« 神社で護国を祈ろう | トップページ | ウイグルの悲劇は他人事ではない »

2009年7月28日 (火)

神社で護国を祈ろう(続き)

武蔵国一宮は、現代では前回紹介した大宮氷川神社以下の3社ですが、実はその昔は府中多摩の小野神社だったそうです。というわけで、今回参拝しました。ふう。

小野神社は、多摩川を挟んで府中と多摩にあります。本社と分社なのでしょうが、詳細不明です。川が氾濫するたびに遷座を繰り返した、という話もあるようです。

まず、京王線中河原駅からほど近い府中の小野神社へ。国道20号を少し北に行きパスタ等のファミレスを左折、しばらく行き「小野宮間島自治会館」の看板を右に入ったところです。(地図

Fuchu_onojinja 小さな神社です。府中には有名な大国魂神社があり、そちらが崇敬をうけたため、こちらは衰微したそうです。でも、神様の有り難さは社の大小に関係ありません。どなたか、なんとなくパワーを感じる神社、と書かれていたのですが、確かにそんな感じもします。

ご祭神は天下春命(知々夫国造の祖)、瀬織津比賣命(幻の女神、wikiによれば、ホツマツタヱではアマテル神のお妃)の二柱ですが、小野氏の祖の天押帯日子命を祀っている、という説もあるそうです。小野氏は妹子、篁、道風が有名ですね。日本をお守り下さいますように。

ついでに歩いて20分ほどの府中市郷土の森博物館のプラネタリウムへ。ハヤブサ~バック・トゥー・ジ・アース」、小惑星イトカワに行ったハヤブサの物語、泣けました。天文ファンに限らず強くお薦めします。予告編はこちら

Itinomiya_watasi_2 次に川の向こう側、多摩の小野神社。聖蹟桜ヶ丘駅西口で降りて右へ行き、突き当たり左、右側に「一ノ宮渡し」の石碑(写真)が見えたら左前方の石畳っぽい道を行くのが肝腎です(地図)。まっすぐ行っても行けるけど、途中「ルーマニア国旗」を見るハメに…(苦笑)

Tama_onojinja こちらはそれなりに広くて立派な神社。後北条氏などの崇敬を受けたそうです。日本をお守り下さいますように。

御祭神は同じで、天押帯日子命主祭神説があることも同じ。他に、イザナギさま、スサノオさま、オオナムチさま、瓊々杵尊、彦火火出見尊、倉稲魂命もご祭神ですが、多分後から合祀したのでしょう。

末社には、内宮、外宮、三島神社他、有名どころがずらり。小野神社が相当な社格の神社であることが伺われます。

まあ、ご祭神や社格を考えながらお参りする方は少数派でしょうし、それで構いません。政治の世界では「細かいことは政権交代してから」は論外だけど、お参りするときは「細けえことはいいんだよ」で結構です。

真心を持って「日本をお守り下さいますように」とお祈りしましょう。どんな形になろうとも、必ずや日本をお守り下さることでしょう。

|

« 神社で護国を祈ろう | トップページ | ウイグルの悲劇は他人事ではない »

コメント

当地は大きな神社さまは少ないのですが、それに比べてあちらこちらにお稲荷さまが多いです。
山あいの里川や、時には山奥に渓流釣りに行くのですが、おお、こんなところにも、と言ふ感じで鎮座されて居られます。

庶民が如何に神様を大事にして生活してきたのか、と言ふ証拠でもあります。

投稿: 葦原屋 | 2009年7月29日 (水) 01時09分

葦原屋さん
>べてあちらこちらにお稲荷さまが多い…
>庶民が如何に神様を大事にして生活してきたのか、と言ふ証拠
我々の先祖の思い、大切にしないとそれこそ罰が当たります…いや、残念ながらおろそかにしてきたのでしょう、第二の敗戦(極左政権)という強烈な罰が当たりそうです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月29日 (水) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45768255

この記事へのトラックバック一覧です: 神社で護国を祈ろう(続き):

» テヘランは革命前夜か?イラン独裁体制からの脱出 [米流時評]
    ||| テヘランは革命前夜か? |||  グリーン革命とイランの未来『ニューズウィーク』ファリード・ザカリア時評  革命は成功するのか? 米国はどう出るか? イラン危機はどう展開するのか?  先週ウォール街では終値が9000ポイント以上を記録し、 昨年1月の平均株価にまで1年半ぶりで回復した。 週刊誌は ニューズウィークでも タイムでも、 「不況は終わった」とか「空前の中古住宅市場ブーム」とか、 ようやく朗報が聴かれつつある。(どちらも両誌のサイトコラムで)  ... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 07時18分

« 神社で護国を祈ろう | トップページ | ウイグルの悲劇は他人事ではない »