« 日本国憲法を読んでみよう(その11.国民権利義務その6) | トップページ | 敗戦の日 »

2009年8月11日 (火)

靖國に思う

Yasukuni_asa 今日夕方、靖國に参拝しました。静かな境内、いいもんです。8月15日より、その前後のほうが心静かに参拝できます。(この写真は以前撮ったもの)

--------------

8月15日、麻生首相は参拝なさらないとか。政治的な問題を靖國に持ち込むべきではないと。その趣旨は大いに賛成。しかし、総選挙後、もし敗戦したら、総理大臣の座から降りなければならない。そうすると三代続けて、しかも鳩山氏は参拝しないと明言しているから四代続けて首相が参拝しないということに。これはひどい。

首相が春秋の例大祭に真榊を奉納なさっていること、のんべ敬服。でも、やはり首相が自ら出向いて昇殿参拝なさるべき。今のままでは英霊に失礼。8月15日は政治的な日だから避ける、と仰せになるのなら、例えば8月18日、衆院選の第一声を上げる前に昇殿参拝し、今まで参拝しなかったことを詫びると共に英霊に力をお貸し戴くようにお願いなさるのはいかがか。第一声で村山談話の破棄を宣言する。そうすれば勝機があるかも。少なくとも、自民党が自民党に戻るから、将来につながる。

--------------

8月15日はどうせ大騒ぎ。サヨクが大騒ぎする。キチガイ。対抗上保守の人たちも騒ぐ。仕方ないのかも知れないし、やむにやまれぬ気持ちはわかる。でも、やめてほしい。半旗を揚げる日に、同じ土俵に上がらないでほしい。日本人は静かに参拝なさってほしい。

--------------

瀬戸弘幸氏のブログをたまたま拝見。今日台湾の高金素梅らが境内、しかも拝殿前で大騒ぎしたそうだ。これは許し難い。なるほど、なんとなくささくれだった空気が感じられたわけだ、英霊がお怒りだったのだろう。そりゃ怒る。

台湾の皆様は味方、強く応援。しかし、こいつらは台湾の恥。観光ビザで来ているらしいので即刻退去させ、二度と日本の地を踏ませるな。台湾の皆様、反日どころか反台湾の連中を締め上げるべし。台湾出身の英霊方、激怒なさっているはず。

--------------

台風と地震で被災なさった日本と台湾のみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

|

« 日本国憲法を読んでみよう(その11.国民権利義務その6) | トップページ | 敗戦の日 »

コメント

はじめましてこんにちわ。
ネット生活が長く、自虐史観から抜け出し途中なのはいいのですが、
浪人生の身の上、教科書を基盤として日本史を勉強せねばならず、高校から持っている山川のやつしかなく、
言いすぎかもしれませんが、精神的苦痛と憤りを伴いながら読むしかありませんでした。
嫌気がさして、「山川 日本史 自虐」というテキトーなワードでぐぐったら、このブログの山川批判記事が上の方にありました。
そしたらそれらの記事に共感致しました上、明成社の教科書がお勧めとの旨を見かけまして、早速電話で取り寄せ、中身を拝見したところ、
大当たりでした。
硬質な文章の教科書がこんなにすらすら読めるとは思いませんでしたw
それほどの中身でした。ひたすら感動です。
受験には山川が最適なのでしょうが、明成社のだってほぼ全部をカバーしているのですから、
自分はこの教科書を基盤として頑張ります。

今日は、この教科書との出会いを与えていただいたことへの感謝を述べさせていただきたく、コメントさせていただきました。

ありがとうございます。

そして、のんべさんの愛国心と家族愛に乾杯。

投稿: とら | 2009年8月13日 (木) 03時45分

とら様
嬉しいコメント有り難うございます。
私が受験生の頃(昭和50年代後半)は山川の教科書を何の疑問もなく信じていました。一冊だと不足する可能性が心配で、ごく補助的に三省堂を見るくらい。もっとも、教科書の内容は今ほど酷くはありませんでしたが…
それに比べ、早くからまともな歴史に気づいていらっしゃること、敬服です。明成社の教科書中心で頑張って下さい。内容は決して薄くありません。

投稿: 練馬のんべ | 2009年8月13日 (木) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45901730

この記事へのトラックバック一覧です: 靖國に思う:

» タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目 [米流時評]
   ||| タリバン戦線のエンドゲーム |||  テロ戦争8年目の潮目 パキスタンのタリバン拠点へ米軍のミサイル攻撃開始   ここ数日で、アフガンとパキスタン国境地帯のタリバンの拠点に対して 米軍・パキスタン政府軍・アフガン政府軍の総攻撃が展開している。 7月の対タリバン戦線の戦死者数が、 米軍もNATO軍も、テロ戦争始まって以来の記録となってしまった。 もちろんそれ以前から「アフガン・サージ」(増兵)は始まっていた。  本来のテロ戦争の目的から外れて、石油利権目当てのイラ... [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 11時06分

« 日本国憲法を読んでみよう(その11.国民権利義務その6) | トップページ | 敗戦の日 »