« 教育出版「中学社会歴史」批判その5(中世・後半) | トップページ | 第二の敗戦の日は近いか… »

2009年7月17日 (金)

両陛下ご帰国

両陛下、カナダ・ハワイ訪問から帰国』(読売)

天皇皇后両陛下が15日間のカナダ・ハワイご巡幸からご帰国なさいました。長旅でさぞやお疲れのことと存じます、どうか少しご休養なさってください。

Ryouheika_hawaii 今回のご巡幸では、カナダでの日系人とのご懇談、平和維持記念碑でのご供花、ハワイでの国立太平洋記念墓地でのご供花(左の写真)など、両陛下でなければできない素晴らしいご公務でした。両陛下に衷心より感謝いたします。

Hinomaru

天皇皇后両陛下、ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい!

|

« 教育出版「中学社会歴史」批判その5(中世・後半) | トップページ | 第二の敗戦の日は近いか… »

コメント

 麻生さんが本当に21日に衆院解散を断行できるのか心配です。安倍さんのように土壇場で辞任なんてこともありえます。都議選で与党過半数割れの責任をそのままにして解散という決断に大部分の自民党衆院議員が納得するでしょうか??

投稿: 盗人(中川秀直)にも三分の理 | 2009年7月19日 (日) 02時11分

盗人(中川秀直)にも三分の理さま
いよいよ明後日ですか。総理もここまで言って解散できないようでは政治生命終わりなので、解散詔書に署名しない閣僚を切ってでも断行するでしょう。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 08時27分

 7月21日解散、8月31日投票ですか、まぁ頃合いかなとは思いますが、マスコミの年中行事が夏休みの間中続くのかと思うとげんなりしますね。

 民主党って、早い話が下級公務員組合が支持母体でしょう、そんな連中に、公務員改革などできる由もなく、遣るのは敵であるエリートのキャリア組への復讐だけと相場は決まっている。

 今や公務員といえば、景気変動に影響を受けない人も羨む超安定組織、しかも高給にして厚遇、教職員など退職金3~4千万円に年金500万円ですから、夫婦で先生を遣ってたりなんかすれば、退職金6~8千万に年収1千万ですから、60定年と同時に億近い金が転がり込んでくるご夫婦も居たりする。

 それだけの恩恵を社会から受けて居ながら、世間の常識とかけ離れた理想論をぶち上げて、君が代は歌うな、国旗は掲げるなと、自分に恩恵を与えた日本を、社会を否定しまくる。

 そういう元日教組のご夫婦の生活を、礫を投げられている当の国が、働き盛りの夫婦が休み返上で働いても手に入らない高給を、不労である彼らの老後の年金として支給しているというのだから、ワケが判らんと思うのは、私だけでしょうか、その年金の元はと言えば、国庫金負担が殆どの旧恩給でしょうに。

 一体、そういう連中は日本をドゥしたいのか、本当に共産主義で世の中が良くなるとでも思っているのか、思い込みや机上の論理で世の中が変わる程、人間は良心的ではないし、馬鹿にも成れはしないのに。

 政治とは税金の遣い方という一面があると思います、格差社会がいけないと云うのなら、厚遇が過ぎる公務員に税金をたっぷり懸ける法案でも出してみたらどうでしょうって、できないでしょうね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年7月19日 (日) 18時51分

 しまった、投稿するスレッドを間違えてますね。

 ここは、両陛下のご無事のご帰還をお祝いする場でした、ごめんなさい。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年7月19日 (日) 18時54分

ナポレオン・ソロさま

>マスコミの年中行事が夏休みの間中続くのかと思うとげんなり
そうですね。まあ、テレビは見ないことです。

>民主党って、早い話が下級公務員組合が支持母体でしょう、
>そんな連中に、公務員改革などできる由もなく、遣るのは
>敵であるエリートのキャリア組への復讐だけ
ははは、仰せの通りですね。

>政治とは税金の遣い方という一面があると思います、
>格差社会がいけないと云うのなら、厚遇が過ぎる公務員に税金を
>たっぷり懸ける法案でも出してみたらどうでしょう
それはいい!夫婦とも公務員なんて、明らかに他人の勤労の機会を奪った行為ですから…

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45661911

この記事へのトラックバック一覧です: 両陛下ご帰国:

« 教育出版「中学社会歴史」批判その5(中世・後半) | トップページ | 第二の敗戦の日は近いか… »