« どこまで続く鳩山首相の「いくらなんでもこれはひどい」 | トップページ | 日本を文革地獄に落とそうとする民主党 »

2009年11月14日 (土)

「いくらなんでもこれはひどい」はどこまでも…

『災害救援に自衛艦活用 CEOサミットで首相』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091114/plc0911142200011-n1.htm

なんだあこりゃあ。どこまでも「いくらなんでもこれはひどい」は限度を知らず突き抜けるようです。

『首相は「自衛艦に自衛隊員だけでなく、非政府組織(NGO)やアジアの多くの人たちが協力して乗り込み…』

自衛艦の秘密をスパイに全面開放、ってわけですか。「軍機」という言葉を知らないのかな。無茶苦茶や。『友愛の海』だそうですが、どこまで日本の安全保障をぼろぼろにしたいんでしょうか…

鳩山首相には、金星移住を強くおすすめします。せめて韓国か中共へどうぞ。

|

« どこまで続く鳩山首相の「いくらなんでもこれはひどい」 | トップページ | 日本を文革地獄に落とそうとする民主党 »

コメント

ドイツ語で、現実知らず、浮世離れと言う意味で、「月で暮らす」と言う言葉があります。かようなろくでも総理は「宇宙人」と呼ばれている事だし、ほんとに地球から出て行って欲しいです。

投稿: DUCE | 2009年11月15日 (日) 08時55分

DUCEさま
いままでも数多の売国政治屋がいました。そいつらを「日本から出て行け」という批判するときは、中北韓にでも行け、という意味でしたが、鳩山首相は「金星にでも行け」と言われる初の政治屋ですね(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月15日 (日) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/46764227

この記事へのトラックバック一覧です: 「いくらなんでもこれはひどい」はどこまでも…:

« どこまで続く鳩山首相の「いくらなんでもこれはひどい」 | トップページ | 日本を文革地獄に落とそうとする民主党 »