« 秋分の日 | トップページ | やっぱり付け上がる中共 »

2010年9月24日 (金)

菅政権、主権を放棄!

『「日本側の司法手続き、違法で無効」中国外務省』(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100924-OYT1T00952.htm

やっぱり中共の領土侵攻の犯人を、我が日本政府は釈放しましたね。これはまさに主権の放棄。予想されたこととはいえ、こりゃ、あ菅わ。

ここまで屈服したって、結局は中共サマは「司法手続を違法」と断じてしまうわけで、意味ねえの。あほくさ。ここは日本の法律に従って、再逮捕しましょうよ。他の罪状、いくらもあるでしょ。

まあ、民主政権ならこんなもんです。こうなるのは最初からわかりきっていたこと。こんな政権を選んだ私を含む日本国民が断罪されるべきです。

でもまあ、いい勉強と思うしか有りません。少し先のことではありますが、次回の選挙では、中華人民主党を徹底的に叩きつぶし、日本を取り戻しましょう。

|

« 秋分の日 | トップページ | やっぱり付け上がる中共 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/49551665

この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権、主権を放棄!:

» まだ終わっていない [三四郎の日々]
中国の度重なる恫喝に屈し、証拠開示や立件すら行わずに船長を釈放することになった尖閣諸島漁船衝突事件。日本外交・安保にとり誠に屈辱的な敗北であった。 しかしこの件はまだ終わっていない。少なくとも中共は勢いを得てさらなる要求をしてくる。早速、足元を見透かしたように「謝罪と賠償」を求め始めるらしい(時事電子版)。 >中国外務省は25日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖での漁船衝突事件で処分保留のまま釈放された中国漁船の◆(簷の竹かんむりを取る)其雄船長(41)が帰国した後、「日本側は船長らを違法に... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 11時19分

« 秋分の日 | トップページ | やっぱり付け上がる中共 »