« 自民は味噌汁で顔を洗って出直すべし | トップページ | 深く反省した上で、次の一手を考えよう »

2009年9月 1日 (火)

防災の日、二百十日

今日は防災の日、二百十日です。関東大震災の日、立春から数えて二百十日目。

Typhoon 二百十日、二百二十日、八朔は三大悪日と呼ばれます。(「今日は何の日byこよみのページ」さまにて知りました、かわうそさま感謝!)今風に言えば、台風(颱風)の特異日、というところ。(台風の写真はwikiより)

昨日の八朔(八月末日)には見事に台風が来ました。民主党政権を神がどう思っているかの象徴でしょうが(笑)、本来の台風シーズンはこれからです。

今日は北海道方面の方はお気をつけ下さい。東京はよく晴れました。とりあえず一息ついた方も多いかも知れません。

しかし、これは今秋の暴風雨の走りです。二百十日に台風が来た回数は少なく(戦後9月1日に日本に上陸した例は、2609年(昭和24年)のキティ台風くらい)、実際は台風の準備をしましょう、という趣旨の日です。台風情報などない時代、台風準備の日という趣旨で、昔の人が台風の日と決めたのでしょうね。これからが本番ですので、みなさま、警戒と準備は怠りなきようお願いします。早めの対策が肝腎です。来てからでは遅いので、それまでにご準備を。

台風準備を始めとして防災全般に、以下のページをぜひご覧ください。

NHK防災ボランティアネット・防災もの知りノート
「台風に備える」抜粋

-----------------

「地震だ!火を消せ!」というのは昔の常識。今はまず「地震だ!身を守れ!」です。

特に、ガスコンロでお湯を沸かしているときなど、近づくと大やけどで致命傷を負う可能性大。都市ガスは地震感知で元栓が止まるのが多いし、石油ストーブも今の物は自動消火機構がついているはず。まず身を守って、それから火を消しましょう。

なお、普段からガスや石油ストーブの消火装置については確認しておきましょう。地震の後、ガスが出ない!と騒ぎになることも多いようです。

--------------

2583年(大正12年)9月1日11時58分、関東大震災は起きました。わずか数分間に2度のM7クラスの余震。その後翌日までにM7クラス3回、M6クラス7回という余震の連続、10万人以上が亡くなりました。火事だけでなく、建物倒壊による圧死、津波や山崩れによる死者も凄まじい数だったようです。

現代、東京で同規模の地震が起きたら当時以上の被害になりかねません。ただ、それは最悪のケース、その場合は為す術がないのかも知れませんが、もう少し小さな地震が起きる可能性ははるかに大きいので、できることはしておきましょう。

Bousai_1 ・家具は固定する
これは突っ張り棒タイプです。寝室ゆえそれだけでは不安なので、特製の木製枠を作りました。滑り落ちてこない工夫がしてあるので、倒れようとすると全面で天井にひっかかる仕掛けです。(突っ張り棒は天井が弱い場合に問題がありますが、例えば箱全面で支える「耐震BOX」というのもあります)

Bousai_2 ・飲料水を用意しておく
最低限、家族の人数×2本くらいあればなんとか2日くらいはしのげるでしょう。もちろん食糧も重要ですが、数日間絶食したくらいでは人間は死にませんから、最低限としては弱者(老人、病人、子供)の分だけでもいいのかも知れません。

Bousai_3 ・簡易トイレの準備
断水は確実です。これは洋式トイレにはめ込むタイプの袋です。

なお、いつも思うけど、一般家庭用の地震保険は強制保険にすべきではないでしょうか。固定資産税と同時に徴収すれば済む話です。自賠責保険と同様に国土交通省の管轄でできるはずですが…新政権は、そういうことにも気を遣ってほしいですね。

|

« 自民は味噌汁で顔を洗って出直すべし | トップページ | 深く反省した上で、次の一手を考えよう »

コメント

 前の社会党政権の時、一体何が起こったかと云えば、雲仙普賢岳の大噴火に阪神大震災でしょう、これらは国を護る鬼と化した英霊の怒りだと思っていますから、国旗を切り刻んで屁とも思って居ない売国奴集団民主党が政権を執って一体何が起こるのか戦々恐々ですね、それとも、米国保守派の画策で、未曾有の大不況の再来か、ズバリ、政府要人の暗殺か、何か凶事がおきそうですね。

 天地の怒り、怨霊と化した祖霊の怒り、日本人がこの世で最も恐れて来たものです、大きな災厄ですが、同時に、乱れた世を立て直せという、神示しでありましょう。

 一番考えられるのが大地震、大噴火と云った天変地異ですが、是で気が着くかと云えば、あの社会党の失態を看ても、自民党も民主党もその怒りの本質に気が附けなかった訳ですから、違う事になりそうな気がします、もっと政治にかかわる連中、マスコミを操る連中の肺腑を抉る様な事ではないかと。

 二百十日を契機に、台風が本土近くを掠めるようになり、台風の通過ごとに涼しくなる様な気がします、今年も夏が逝くのですね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年9月 1日 (火) 09時59分

ナポレオン・ソロさま
>前の社会党政権の時、一体何が起こったかと云えば、
>雲仙普賢岳の大噴火に阪神大震災
はい。それに加えて(人為だけど)オウムサリン事件ですね。

>何か凶事がおきそうですね
そう思います。もっとも、秋は陛下の在位20周年のお祝い、陛下は皇祖皇宗に祝福されていますから、来年かも知れません。

投稿: 練馬のんべ | 2009年9月 1日 (火) 20時32分

>飲料水を用意しておく

飲用水の他、週末のヒマな時間に非飲用水として空いたペットボトル(2リットル)数本に水道水を汲んで置いて居ます。
それと荒塩を1kg、砂糖を1kg。これらは消費期限がありませんので常備しています。

なんだか神経質に成り過ぎの感がありますが(笑)生命維持に必要な最小限の要素だけは確保しています。

投稿: 葦原屋 | 2009年9月 5日 (土) 12時52分

葦原屋さん
非飲料の用水は案外盲点になりますね。うちでは風呂水をためたままにしていますが、本格的な地震では溢れて流れる心配もあり、悩ましいところです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年9月 5日 (土) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/46086547

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日、二百十日:

» テッド・ケネディ、アーリントン墓地に永眠 [米流時評]
  ||| God Bless Kennedy |||  テッド・ケネディの棺、数万の市民に見守られ兄たちの眠るアーリントン墓地へ  オバマの悼辞「民主主義の基礎を確立した、我々の時代のもっとも偉大な政治家」  27日に亡くなったエドワード・M・ケネディ上院議員の棺は、  4日間の追悼のセレモニーをすべて終え、  土曜夕刻に米国の英霊が眠るアーリントン墓地へ埋葬された。  ハイアニスの自宅から出棺し、  ボストンでの追悼式・告別式・葬儀をまっとうし、  上院議員として47... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 19時23分

» R.I.P. アメリカ民主主義の魂 テッド・ケネディ [米流時評]
  ||| Rest In Peace, Kennedy |||  アメリカンスピリットと民主主義の魂、民衆に愛されたテッド・ケネディ追想    まずはじめに、とりあえずお詫びを。  exblogが今朝からトラブって、半日ほどアクセスできませんでした。  こんなに長く「不通」になったのは、  "駅風呂"で拙ブログを開設して以来3年間、初めてのトラブルです。  その間にTBを送信できなかったみなさまには、深くお詫び申し上げます。    今日の記事は、ここ3日連載していたテッド・ケ... [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 10時07分

« 自民は味噌汁で顔を洗って出直すべし | トップページ | 深く反省した上で、次の一手を考えよう »