« 民主党を嗤っている場合ではない | トップページ | 朝日社説といえどもここまで書くか… »

2011年3月 7日 (月)

前原氏の問題は「政治とカネ」ではない

前原外務大臣が辞任しました。マスコミはどこも「政治とカネ」で云々と言ってますが、これはひどい問題の矮小化。

とんでもなかったのはNHKの9時のニュース。外国人の献金25万円と外務大臣の職、どちらが重いか、などという大きなテロップを出していました。よく知らずに見ていれば、そりゃあ外務大臣の職の方が重そうに見えますよね。しかもそれで辞任の原因を「菅内閣の度量のなさ」…もう無茶苦茶です。

このブログをごらんの方はみなさんご存じなので釈迦に説法ですが、問題は明白な政治資金規正法違反であること。しかも、日本と領土問題を抱える国の国民から、国会議員(しかも外務大臣)が献金を受領したこと。金額の多寡ではありません。

PS.最初のいいわけもひどかったですね。「フクダちゃんも悪いことしてたのに、なんでマエちゃんが悪いことしちゃいけないの」ですから…我が日本国の大臣サマのお言葉が、どれだけ子供の教育に悪影響を及ぼしたことか…日教組は大喜びかもしれませんけどね。

|

« 民主党を嗤っている場合ではない | トップページ | 朝日社説といえどもここまで書くか… »

コメント

まったく、マスコミはよくもまあアレだけヒドイ主張が出来るモンだ、と感心する他はないですね。

仮にも、外務大臣が(法律違反の)献金をもらって『他の人間ももらったのになんでオレだけ?』っていうのは、民主党議員としては当たり前かもしれませんが、人間として終わってますね。

カン総理も(公民権停止になるかもしれない)外相を首にもせず、続投させようとは(やはり)法律を尊重する気はないようですね。

ところで、今回の事は民主党内の反カン派が情報をリークしたものと思いますが、どうお思いですか?

偶然、その焼き肉屋に行って、偶然、写真を見つけ、調査してみたら、違法献金が見つかった。なんて、いくら何でも出来過ぎでしょう。
特に、親しいカンケイのヒトというのですから、民主党内のヒトのほうが(そういう情報は)知っているでしょう。

マスコミは小沢さんの事はイジメますが、前原さんはかばいたくて仕方無いみたいですね(笑)。
これで解散がまた一歩近づいたみたいですね。

投稿: みやとん | 2011年3月 8日 (火) 21時50分

みやとん様

あきれるばかりです。テレビが特にひどいですね。

これで菅首相がイライラ解散してくれればいいんですが…たとえば突然レンホー氏に代表を譲って、マスコミが一斉に持ち上げて急に民主人気回復、そこで解散・民主圧勝、なんて馬鹿なことが起きなければいいのですけどねえ…考えすぎとは思いますけど。

投稿: 練馬のんべ | 2011年3月 8日 (火) 21時58分

前原氏の外国人献金と外国人参政権問題は、根っこは同じ。
外国の内政干渉の危険さに対する認識が甘いのです(認識が甘い、というより、自分から内政干渉を熱烈歓迎しているかもしれませんが)。

投稿: St.Judyのほうき星 | 2011年3月 9日 (水) 23時37分

St.Judyのほうき星さま

そうですね。認識が甘いのなら議員になる資格はないし、内政干渉熱烈歓迎なら工作員。

それにしても、民主は内紛が絶えませんが、南北朝鮮の工作員vs中共の工作員の内紛、という印象を受けますね。

投稿: のんべ | 2011年3月10日 (木) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/51060604

この記事へのトラックバック一覧です: 前原氏の問題は「政治とカネ」ではない:

» 売国大臣は去れ [三四郎の日々]
内ゲバ民主党の内紛に燃料を注ぐ事件が起きた。求心力がすっかり低下した空き菅内閣の前原外務大臣が、法律で禁止されている外国人からの政治献金を受けていたという(時事電子版)。 >前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、在日外国人から政治献金を受け取っていたことを明らかにした。前原氏は「返金し、政治資金収支報告書を訂正したい」と述べた。しかし、政治資金規正法は外国人からの政治献金を禁じており、自民党は前原氏に辞任を要求。民主党内からも前原氏の責任を問う声が上がった。「政治とカネ」に絡む有力閣僚の不... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 23時12分

« 民主党を嗤っている場合ではない | トップページ | 朝日社説といえどもここまで書くか… »