« 奉祝!今上天皇陛下ご在位二十年記念式典 | トップページ | 「はやぶさ」よ、帰ってこい! »

2009年11月12日 (木)

陛下在位二十年、一般参賀と奉祝パレード

今上陛下、在位二十年おめでとうございます。のんべは残念ながら国民祭典は抽選漏れしましたが(1万5千人のところに5万人応募ではしゃあない)、一般参賀で記帳し、パレードを少しだけ見てきました。写真を貼っておきます。

天皇皇后両陛下、ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい!

PS.ニュースを見たら国立劇場で行われた記念式典でも陛下のお言葉が掲載されていました。「続き」に謹んで転載いたします。

20091112sakasita_mon 坂下門(一般参賀入退出)

20091112_kichoujo 特設の記帳所

20091112nebuta ねぶたと山車。ねぶた、でかっ!!!

20091112taiko 五所川原市の太鼓

20091112yuusen_bl 日本郵船ビルでは日の丸掲揚。他に、ぱっとみたところでも丸ビル、新丸ビルなど丸の内の多くのビルで日の丸が掲揚されていました。

20091112kiyomaro_kou 和気清麻呂公もおよろこびのご様子です。

(記念式典での陛下のお言葉)

 即位20年に当たり、政府並びに国の内外の多くの人々から寄せられた祝意に対し、深く感謝します。

 今年(こんねん)は平成生まれの人が成人に達した年で、スポーツその他の分野でも、既に平成生まれの人々の活躍が見られるようになりました。20年という時の流れを思い、深い感慨を覚えます。ここに即位以来の日々を顧み、私どもを、支え続けてくれた国民に心から謝意を表します。

 この20年、様々なことがありました。とりわけ平成7年の阪神・淡路大震災を始めとし、地震やそれに伴う津波、噴火、豪雨等、自然災害が幾度にもわたり我が国を襲い、多くの人命が失われたことを忘れることはできません。改めて犠牲者を追悼し、被災した人々の苦労を思い、復興のために尽力してきた地域の人々、それを全国各地より支援した人々の労をねぎらいたく思います。

 即位以来、国内各地を訪問することに努め、15年ですべての都道府県を訪れることができました。国と国民の姿を知り、国民と気持ちを分かち合うことを、大切なことであると考えてきました。それぞれの地域で、高齢化を始めとして様々な課題に対応を迫られていることが察せられましたが、訪れた地域はいずれもそれぞれに美しく、容易でない状況の中でも、人々が助け合い、自分たちの住む地域を少しでも向上させようと努力している姿を頼もしく見てきました。これからも、皇后と共に、各地に住む人々の生活に心を寄せていくつもりです。

 先の戦争が終わって64年がたち、昨今は国民の4人に3人が戦後生まれの人となりました。この戦争においては、310万人の日本人の命が失われ、また外国人の命も多く失われました。その後の日本の復興は、戦後を支えた人々の計り知れぬ苦労により成し遂げられたものです。今日の日本がこのような大きな犠牲の上に築かれたことを忘れることなく、これを戦後生まれの人々に正しく伝えていくことが、これからの国の歩みにとり、大切なことではないかと考えます。

 この20年間に国外で起こったこととして忘れられないのはベルリンの壁の崩壊です。即位の年に起こったこの事件に連なる一連の動きにより、ソビエト連邦からロシアを含む15か国が独立し、それまでは外部からうかがい知ることのできなかったこれらの地域の実情や歴史的事実が明らかになりました。より透明な世界が築かれていくことに深い喜びを持ったことが思い起こされます。

 しかし、その後の世界は人々の待ち望んだような平和なものとはならず、今も各地域で紛争が絶えず、多くの人命が失われているのは誠に残念なことです。世界の人々が、共に平和と繁栄を享受できるようになることを目指して、すべての国が協力して努力を積み重ねることが大切であると思います。

 今日、我が国は様々な課題に直面しています。このような中で、人々が互いに絆(きずな)を大切にし、英知を結集し、相携えて努力することにより、忍耐強く困難を克服していけるよう切に願っています。

 平成2年の即位礼の日は、穏やかな天候に恵まれ、式後、赤坂御所に戻るころ、午後の日差しが、国会議事堂を美しくあかね色に染めていた光景を思い出します。あの日沿道で受けた国民の祝福は、この長い年月、常に私どもの支えでした。即位20年に当たり、これまで多くの人々から寄せられた様々な善意を顧み、改めて自分の在り方と務めに思いを致します。

 ここに、今日の式典をこのように催されたことに対し、厚く感謝の意を表し、国の繁栄と国民の幸せを祈ります。

|

« 奉祝!今上天皇陛下ご在位二十年記念式典 | トップページ | 「はやぶさ」よ、帰ってこい! »

コメント

トンでもないアホがいましたので、怒りでブログ記事を更新しました。
(詳しくは私のブログ記事を・・)
http://ameblo.jp/dontsleep/entry-10387076512.html
誘導先のブロガーはアホ丸出し。

「相手にするな」と言われましたが、立腹せざるを得ないので記事にしました。
のんべさまも是非コメント下さい。
(尚、現在は荒らし対策(この記事対策)でコメント承認制にしています。宜しくお願いします)

投稿: ひろふみ | 2009年11月13日 (金) 00時08分

ひろふみさん

まあ、いろんな人がいますよ…

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月13日 (金) 00時23分

はじめまして。50代の主婦(家業手伝い)です。子供は2人とも成人しました、一人はまだ大学生ですが・・・子供手当てなどなく自力で育てました(笑)大変でしたが、これは親の自己責任だと思っています。お金目当てで子供が生まれてくるとすれば、恐ろしいことです。少子化対策としては最低の策でしょう。

本題です。
天皇陛下御在位20年おめでとうございます。
国民を思うすばらしいお言葉に本当に感動しました。

式典では、祝日を取りやめにした鳩山さんの「しらじらしい言葉」の後の若者たちの真摯な気持ちがあふれたパフォーマンスに感動しました。サングラスを取りそりこみファッションも消しタキシードに身を包んだ彼らの方が薄っぺらい総理大臣より立派に見えたのは私だけではないように思います。

本日も日本国の総理大臣としての勤めを中途で放り出し初来日のオバマ大統領を置きざりでAPECに行くという厚顔無恥です。
これは大統領にも明日お会いになる天皇陛下に対しても本当に失礼な話だと思います。
これを平然と何のコメントもしないマスコミも最悪です。まぁ、すべて民主党のやることはよいしょなんでしょうが・・・
決して自民党が素晴らしいとか100点などと言う気はありませんが、以前の普通に暮らせたことが懐かしくさえあります。
早くこの政権が終わり、まともな真の保守が誕生することを期待しています。

投稿: ラッシュ | 2009年11月13日 (金) 10時53分

ラッシュさま

はじめまして。ご来訪有り難うございます。

>子供は2人とも成人…自力で育てました(笑)
成人すればとりあえずほっとなさったことでしょうね。私はまだ子育て真っ盛りですが(笑)

>大変でしたが、これは親の自己責任
まあ、基本的にはそうですね。政府に期待することは、将来の社会を担う世代にあんまりつけをまわさないでほしい、ということです。

>お金目当てで子供が生まれてくるとすれば、恐ろしいこと
まさしく。そうなっている国もあるようですね。それは将来の子供達の借金になるだけだし…うちは子供手当もらえる模様ですが、子供達の将来のために貯金しておかなければ仕方がなさそうです。

>天皇陛下…国民を思うすばらしいお言葉に本当に感動
大いに同感!

>若者たちの真摯な気持ちがあふれたパフォーマンスに感動…
>彼らの方が薄っぺらい総理大臣より立派に見えた
これも大いに同感!

>本日も日本国の総理大臣としての勤めを中途で放り出し
>オバマ大統領を置きざりでAPECに行くという厚顔無恥
え、そうだったんですか…また鳩山首相お得意の「いくらなんでもこれはひどい」が増えてしまいました。

>自民党が素晴らしいとか100点などと言う気はありません
>が、以前の普通に暮らせたことが懐かしくさえあります。
そうですねえ。自民党は最低でした。首相の足を引っ張る人たちばかり。でも、最低、という底にいたのですが、今の民主党は、底割れしてますから、無限に落ちていくばかり…
>早くこの政権が終わり、まともな真の保守が誕生することを期待
まさに同感。ただ、この政権は長くないでしょうが、まともな保守政権はいつのことになるやら…そう言っていても情けないだけ、少しでも早めるように、我々も頑張りましょう。

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月13日 (金) 23時47分

 御在位20周年真におめでとうございます

 本日は一人、天皇皇后両陛下の弥栄を寿ぎ、万歳をさせて頂きました。

 陛下のお言葉に接し、両陛下が15年もの月日を国民の為に費やされて来られた事などを知り、その御心に深い愛情が存在する事を国民の一人として胸迫る感動をさせていただきました。

 震災の未だ傷が癒えぬ寒い日に、両陛下に行幸賜ったことを思い出しました、亦、震災10周年に、神戸に行幸為された砌には、畏れ多くも10m足らずの距離で謦咳に接する事が許されました事は、一生忘れ得ぬ感激です。

 両陛下のご健勝こそが我々国民の一番の心配ごとであると云っても宜しいかと存じます、何卒、御身を大事に為されて、30周年、40周年の佳き日をお迎えくださいますよう、伏して御願い申し上げます。

 天皇皇后陛下万歳!

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年11月14日 (土) 14時33分

ナポレオン・ソロさま

>神戸に行幸為された砌には、畏れ多くも10m足らずの距離で
>謦咳に接する事が許されました事は、一生忘れ得ぬ感激です。
うわあ。なんと羨ましいこと!

>両陛下のご健勝こそが我々国民の一番の心配ごと
そうですね。両陛下の健康を衷心よりお祈り申し上げます。

>御身を大事に為されて、30周年、40周年の佳き日を
同感!

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月14日 (土) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/46745577

この記事へのトラックバック一覧です: 陛下在位二十年、一般参賀と奉祝パレード:

« 奉祝!今上天皇陛下ご在位二十年記念式典 | トップページ | 「はやぶさ」よ、帰ってこい! »