« 教育出版「中学社会歴史」批判その10(戦後) | トップページ | 教育出版「中学社会歴史」批判最終回(現代+蛇足) »

2009年11月 1日 (日)

鳩山首相の「いくらなんでもこれはひどい」にはもう飽きた

(1)『日中首脳会談で鳩山首相、東シナ海ガス田「急がば回れ」』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091101/plc0911010702004-n1.htm

(2)『鳩山首相「クジラ肉大嫌い!」 反捕鯨後押し? オランダ首相との会談で』(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091030/plc0910302316016-n1.htm

(3)『平成21年度自衛隊殉職隊員追悼式』(参院・佐藤正久議員HP)
http://east.tegelog.jp/index.php?itemid=3528

(1)『温首相は東シナ海を「友好の海」とする考え方には一定の同意を示したものの、「(合意は日本への譲歩だと反発する)国民的な感情の問題もある。『急がば回れ』という言葉もある」と日中協議の先送りを示唆した。しかし、鳩山首相はこれに「その通りです。まさに『急がば回れ』です」と応じた…
首相は中国による「白樺」の海上構築物の建設をやめるよう「急がば回れ」と述べたつもりだった。だが、中国側は首相が問題解決の先送りに同意したと受け止めて喜び、首相も中国側に誤解を与える発言だったことに気付かなかったという…
鳩山首相は、自身や鳩山内閣の閣僚が靖国神社に参拝する考えのないことを改めて説明したうえで、「靖国のことは頭から消し去ってほしい」』

(2)『鳩山由紀夫首相が、反捕鯨国として知られるオランダのバルケネンデ首相との会談で、日本の捕鯨問題に絡み、「私はクジラ肉は大嫌いだ」と発言していたことが30日、分かった。調査捕鯨活動を直接否定したわけではないが、再び活発化しつつある世界的な反捕鯨の動きを後押ししかねない危うさをはらんでいる…
「実は今朝、家内(幸夫人)の手料理にクジラが出た。私はクジラを食べない主義なので拒否した」』

(3)『防衛省の政務三役以外の参加国会議員は、佐藤の他には浜田前防衛大臣だけで、民主党の国会議員はゼロでした。
 明日の防衛省主催の観艦式には、多くの民主党議員が参加すると聞いていましたので、追悼式に与党議員がゼロという現実を目の当たりにし、悲しく感じたのは佐藤だけではないと思います…
…代理で平野官房長官が参加されました。国の平和と独立を願い、志半ばで亡くなられた自衛官の方々とそのご遺族の方々に対して、鳩山総理から直接お言葉を頂きたかったとの思いはありましたが、残念でした。』

我々国民が選んだ首相のことを批判するのは心苦しい。

しかし、こうも「これはひどい」が続くとは、いくらなんでも…なんですけど、いくらなんでも、ばかりです。もちろん、上記に上げたニュースは氷山の一角。

外国人要人と会うときは言葉を十分選ばなければならないのにホイホイと大失言ばかり。東シナ海を「友愛」しては中共サマに献上、クジラ肉大嫌いで捕鯨という日本の文化を「友愛」、反捕鯨活動を強く支援。さすが「友愛」。

そしてなにより、自衛隊殉職隊員追悼式まで「友愛」。
あんたが最高司令官でしょ、自衛隊員に死地に赴けと命令するのはあんたでしょ!ASEAN訪問?ばかもん!追悼式をあんたのスケジュールにあわせればいいじゃん!
と、ヒステリーを起こしそう。鳩山首相は殉職碑の前で坊主にでもなって殉職自衛官に謝るべきです。

なお、追悼式には平成7年の村山首相!以来、首相が必ず出ています(こちらを参照)。鳩山首相は村山元首相にも謝れ(笑)(なお、それ以前の自民党の首相はなんで出なかったのでしょうか?事情はわからないけど、ひどいなあ…)

いくらなんでもこれはひどい。それしか言いようがありません。幸い?違法献金問題がまだまだ出てくる出てくる。検察はさっさとこの首相を「友愛」してほしいですね。

|

« 教育出版「中学社会歴史」批判その10(戦後) | トップページ | 教育出版「中学社会歴史」批判最終回(現代+蛇足) »

コメント

どれもこれも「売国首相」としか呼びようのない言動が続きますね。「鯨肉嫌い」に至っては「お調子者の太鼓持ち」を見るようで吐き気を覚えます。いつまでこの馬○者が政権に居座るのでしょうか。憂鬱です。

投稿: 三四郎 | 2009年11月 1日 (日) 17時07分

三四郎さん

>「お調子者の太鼓持ち」
まさに、言い得て妙ですね。

>いつまでこの馬○者が政権に
その表現は「馬」や「○」にすら失礼かも(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月 1日 (日) 17時15分

>天皇の死刑判決をきぼんぬ
此処は日本だが、お前さんは日本人なのか?

 他所の国に来たら、その国に敬意を払うのが国際的には常識だぜ、其れが出来ない外国人って、何処の国か大抵決まっているけどね。

 お前さんの考えには、公と私の差が丸で織り込まれていない様に感じる、公私の区別がつけられない国から来たのかな?

 治安系公務員は、一部の例外を除いて大抵それと判る様、制服を着ているが、制服が権力の象徴に見える奴もいるから抑止力にも成っているかも知れんが、ナイフや銃を持ったテロリストに的にされ易いと云う欠点もあるわけだ、そういう危険な任務も「やらねばならない」仕事に入って居るし、「出来ない」という選択は、指揮権を持つ上長にのみ与えられて居る訳で、個人には与えられていないのですがね。

 おまけに海上保安庁の様に、9条とやらの所為で、向こうからハチの巣にされなきゃ発砲もできない、しかも、相手の生命を最大限に尊重した=自分の命を最大限に危険にさらした上でのものだ。

 危険な公務執行中に亡くなったから特別扱いするのだが、そういう規制や危険が私の職分や職域にあるだろうか、其れを知らずに云って居るのなら、世の中を知らない唯のお子様の戯言だろうし、知って居るのなら「かき回したれ」という特亜人の悪ふざけでしかないな、どっちでもないのなら、唯の馬鹿ですね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年11月 1日 (日) 19時33分

マルキコメント1件削除しました。
IP晒すのはやめておきます。

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月 1日 (日) 19時33分

ナポレオン・ソロさま
マルキを相手にするのはやめましょう。時間の無駄。

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月 1日 (日) 19時35分

「売国」するにはそれ相応の知恵が必要ですから、「馬鹿」なんだと思ひます。

天皇陛下在位20年休日法案で予定されていた11月12日にオバマ大統領の来日をぶつけて事実上審議を潰した民主党の悪意は相当なものです。本当に日ノ本の為にならぬ。

投稿: 葦原屋 | 2009年11月 1日 (日) 19時43分

葦原屋さん

>「売国」するにはそれ相応の知恵が必要ですから、「馬鹿」
馬や鹿に失礼ですよ…

>天皇陛下在位20年休日法案で予定されていた11月12日に
>オバマ大統領の来日をぶつけて事実上審議を潰した民主党の悪意
まさに。でも、オバマにポッポがどれだけ恥をかかされるか、楽しみですね。

もっとも、11月になって急に祝日にされると、私の商売(システム屋)は即座にパンクしてしまいます。特に、銀行や鉄道のシステムなどは対応不可能…今更ながら参院での審議拒否に腹が立ちます。

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月 1日 (日) 19時52分

反捕鯨国に住んでいましたので、(2)についてコメントを致します。

この鳩山発言は二つの意味で嫌悪を感じます。

ひとつは、三四郎さんも書かれているように「お調子者の太鼓持ち」的発言だから。

もうひとつは「朝食にクジラが出た」って、日本人が欧米の牛肉並みかそれ以上頻繁にクジラを食べている印象を与えます。
反捕鯨国は、自分たちが肉を食べているのと同じくらい日本人がクジラを食べているから絶滅しちゃうと思っているようなところがあります。その誤解を本当だと思わせるような発言はまずいですね。
朝からクジラ食べている日本人なんて、聞いたことありますか???

だいたい大嫌いなのに夫人が食卓に出すって言うのも妙ですし、太鼓持ちと奥さん自慢がミックスされた作り話のような気がしてしまいます。そこまでしてご機嫌とりたいか!?と呆れます。

投稿: milesta | 2009年11月 5日 (木) 09時45分

milestaさん
>もうひとつは「朝食にクジラが出た」って、日本人が
>欧米の牛肉並みかそれ以上頻繁にクジラを食べている印象
仰せの通りですね。クジラ肉が朝から出てくる家って、あまり聞きません。夜だって、私は年に1回もない。

>太鼓持ちと奥さん自慢がミックスされた作り話
ほんとですね。いくらなんでもこれはひどい…

投稿: 練馬のんべ | 2009年11月 5日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/46640038

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の「いくらなんでもこれはひどい」にはもう飽きた:

« 教育出版「中学社会歴史」批判その10(戦後) | トップページ | 教育出版「中学社会歴史」批判最終回(現代+蛇足) »