« 朝日社説といえどもここまで書くか… | トップページ | がんばろう、日本! »

2011年3月12日 (土)

なんという桁違いの大地震…

亡くなられた多数の方に合掌

少しでも多くの方々が助かるようにお祈り申し上げます。

被災者の皆様にお見舞い申し上げます。まずは安全確保を最優先で。

それにしても、桁違いの地震、すさまじいもんです、言葉になりません…

のんべの勤務地は皇居となりの某新聞社ビル(not某新聞社)ですが、建物もすさまじく揺れました。P波の小刻みな揺れが結構でかかったので、これは本格的にでかい!と直感してでかいぞ、と叫んで机に隠れたところで大きな揺れ。震度5強ですが、体感は震度6弱。

勤務先のビルは変わった形、丸い建物と長四角の建物を組み合わせています。http://www.mai-b.co.jp/palaceside/information/index.html当然、丸と長方形では揺れ方が違うので、つなぎ目のところの天井や床が一部壊れました。

ビルの防災センターから、北の丸公園への避難指示。そちらに向かうためには竹橋を渡る必要があり、本来は危険ですが、まあこの規模なら大丈夫と判断されたのでしょう。

北の丸公園も人でごった返していました。その時点では携帯のメールも全くつながらず。

しばらくして、まずは小康状態と判断、ビルに戻って一休み。当然、帰宅難民。私は約20kmなので微妙です。もっと遠ければ泊まるしかないし、近ければさっさと帰る一手なんですけどねえ…でも、停電していないこと、大きな混乱も起きていないことを確認したところで、徒歩で帰宅しました。こんなときのために会社にスニーカーを常備しています。

ルートはかねて考えていたとおり、飯田橋経由で新目白通りで山手線の壁を突破し、新青梅街道で帰るというもの。最短距離は靖国通りから青梅街道へ出るコースですが、新宿を通るのは危険という判断です。

しかし、このルートも問題でした。飯田橋駅のガードと交差点がすさまじく人で身動きがとれないほど。そこからはまあ普通に歩けるコースでしたが、飯田橋駅周辺は大問題なので、迂回コースを考える必要を痛感。結局は会社で一晩明かすのが一番現実的かなあ。

今回は東北の方々が大変なことになり、お見舞い申し上げます。のんべも少しは復興のお手伝いをしたいと思っています。他人事ではなく、いつ自分の身に降りかかっても不思議ではありません。自分と家族の安全は自分で守るしかなく、置かれた状況は各自違うので、自分でよくよく研究し備えておくしかありませんね。

|

« 朝日社説といえどもここまで書くか… | トップページ | がんばろう、日本! »

コメント

被災者の皆さんが少しでも安全でありますように。

私も飯田橋を通りました。まあ、凄い混み方だったですね。
私は新宿の方に歩きましたが、こんなに人が歩いていたのは初めてでしたねぇ。
実際、バスより歩いた方が早い、なんていうのは冗談みたいなホントの話ですから。

何より携帯の電池切れが痛かったですね。
こういう時は公衆電話が頼りです。

被災地の皆さんも、連絡がつかない事が一番の不安要素だと思います。
出来るだけ早く連絡がつくようにしてくれると良いですね。

最後に、この地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。合掌

投稿: みやとん | 2011年3月12日 (土) 11時21分

みやとん様

帰宅おつかれさまでした。私は今朝から足が痛くて…

本当に、少しでも多くの皆様が元気でいらっしゃいますように!

投稿: のんべ | 2011年3月12日 (土) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51097805

この記事へのトラックバック一覧です: なんという桁違いの大地震…:

» 謹んで御見舞申し上げます [三四郎の日々]
このたびの東北地方太平洋沖地震(東日本大地震)で甚大な被害を被られた宮城・岩手両県を中心とする被災者の皆さまには謹んで御見舞申し上げます。とりわけ1200名を超える死者・行方不明者の方々とそのご家族には慰めの言葉もありません。未だ大きな余震が続き、茨城・信越にもまた大きな地震が頻発している中、必死の復旧・復興に向け尽力されている現場の方々には、自らの家族や住居も不安であろうにとただ頭の下がる思いです。 当ブログをご訪問いただいている皆さまにはご無事でいらしたでしょうか。私も東北・信越の方々ほど... [続きを読む]

受信: 2011年3月12日 (土) 13時03分

« 朝日社説といえどもここまで書くか… | トップページ | がんばろう、日本! »