« 国売りたまふことなかれ | トップページ | 新型インフルワクチン輸入は危険では? »

2009年9月23日 (水)

民主党と鳩山首相を早く「友愛」しよう

『鳩山首相、チベット問題は「内政問題と理解」 首脳会談で』(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090922AT3S2201222092009.html

『鳩山由紀夫首相は21日の中国の胡錦濤国家主席との会談で、チベット問題について「内政の問題と理解している」と述べた。「それだけに対話を通じて見事に解決することを期待したい」として、中国側に平和的な解決を促した。

 首相は民主党幹事長時代の2007年にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と会見するなどチベットの人権問題に強い関心を寄せていた。』

結局チベットも鳩山さんにかかると「友愛」されるんですね。変な日本語はもうやめたほうがいい。「友愛」ではなく「切捨て」とはっきり言って欲しいものです。以後、「友愛(切捨て)」と表記します。

チベットを「友愛(切捨て)」します!など許し難い。日本人としてこんな首相を持っていることが恥ずかしい。チベットの皆さん、申し訳ありません。

それにしても、首相になってからの鳩山さん、マニフェストに関してブレブレなのに、

「友愛(切捨て)外交」=日本と日本国民の切捨て+中共への隷属

については全くぶれません。東アジア共同体(日本の「倭自治区」化)、東シナ海日本領海を「友愛(切捨て)の海」、温室効果ガス25%減(中共へ「排出権」と称する貢ぎ物)、人権擁護法案(シナ朝鮮とその手先による日本国民弾圧)、外国人参政権、戸籍の切捨て(家族解体)、などなど…

この分だと皇室の「友愛(切捨て)」=「女系天皇」容認の皇室典範改悪も行ってしまいそうです。

やはり日本国民は鳩山首相と民主党を早く「友愛(切捨て)」しないといけないようですね。早く日本を独立させないと。

|

« 国売りたまふことなかれ | トップページ | 新型インフルワクチン輸入は危険では? »

コメント

チベット問題等、言うべきところはきちんと言って欲しいですね

投稿: ぱる | 2009年9月23日 (水) 20時07分

ぱる様
そう、チベット問題はダライラマ猊下とお目にかかったことがあるならよくご存じのはず。鳩山首相は目の前の人のご機嫌取りしかしないのでしょうか。それが「友愛」なのかも知れません。

投稿: 練馬のんべ | 2009年9月23日 (水) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/46287408

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党と鳩山首相を早く「友愛」しよう:

» 鳩山新総理の今後 [星を枕に月を見る]
ikundaのあの人の運勢コーナー、次は誰かと思ったら、なんと鳩山総理だそうです政治家の占いは初めてのような気がしますね政権交代を実現したということで、新鮮味の感じられる内閣になったなあという印象です今までとは違う政治で、なんとかこの国が良い方向に向かっていく....... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 20時12分

» 鳩山由紀夫首相 [あさみのささやき]
鳩山首相、テロ跡地献花を中止 13 &... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 22時20分

» 極右・極左の危険性を斬り、ニュートラルな日本へ [米流時評]
  ||| 日本の国政のパラダイムシフト |||  極右・極左の危険性を斬る。 ニュートラルな日本へのパラダイムシフト  ヒットラーは社会主義者か?右翼か? 巧妙な全体主義が国民を騙す過程  秀でたブログというものは、概してそのコメント欄もすぐれて面白い。 ひいきの引き倒しのお愛想や、逆にいまわしい罵詈雑言で埋まることもなく ひたすら話題の出所を、編集人と読者とでさらに掘削していくような 往年の「ぼ・ぼ・ぼくらは少年探偵団」的なチームワークが築かれている。そうした理想的な問答が展... [続きを読む]

受信: 2009年9月24日 (木) 07時08分

» 日中コンセンサス? 全体主義国家への危険な傾斜 [米流時評]
  ||| 日中コンセンサスはあったのか? |||  危機を招く鳩山政権の中国急接近。防衛・外交面の日米同盟の重要性に目覚めよ!  日本の政治の地殻変動。新設「国家戦略局」が暗示する全体主義への危険な傾斜  日本の政局に関しては、欧米メディアの記事を翻訳紹介する以外は  米国に住む身であるために、これまではあまり私見は述べなかった。  その私が、今回の民主党政権に関しては沈黙を破ったので、  驚かれた方がかなりいらしたようだ。  しかし、どうしても書かずにはいられないほどの... [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 07時38分

« 国売りたまふことなかれ | トップページ | 新型インフルワクチン輸入は危険では? »