

対策の不備はさんざん指摘されていたのに放置し、1号機廃炉の決断を愚図って初動を遅らせた東電幹部。そして初動を決定的に遅れさせ被害を激増させた、菅首相の人気取りのための無意味な演技(視察)。

原発と戦っていらっしゃる自衛隊、消防、警察、東電関係者などのみなさまに最敬礼。まだまだ油断のできる段階ではありません。

でも、その人たちの力が被災者の支援に振り向けられていたら…と思うと残念無念です。

東京でも計画停電やら放射性物質の水道水混入やらで大混乱。元気の出ないこと、おびただしい。

計画停電地域も不公平感が募るばかり。菅直人首相のお膝元、吉祥寺は民主党の市議(菅首相の元秘書)が圧力をかけてやめさせ、それを手柄としたビラを配ったとか…実に信じがたいことです。日本人の心情として、苦しみは分かち合う、それが当たり前。こういうことを威張る奴の神経がわからん。

愚痴はこれくらいにしましょう。

被災地のみなさまを応援!そのためには、まずは自分たちが元気にならないと始まりません。節電に気を配りつつ、自粛ムードを振り払いましょう。

センバツが始まっていたらしい、気づいてませんでした。東北高校、頑張れ!そして、東北高校の相手の大垣日大は、遠慮せず全身全霊で戦って勝て!それこそが応援です。(追記:テレビに映る甲子園球場の「がんばろう!日本」の看板、嬉しい!)

もうすぐプロ野球開幕。名古屋以西か北海道でやる分には大歓迎。大相撲も復活させましょ、一灯照隅さんの仰せのように大阪で四月場所。八百長の反省も含めて「チャリティー大阪場所」で復活、を期待。

また、送別会の時期。確かに余震続く中では飲みに行く気分ではないけど…でも、たとえば送別会くらい、できるだけ早めに開始して早めに切り上げる感じでいいから、やったらどうですかね。被災した蔵のおさけを頂いて応援、軽くして会費を下げて募金、そんな感じなら「あり」でしょ。

休日は、家族で電車でどこか出かけて、泊まったり外食したりするのもいいですね。こういうときこそ、家族の絆を深めましょう。

桜ももうすぐ。咲いたらぜひ見に行きましょう。

天災は仕方ない。人災・菅災は腹立たしいけどやはり仕方ない。ここでさらに自粛不況なんて起きたら復興もままなりません。

日本人みんなで、明るい気分を取り戻しましょう。

|

« 最前線の戦士に敬意を表しないお偉いさんは切腹モノ | トップページ | 笑顔で、感謝し、助け合おう! »

コメント

>天災は仕方ない。人災・菅災は腹立たしいけどやはり仕方ない。ここでさらに自粛不況なんて起きたら復興もままなりません

全く同感です。

長男が入学する予定の大学が入学式を中止にしました。安全上の問題といいますが、どうも無意味な横並び意識のように感じられてなりません。

被災地の人々と苦難を分かち合うことは当然なれど、今回の震災で直接の被害がなかった人々には過度な自粛はしないでほしいと思います。退職慰労のイベントも止め卒業式も入学式も取りやめでは経済も回らず、潰れなくてもいい中小企業まで潰れてしまいます。日本の復興も遅れてしまうでしょう。それは自粛ではなく委縮です。

投稿: 三四郎 | 2011年3月27日 (日) 17時32分

三四郎さん

>退職慰労のイベントも止め卒業式も入学式も取りやめでは経済も
>回らず、潰れなくてもいい中小企業まで潰れてしまいます。
>日本の復興も遅れてしまうでしょう。それは自粛ではなく委縮
そうそう、萎縮しては被災者を増やすだけですね。
それより、文字通り現金な例で恐縮ですが、入学式・卒業式で募金したり、会費の1割を被災地に寄付する飲み会を増やしたりする方が、被災地はずっと助かるはずです。

投稿: のんべ | 2011年3月27日 (日) 19時53分

ただ、民主党は早速所得税増税をたくらみ始めたようです。手取りが減るなら節約しなきゃ・・

子ども手当てや高校無料化などばらまきの廃止でまかなえるはずなのに、働く人に増税とは・・

民主党の本質は非常時でも変わりません。情勢が落ち着いたら選挙をして、ばらまきと増税か、働く人が報われる国か、決着をつけるべきです。

投稿: haru | 2011年3月30日 (水) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51218399

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人みんなで明るい気分を取り戻そう:

« 最前線の戦士に敬意を表しないお偉いさんは切腹モノ | トップページ | 笑顔で、感謝し、助け合おう! »