« 香取神宮と鹿島神宮 | トップページ | 「労働なき富」批判は民主政権理念の否定か »

2010年1月25日 (月)

今日の社説は仲良しこよし(笑)

今日の各新聞、朝日読売毎日産経日経は、見事にテーマが一致。仲のよろしいことで(笑)、内容だってだいたいみなさんご想像の通り…

一つは名護市長選。

辺野古移設反対派が勝利し、辺野古移設は容易ではなくなったこと間違いありません。ひとえに鳩山首相が全く決断しないがゆえの混迷、ひどいもんですね。5月に決断すると言ってますが、5月に「問題先送り」という決断をするのは確実でしょう…

だいたい、首相が辺野古移設もあり得る、と言っているのに民主党が反対派を推す、ってなんでしょうかね。理解不能です。今更怒ってみても仕方ない。まあ、二進も三進もいかなくなって退陣することは確実なんでしょうね。

鳩山首相には「針の穴にロープを通すくらい難しいこと」らしいので、のんべが名案を出して差し上げましょう。

案1.名護市を沖縄県でなく東京都にでも編入する。これで辺野古移設は県外移設。

案2.竹島に移設。文句のない県外移設。社民党や朝日新聞は「国外移設」と胸を張るかも。

案3.台湾に移設。「国外移設」です。中国サマが火病るでしょう(笑)

冗談はさておき、社説は次の通り。

『名護市長選―「県外」探しを加速せよ』(朝日社説)
http://www.asahi.com/paper/editorial20100125.html

『名護市長選 それでも辺野古移設が最善だ』(読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100125-OYT1T00016.htm

『名護市長選 辺野古反対の民意重い』(毎日社説)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100125k0000m070137000c.html

『名護市長選 首相は決着に政治生命を』(産経社説)
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/100125/elc1001250302001-n1.htm

『名護市長選挙で深まった普天間の混迷』(日経社説)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20100124ASDK2400224012010.html

はしゃいでいる朝・毎vs政府は真面目にやれと怒る読・産・日、という予想された構図です。まあ、そんなもんでしょうね。

さて、もうひとつの社説は自民党大会。これは誰がどう考えたって、書くことは似たような話になりますよねえ…

『自民党大会 「再生」の姿が見えてこない』(読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100125-OYT1T00014.htm

『自民党大会―再建担える若い人材を』(朝日社説)
http://www.asahi.com/paper/editorial20100125.html#edit2

『自民党大会 谷垣さん、もっと前に』(毎日社説)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100125ddm004070053000c.html

『自民党大会 谷垣氏は戦う姿勢みせよ』(産経社説)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100125/stt1001250302002-n1.htm

『自民党は政策の旗で勝負を』(日経社説)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20100124ASDK2400124012010.html

各紙とも、今のままでは自民はだめだめ、というような話、そりゃあそうだ。ヤマタクさんが公認得られなければ自民離党、なんてのがニュースになるようではねえ。落選したジイサン方、責任を取って潔く後進に道を譲ることが自民復活のための第一歩であることくらい、小学生にもわかることです。それなのに、こんなごたごたしているのは、このジイサン方、小沢の回し者なんでしょうかね。

|

« 香取神宮と鹿島神宮 | トップページ | 「労働なき富」批判は民主政権理念の否定か »

コメント

冥土にはカネは持つて逝けぬのに、議員歳費と言ふ甘露に群がる蟻態様の老害。
それだけ旨味があると言ふ事ですが、汚いカネを法の網をすり抜け不動産に換えて居た小沢も同様ですわ。

閑話休題。

民主は「政権与党」のダメさ加減をぶつける相手がオノレらだと言ふジレンマで苦しむがいい(笑)。
万年野党癖とはこんなものです。

投稿: 葦原屋 | 2010年1月26日 (火) 00時00分

葦原屋さん

>蟻態様の老害…それだけ旨味が
歳費もそうですが、議員バッチという「権力」欲に取り憑かれた姿かな、とも思います。真に人間として立派な人なら、落選したとて人は逃げません。でもどうせこんな奴らのところに来る人々は、元議員本人ではなく、議員バッチに用事がある人だけでしょう。議員バッチ外したら誰も来ないので、孤独死の恐怖に怯えているのかも(笑)

>汚いカネを法の網をすり抜け不動産に換えて居た小沢も同様
まさに仰せの通りですね。

>民主は「政権与党」のダメさ加減をぶつける相手がオノレら
>だと言ふジレンマで苦しむがいい(笑)。
>万年野党癖とはこんなものです。
ははは。
未だに自民が悪い、自民だってやっていた、などと騒いでますね。2chではマジンガーZならぬ「ジミンガー」などとからかわれているようです(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2010年1月26日 (火) 04時58分

八方美人は四面楚歌に繋がる一本道です。せいぜい苦しんでいただきましょう。
前政権のせいにして責任逃れをする手法もそろそろ苦しいですね。というか、民主政権は統一の取れない無責任発言と自己矛盾による自爆で前政権云々はあまり関係ないようにも思えますけど。

投稿: 名無し | 2010年1月26日 (火) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香取神宮と鹿島神宮 | トップページ | 「労働なき富」批判は民主政権理念の否定か »