« 悪魔の法案の大本命、「人権擁護」法案いよいよ表舞台へ | トップページ | 二千六百七十年の紀元節 »

2010年2月 7日 (日)

北方領土の日2010

(過去記事の焼き直しですみません)
Takeshima_kihon 2月と8月は北方領土の月。正確には、北方領土返還運動全国強調月間。

2月は北方領土の日(2/7)のある月、8月は北方領土を強奪された月です。

以下、図はすべて内閣府ホームページ資料より引用しました。
(図はクリックで読める大きさになります。)

北方領土をソ連が不法占拠した経過

Hoppouryoudo_1_2  (上記資料より引用)
『ソ連は8月29日までに択捉島、次いでその他の島々へも侵攻し、遅くとも9月5日までに北方領土の占領を完了した。
当時、北方四島に住んでいた日本人は、ソ連兵による略奪や着の身着のままの脱出、シベリアやサハリンでの抑留を余儀なくされ、戦後60年を経た今も、住んでいた土地に帰れない状態である。
歴史上、一度も外国の領土になったことがない我が国固有の領土である北方四島は、このような経緯によってソ連、ロシアに不法に占拠されており、その返還は日本国民の悲願である。』

シュムシュ島(占守島)には8月19日に侵攻、ソ連は1日で占領するつもりが日本軍の頑強な抵抗で死者の数はソ連軍がはるかに上回り、「ソ連の悲しみの日」と言われます。無法に侵攻して反撃されて「悲しみの日」とは勝手な話…
占守島などでの抵抗によって、結局ソ連は北海道侵攻を諦めたわけです。

もし北海道が占領されていたら、樺太や千島で行われた民間人大虐殺が繰り返されたのは確実、このときの日本軍の将兵のみなさまには足を向けて眠れません。その後この将兵のみなさまは大量に拉致されたわけです。

樺太・千島の領有権の歴史

Hoppouryoudo_2Hoppouryoudo_3  この図ですぐわかることは、北方四島が他国の領土になったことは一度もないこと。北方四島が北海道の一部であることは「たとえば東京都が日本領であると同じぐらいに明らかなこと(司馬遼太郎)」です。

それを終戦後に武力による不法占拠とはまさに「敗者に国際法はない」(氷雪の門のセリフ)の世界、ソ連にとっては実に当たり前なのでしょうね。

この内閣府の資料、書いていることはわかりやすく納得できることですので、もっと宣伝すべきだったのに消えてしまうとは何事。月間の存在もあまり知られていません(私が知らないだけ?)

このままでは北方領土が日本固有の領土であることすら忘れ去られてしまいかねません。

9ninnno_otome_no_hi1 例年夏に靖國神社・遊就館で上映される幻の映画「氷雪の門」は、ソ連軍の卑怯で無慈悲な行動により、地獄と化した南樺太の姿が描かれています。

(写真は稚内公園の「九人の乙女の碑」)

|

« 悪魔の法案の大本命、「人権擁護」法案いよいよ表舞台へ | トップページ | 二千六百七十年の紀元節 »

コメント

緊急拡散「 郵政民営化見直し」要請先 (水間政憲) 2009-02-07 07:43:13
日本の再生に命懸けの決断をした、 麻生首相と 鳩山総務大臣を断固護りましょう。
土日(7日、8日)は、「郵政民営化見直し断固支持」のFAXを、麻生首相・鳩山総務大臣、各派閥の会長・事務総長、衆院法務委員へ集中して要請することが必要です。
そして、郵貯銀行を ハゲタカファンドや 中国政府系ファンドから護るために、2月11日からは全国会議員にFAX要請して下さい。また、都道府県議員と各自治体議員にもFAX要請して、地域再生の起爆剤として「郵政民営化見直し」の議会決議をお願いして下さい。

売国4法案が外国人の利益のためなら、郵政民営化も外国の国益のためだったのだ。
「お金」も「権利」も、外国優遇策を推進することが「構造改革」(構造解体)だったと、国会議員・国民に知らしめましょう。

「郵政民営化見直し」は、日本再生の分水嶺なのです。

国籍法改悪阻止に行動して頂いた皆様、ここ一週間は、個々に継続しているFAX要請を中断して「郵政民営化見直し断固支持」のFAX要請を節に願っています。どうぞ宜しくお願いいたします。
皆様が、国籍法改悪阻止のときと同じ行動を取って頂ければ、我々が望む日本再生へ舵を切ることになるのです。
ネットだけ転載フリー。ジャーナリスト水間政憲

有志が集う戸井田とおるの丸坊主日記 http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/
FreeJapan 水間政憲の国益最前線・速報 http://www.freejapan.info/?News
FAX啓蒙推奨議員一覧 http://www.freejapan.info/?FAX

投稿: iwamura | 2009年2月 7日 (土) 09時32分

iwamuraさま
緊急拡散のお気持ちはわかりますが、直接記事と関係ないコピペは管理人としてはあまり嬉しくありません。ご自分のご意見、お気持ちを記載して頂いた上で、貼り付けて頂ければ、と思います。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 7日 (土) 15時40分

あんまり北方領土とは関係がない千葉県ですが、家の近くに「北方領土返還」の看板が建っています。この地へ初めて来たのは40年ほど前ですが、その時から気づいていました。最近この看板の近くの商店の方に、建てられたいきさつ等を聞いてみましたが、何も判りませんでした。古びた看板ですが、頑張って建っています。どうしたら帰ってくるのでしょうか。

投稿: おっさん | 2009年2月 7日 (土) 16時40分

おっさん様
そういう昔からの看板、時折見かけますね。多くは古びてしまっているのがまことにさびしい。
決して諦めず、主張し続けるしかないでしょう。この問題がある限り、日本の世論は決して親ロにならないでしょうから、困るのはロシアです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 7日 (土) 17時13分

>「ソ連の悲しみの日」ですか。
ますますロシアと言う国は、体ばかりでかくて、能無しぶりを示していますな。フィンランド相手にも侵略仕掛けて、相手よりも大きな損害を出しています。
そして、共産主義の常として、そうした相手をファシスト呼ばわりしているのです。バルト諸国の悲劇を思えば、フィンランドの奮戦は大いに報われたわけで、この点は、日本の千島列島や樺太での戦いにも共通しますね。

投稿: DUCE | 2009年2月 7日 (土) 18時57分

DUCEさま
ロシア(ソ連)は歴史的に見て戦争弱い国ですね。できるのは騙し討ちだけ。親ロ勢力が増えないように北方領土問題は絶対に妥協してはいけません。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 7日 (土) 19時21分

 のんべ様
 お久しぶりです。北方領土のドラマ
 「霧の火」として、放送があったのですね。
 昔「海ゆかば」としてDVDになっていましたね。
 懐かしいですね。

投稿: 日本の桜姫 | 2009年2月 8日 (日) 01時15分

日本の桜姫さま
>昔「海ゆかば」としてDVDになっていましたね
のんべは映画には全く詳しくないのでわかりませんが、どんな映画ですか?
(ここ20年くらいの間、一般の映画は見たことないくらい…「氷雪の門」「南京の真実」「めぐみ」を見たのは「映画鑑賞」は見たけど、普通の「映画鑑賞」とは違いそうです)

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 8日 (日) 10時59分

 のんべ様
 大昔、見たものは、モノクロ映画でした。
 フイルムが、ビュンビュン鳴っていました(苦笑)
 「霧の火」のようにカバーバージョンは
 されていないと思います原作版です。
 以前図書館で、見つけましたので
 今日は図書館、休刊日なので
 明日調べて報告しますね。
 待ってて下さい。wink
 
 

投稿: 日本の桜姫 | 2009年2月 9日 (月) 18時42分

日本の桜姫さま
モノクロ映画は風情があっていいですね。お手数ですがどうかよろしく。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 9日 (月) 19時43分

 のんべ様
 調べて参りました。たぶん図書館にあると思います。
 敵鑑ん見ゆ!明治の決断迫る
 世界海戦史上に残る東郷のT字作戦とは何か。
 その時、海の男たちが挑む大ロマン!
 昭和58年6月東映
 (株)東映ビデオ(株)ソフト供給会社 トーハン
 日本海大海戦「海ゆかば」
 監督舛田利雄 
 出演三船敏郎、平幹二朗、丹波哲郎
 企画 幸田清、天尾完次、太田浩児、瀬戸恒雄
 脚本 笠原和夫 撮影 飯村雅彦 音楽 伊部晴美 
 ナレーター 仲代達矢

 note海ゆかば 水清く屍 山行かば 草生す屍
 大君の 辺りこそ死なめ かえり見はせじwave

  のんべ様、誠に言い難いのですが
 「霧の火」とは違う作品でした。
 よってこれは、これでお勧めです。
 
 「霧の火」の原作モノクロ版も図書館で
 大むか~し見ましたので、確かに在りますので
 又調べて参ります。トホホcoldsweats01

 追伸「南京の真実、出演渥美國秦様の
 御冥福をお祈り申し上げます。」
 
 

 
 

投稿: 日本の桜姫 | 2009年2月10日 (火) 15時51分

日本の桜姫さま
ご丁寧に調査頂きありがとうございました。「海ゆかば」は日本海海戦の丁字作戦なのですね。皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ!また記念艦「三笠」@横須賀を観に行きたくなりました。

「霧の火」のモノクロ版もあるのですね。いろいろ知らないことばかりです。

渥美國秦氏(役:土肥原大将)の訃報、ご教示有り難うございました。合掌

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月10日 (火) 22時01分

なんとなくですが、北方領土は返つて来ないやうな気がするのです。政府は対ソ対ロ外交で失策をし過ぎました。
(工作により意図的に失敗させられたのかも知れませんが)

日本がもし竹島を武力奪還すれば世界情勢までも変るかも知れませんが・・・。偽憲法のお陰でそれも無理です。

愚痴つてすみません。

投稿: 葦原屋 | 2010年2月 9日 (火) 19時21分

葦原屋さん
そんな感じもします。対ロ外交は、ソ連が崩壊した直後にのほほんとしていたのを始めとして、ひどかったですからねえ…
ロシアが政治的または経済的に崩壊、もしくは、樺太や千島がロシアから独立、などの大変な事態でも起きない限り、なかなか望み薄かも知れません。でも、そう思わずにねちねち返還運動を続けましょう。ねちねちと。

投稿: 練馬のんべ | 2010年2月 9日 (火) 22時53分

こんばんは。
日本の「最高指導者」は、土地には興味があっても、領土問題には関心あるのでしょうか?

投稿: St.Judyのほうき星 | 2010年2月10日 (水) 22時22分

St.Judyのほうき星様
自分の金と票のためには、なんでも国(参政権)でも売り飛ばそうという御仁。領土も屁でもないのでは。一刻も早く逮捕してほしいですね。

投稿: 練馬のんべ | 2010年2月11日 (木) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43980916

この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土の日2010:

» 南樺太・全千島列島の即刻奪還を! [皇国の興廃、この一文にあり]
抗議文 麻生太郎 内閣総理大臣殿 本日、二月七日は『北方領土の日』であるという。しかし、二月七日を『北方領土の日』とする根拠は、安政... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 12時03分

» 一阿のことば 33 [ガラス瓶に手紙を入れて]
今のマスコミや識者の言うことにフラフラついてゆくと、とんでもない所へ行ってしまい ます。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 17時48分

» みんなの党上げ潮の意味するもの [普通のおっさんの溜め息]
 昨日の読売新聞のweb版にみんなの党、じわり存在感…民主・自民も警戒の記事が載っていました。・みんなの党(渡辺喜美代表)が存在感を徐々に増している。・「政治とカネ」の問題などでつまずいた民主党や、その民主党を攻めきれない自民党に飽き足らない有権者の受け皿になるとの見方があり、今夏の参院選に向けた候補者擁立作業も急ピッチで、他党は警戒を強めている。・世論調査のみんなの党りの支持率 読売新聞:みんなの党の政党支持率は1%、参院比例選投票先で2%(共産、社民2%) 毎日新聞:6%(公明党5%... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 07時53分

« 悪魔の法案の大本命、「人権擁護」法案いよいよ表舞台へ | トップページ | 二千六百七十年の紀元節 »