« 65年目の敗戦の日 | トップページ | 祝!練馬日本一!…汗汗… »

2010年8月15日 (日)

戦没者に失礼極まりない菅総理

『【戦没者追悼式】6千人参列し黙祷 首相「アジア諸国に損害と苦痛」』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100815/plc1008152036012-n1.htm

戦没者への慰霊の言葉に「アジア諸国に損害と苦痛」なんて、戦没者に失礼でしょう。許し難い話です。これで御霊が安らかに、など無茶苦茶な話です。

式辞を読むと「心ならずも戦場に倒れ…」などと言ってますね。本気でそう思っているなら、「靖國で会おう」の言葉通り名誉の戦死を遂げ祭神となられた英霊を蔑ろにする自らの行動をどう説明するつもりでしょうか。

本当に酷い話で、菅政権は許せません。もっとも、自民党のときも似たようなもので、それで私を含む多くの人々が「許し難い」と憤慨したことも間違いありません。民主も自民も日本の政党として失格、まだ自民のほうがましかな、という程度。

我が日本は、戦没者の御霊が呆れかえるしかない情けない国になってしまいました。残念なことです。なんとか少しずつでもましにしていくしかないですね。

戦没者のみなさまに、黙祷。

以下、不愉快極まりない菅総理の式辞を、教訓のためにコピペしておきます。

(菅総理の式辞)

 本日ここに、天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族並びに各界代表多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を挙行するに当たり、政府を代表し、式辞を申し述べます。

 終戦から65年が過ぎ去りました。祖国を思い、家族を案じつつ、心ならずも戦場に倒れ、戦禍に遭われ、あるいは戦後、異郷の地に亡くなられた300万余の方々の無念を思うとき、悲痛の思いが尽きることなく込み上げてきます。あらためて、心からご冥福をお祈りいたします。

 また、最愛の肉親を失われ、決して癒やされることのない悲しみを抱えながら、苦難を乗り越えてこられたご遺族の皆さまのご労苦に、深く敬意を表します。

 先の大戦では、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対し、多大の損害と苦痛を与えました。深く反省するとともに、犠牲となられた方々とそのご遺族に対し、謹んで哀悼の意を表します。

 戦後、私たち国民一人一人が努力し、また、各国・各地域との友好関係に支えられ、幾多の困難を乗り越えながら、平和国家としての途を進んできました。これからも、過去を謙虚に振り返り、悲惨な戦争の教訓を語り継いでいかなければなりません。

 世界では、いまなお武力による紛争が後を絶ちません。本日この式典に当たり、不戦の誓いを新たにし、戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、世界の恒久平和の確立に全力を尽くすことをあらためて誓います。

 戦没者のみ霊の安らかならんことを、そしてご遺族の皆さまのご健勝をお祈りして、式辞といたします。

|

« 65年目の敗戦の日 | トップページ | 祝!練馬日本一!…汗汗… »

コメント

まったく同感です。
総理の問題発言は、英霊とそのご遺族に向かって「おまえは悪いことをした」と言っているのと同じです。
言語道断です。

私は8月15日、靖国神社を参拝しました。
大勢の参拝客で驚きました。
昇殿参拝し遊就館を見学。
凛々しい顔で微笑むモノクロームの遺影。
出撃の前、父母に宛てて、育ててくれたことへの感謝と健康への気遣いを記した遺書。
妻を娶らぬまま散華された若い英霊のために奉納された白無垢の花嫁人形。
…泣きましたよ。泣かずにおれません。

靖国に祀られている英霊、愛する家族、愛する恋人、愛する友人、そうした人達をおいて、断腸の思いで「私」を捨て、日本と故郷が平和に幸せになれるよう命を捧げられたのです。
その方々に敬意と感謝と追悼の意を捧げない人に、現在の日本の繁栄を享受する資格はありません。
菅総理の発言は、こうした英霊の名誉を傷つけるものです。

投稿: St.Judyのほうき星 | 2010年8月16日 (月) 01時18分

この言葉が遺族に対して非礼であることに気づかぬ首相は幸せ者です。
骨の髄から本当にバカだつたのですね。
県民主党に苦情を言ふ事にしました。

投稿: 葦原屋 | 2010年8月16日 (月) 18時03分

St.Judyのほうき星さま

参拝お疲れ様でした。遊就館の花嫁人形、最初に見たときは死ぬほど泣きましたが、それ以来行っても見ないようにしています。悲しくなりすぎて滅入るから…

>菅総理の発言は、こうした英霊の名誉を傷つけるものです
はい。英霊だけでなく、当時の日本人すべてに対して非礼極まることですね。

投稿: 練馬のんべ | 2010年8月16日 (月) 19時11分

葦原屋さん
まあ、プロ市民ですからねえ…こんなのを首相に選んだ日本人、情けない限りです。

投稿: 練馬のんべ | 2010年8月16日 (月) 19時12分

何で日本の政治家がマトモに自国の戦死者に感謝と哀悼の弁を述べられないのかと考えてた事が有りましたが、結局、米国に阿って居るとしか考えられません、でも、管は反米を看板にしてきたワケだし。

 反米と云う割には、靖国にも行けない管総理でも、アーリントン墓地や韓国の墓地には行けるワケです、特異な宗教とかに染まっているわけでは無く、死生観も一般人とそれほど開きが有るとは思えない様ですので、何で自国の為に命を捧げた人達の死を貶める様な発言を、殊もあろうに、国家の行政の長の立場で、遺族の前で言えるのか分からない、先祖が外国籍を疑われても仕方ない。

 端にサヨクの非常識から来るものでは無く、国家観が余りに貧しいからと云うべきでしょう。

 その証拠に、結局自分が遣っている事が世間からどの様に見えて居るかも結局判らなくなっているのだろう。

 その典型例である千葉某と同じで、自分が生涯をかけて遣って来た政治活動は、結局、金目当て、余生を過ごす年金目当てのモノだったと云う事ではなかろうか。

 統合失調症と云うか、何か、精神病でも患っているのではなかろうか。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2010年8月16日 (月) 23時27分

ナポレオン・ソロさま

>国家観が余りに貧しいからと云うべきでしょう
まことに同感。

>自分が生涯をかけて遣って来た政治活動は、結局、
>金目当て、余生を過ごす年金目当てのモノ
菅首相ご本人は若き日から首相になるのを強い目標にしていたフシがありますね。目標が「首相になること」であり、首相になって日本をどのような国にしたい、ということは何も考えていなかったようです…情けない…

投稿: 練馬のんべ | 2010年8月17日 (火) 19時39分

練馬のんべさんやナポレオン・ソロさんが仰ることに同感です。ナポレオン・ソロさんが「統合失調症と云うか、何か、精神病でも患っているのではなかろうか」とされていますが、日本国民の大半、特にマスコミのほとんどがそのような状況にあるような気がしてなりません。マスコミは中共に完全に支配されているのでしょうが。何せ、菅政権継続が57%以上とのことですから。

投稿: おっさん | 2010年8月17日 (火) 20時03分

おっさん様
>何せ、菅政権継続が57%以上とのことですから
どうみても異常ですね。菅支持なんてまわりにみたことない。

実は私は菅続投支持…菅首相が続けば民主のごたごたは続くだろう(もし小沢になって挙党態勢になったら困る)から、という理由にすぎないし、アンケートなら「続投支持」とは答えるわけではないですけど。

投稿: 練馬のんべ | 2010年8月17日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/49154616

この記事へのトラックバック一覧です: 戦没者に失礼極まりない菅総理:

« 65年目の敗戦の日 | トップページ | 祝!練馬日本一!…汗汗… »