« 週刊朝日、お見事な予言(笑) | トップページ | 陛下のお疲れが何より心配… »

2009年12月13日 (日)

NHK「坂の上の雲」は素晴らしいが油断も隙もない

NHK「坂の上の雲」を毎回見ています。なかなか面白い。原作の雰囲気を好く出していると思います。

今日は「浪速」艦長 東郷平八郎が清の兵隊を満載した英国商船を撃沈する場面で終わりました。あれ、撃って良いのか?と思わせぶりな終わり方。しかし、これは国際法を遵守した措置。次回に話が出てくると思いますが、前坂俊之先生の記事もご参照下さい。
http://maesaka-toshiyuki.com/detail?id=185

その少し前の場面で、東郷平八郎が丁汝昌と会見したときのプレゼントが「万国公法」の本。東郷平八郎は国際法を熟知しているんだよ、という前振り、なかなかしゃれた演出です。

ですが、ちゃあんと毒もちりばめてあるのがさすがですね。東学党の乱をめぐって、日本が朝鮮出兵したときの話。日本軍が朝鮮半島に上陸後に行進する場面です。

なぜか子供の姿が長いこと出てきて、日本軍に蹴散らされる雰囲気を醸しながら逃げていく。画面の感じがひどく暗い。日本軍の侵略で犠牲になる朝鮮人、という無言の洗脳です。

せっかく良い番組なのに、こういう毒が番組を台無しにしますね。実は、坂の上の雲は「プロジェクトJAPAN」の一環。
http://www.nhk.or.jp/japan/about/index.html

プロジェクトJAPANと言えば、例の史上空前の規模の訴訟になった「JAPANデビュー」、そしてひどい偏向番組「ETV特集」もそのシリーズ。なんせそのキャッチフレーズは

『2009年は「横浜開港150年」、2010年は「韓国併合から100年」、2011年は「太平洋戦争開戦70年」「サンフランシスコ講和条約60年」。近現代史の大きな節目を迎えるこの3年間に、スペシャルドラマ「坂の上の雲」、NHKスペシャルなど、プロジェクト関連番組を多角的に展開し、これからの日本を考える大いなるヒントを探りたい』

ですから、どんなもんか想像もつくというものです。

坂の上の雲は素晴らしい番組ですが、どうか十分注意して見て下さい。油断も隙もあったものではありません。

|

« 週刊朝日、お見事な予言(笑) | トップページ | 陛下のお疲れが何より心配… »

コメント

全く同感です。
当時の朝鮮大衆が、あのような清潔な服を着ているわけがなく、そこを通るのが日本軍だろうが清軍だろうが、朝鮮軍だろうが匪賊だろうが全く興味のない、無気力な大衆であったはずです。
確か予告編で、正岡子規が従軍記者として支那に渡った時にも、同じようなことが表現されています。
せっかくの大作が台無しだと思います。

投稿: 凡夫 | 2009年12月14日 (月) 23時07分

凡夫さま
そんな予告編がありましたか、気づきませんでした。清の水兵の規律が乱れに乱れているところは、さすがに原作にあるだけに、誤魔化せなかったようですけどね(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年12月14日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/47014884

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「坂の上の雲」は素晴らしいが油断も隙もない:

» 日中関係を更に未来的に発展させるでないい…!!! [母さんによる徒然・・・]
{%表情ふぅdeka%}温泉での事だが・・・ 「最近マナーが悪くなっております。皆さんが 不快な例えば、サウナ、浴槽での歯ブラシ、 痰を吐く等などは止めましょう」とあったが、 浴槽で痰、唾を吐く奴って・・・考えられない!!! ハングル・シナ語が書いてあった様な…(;´Д`) 浴槽に入る前にはキチンと体を石鹸で洗おう よ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月14日 (月) 17時21分

» ”キムチくさか~”の上の雲古 [あるぱか、ネタの種]
子供にネット環境を与えてはいけない 。 虚々実々、膨大な量の情報を与えられた時、人はどんな反応を示すだろうか。 ブログでも短いエントリーが歓迎されるように、 情報に対する”食傷”とか”アレルギー” が起きる。 大人ですらそうなのだ。 克己心を作り上げる途中の子供はどうなるだろう? 薄甘い左翼思想に簡単に染まって ブサヨ が出来上がるだろうし、多少目先が効いたり、大衆迎合が嫌な子は保守系に走り、 ネトウヨ になる。 一度その方向が定まれば多量の情報の内、 自分にとって都合の良い情報しか受け付けなくなる... [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 06時04分

« 週刊朝日、お見事な予言(笑) | トップページ | 陛下のお疲れが何より心配… »