« 両陛下ご帰国 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その9.国民権利義務その4、政教分離原則) »

2009年7月19日 (日)

第二の敗戦の日は近いか…

民主の子ども手当…子供なし夫婦は負担増も』(読売)

これ、民主のふざけたバラマキの象徴です。選挙はみずものなので何が起こるか分かりませんが、仮に今の情勢が変わらないとすれば、民主圧勝は間違いないわけで、政権マニフェストが実現したら、将来このツケを払のは子供たち。子供たちに申し訳ない限り。

自公政権のバラマキも酷いと思ったけど、報道されている今度の政権公約を見る限り民主のバラマキはそんなものではありません。

しかも、中学生までの子供一人毎月26,000円?高校生以上の子供だけがいる世帯は、記事を読む限り、配偶者控除の廃止などですから増税に見えるわけで、、今、中3以上の子供だけがいる家庭は、一番金のかかる時期なのに、たまったもんではないでしょう。日本国民を分断して対立を煽る作戦とも言えます。で、その間に何をやろうというのかな。

新聞記事にはならないけど、外国人参政権だの移民1000万人だの人権弾圧法だの、日本を壊す無茶苦茶なことを考えているのは間違いありません。

民主党による政権奪取とは、シナ朝鮮対日侵略戦争勝利、つまり第二の敗戦と言えましょう。細川内閣成立以来の長い戦争の象徴とも言える、シナ朝鮮の進駐軍たる民主党。それは国民が民主主義で選んだことだから仕方ない。ノムヒョン時代に韓国が北朝鮮に侵略されぼろぼろになったことの二の舞です。後になって、詐欺による政権奪取は無効、と騒いでも遅いのです。

そのときは、「堪ヘ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ。以テ将来ノ若手ニ希望ヲ繋」ぎながら、分裂による政界再編を促すしかないでしょうね。極左から保守までのごった煮部隊は、今は「政権交代」という共通目的があるからまとまっているけど、政治を行う段になればまとまっていられるはずもない。それに、「さくらパパ」「ぶって姫」に象徴される単なる数合わせ以下の連中もわんさかいるので、政権を担う能力を持った政治家の数は圧倒的に足りないでしょう。

今は保守側は、敗戦後に備えて力を蓄えるとき。麻生首相を支えようとしない自民の断末魔には付き合っていられません。

|

« 両陛下ご帰国 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その9.国民権利義務その4、政教分離原則) »

コメント

次期総選挙の際、誰を当選させ誰を落選させるべきかを考えるページ

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/296.html

投稿: 通りすがり | 2009年7月19日 (日) 10時06分

相も変わらず、あれこれ探してきては誹謗中傷するのがお好きですなぁ~(*^_^*)

自民党には民主党以上にシナ朝鮮寄りが居るのに、何を言ってんだかなぁ~ という感じです。

投稿: 五郎丸 | 2009年7月19日 (日) 12時13分

五郎丸さま
誹謗中傷ねえ。日本列島は日本人だけのものではない、と仰せになったのは誰でしたっけ。外国人参政権法案、今回のマニフェストから急に隠すことにしたのはどこの政党でしたっけ。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 13時21分

通りすがりさま
紹介有り難うございました。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 13時24分

あれっ!? 自民党にはシナ朝鮮寄りは居るのかな!? 居ないのかな!!?

反論がありませんが、では何故に勝共連合のアジトは無くならないのでしょう!? 疑問だぁ~ ヒジョーに疑問だぁ~!! ついでにオウムも無くならない!! 疑問だぁ~ ヒジョーに疑問だぁ~!! ついでについでに 創価学会公明党と連立を組んでる自民党!! 疑問だぁ~ ヒジョーに疑問だぁ~!!!

投稿: 五郎丸 | 2009年7月19日 (日) 14時16分

五郎丸さま

残念ながら自民党にもしょうもない連中はいっぱいいますよ。フクダ前首相なんかまさにコキントウ皇帝のシモベでした。わざわざ北京まで民主党議員団を引き連れ朝貢に伺い、コキントウ皇帝に声を掛けて貰って感激したオザワ前代表とどっこいです。情けない。
自民党も民主党も、サヨク2割、保守2割、残りは無思想と言われていますね。まあ、似たようなもんだ。

でもさすがに、北朝鮮主体思想を讃美する日教組の偉いさんが参院トップにいる、などという無茶な話はありません。今回この財源にするべく民主党が無駄遣いを探した。それは結構なこと。それで、真っ先にやり玉に挙がったのは、日教組の反対する道徳副読本だそうです。

>勝共連合…オウム…
ずいぶん品の無い書き方なさいますね。誹謗中傷にせよ、もう少し礼を持って書いて頂きたく、よろしくお願いします。民主党支持者はこんな品の無い連中か、と思われるだけですよ。

民主党が政権を取ったら彼らは潰れるのですか?もし民主党が本気でカルト追放に取り組む、というのなら応援することにやぶさかではありません。

でも…石井ピン氏の公明党批判を応援しようと思ったら、結局尻切れトンボ。北朝鮮拉致問題で中井氏が素晴らしい案を出してきて、本ブログでもぜひ実現してほしい、と書いていたのに、ちっともそれを国会に出そうなどとはしない。いつもガス抜きばかりの民主党。まあ、自民党も似たようなもんだけど。

>公明党
公明党と連立を組んでいる自民が救いがたいことだけは間違いない。でも、きっと民主党が政権を取ったら公明党はすり寄るんでしょ。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 18時09分

あんなカルト教団いりません!
それより石井一の創価学会に関する国会質問を報道しなかった電波メディアを追求しては!?
私も、池田大作氏、矢野絢也氏、福本潤一氏の参考人招致を求めていきますよ。

投稿: 五郎丸 | 2009年7月19日 (日) 22時14分

五郎丸さま
>石井一の創価学会に関する国会質問を報道しなかった
>電波メディア
電波だけではなさそうですね。

>私も、池田大作氏、矢野絢也氏、福本潤一氏の参考人招致を
>求めていきますよ
ぜひ実現を

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月19日 (日) 22時22分

ひとつ付け足しますが、私は民主党支持者ではありません。
河村たかし支持者です。
あしからず。

投稿: 五郎丸 | 2009年7月19日 (日) 22時26分

民主もひどいけど、自民も・・
幼児教育無償かって、これはいくらなんでも・・

幼児教育というのはまさに親の責任でしょう。そんなところまで政府に依存してどうするんでしょうね。

子ども手当よりマシだからとかそういう問題じゃないと思います。

投稿: | 2009年7月29日 (水) 22時08分

?さま
>民主もひどいけど、自民も・・
>幼児教育無償かって、これはいくらなんでも・・
確かにひどいばらまき。民主にこんなところで対抗しようとしても無駄なのに…

投稿: | 2009年7月30日 (木) 07時25分

反自民・反民主の小生、今回の総選挙には頭を悩ませるところですが、適時な話題で田中良紹さんの意見を紹介させて頂きます。
色々と考へて仕舞ひますが、うなづける意見だと思つて居ます。

勉強になります。

http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/07/post_202.html

投稿: 葦原屋 | 2009年7月30日 (木) 20時46分

葦原屋さん
拝見しました、ご意見ごもっとも。でも、自治労やら日教組やら、「上級公務員」以外の官僚を支持母体にしている民主党に、小さな政府が実現できるとはとても信じがたい。現在上級官僚が持っている利権をその他の官僚に移行するだけのことでは。

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月30日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45672823

この記事へのトラックバック一覧です: 第二の敗戦の日は近いか…:

» ジャカルタホテル爆破テロ主犯は逃亡中のテロリスト [米流時評]
   ||| 怪しい客の友だちはアルカイダ |||  ホテル爆破テロ首謀者は逃亡中のマレーシア人テロリスト、ヌルディン・トップ  捜査当局はアルカイダ系イスラム過激派ジャマア・イスラミヤ分派の犯行と断定 米国時間 2009年7月18日 | インドネシア・ジャカルタ発 | AP通信ニュース速報 インドネシアの首都ジャカルタを代表する米国資本の5スター級ラグジュアリーホテル、JWマリオットとリッツカールトン・ジャカルタは、17日朝自爆テロの襲撃でホテルの一部を爆破され、死者8名、負傷者... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 18時29分

» 過激派テロのターゲットは欧米資本と外国人ツーリスト [米流時評]
   ||| 狙われる外国人VIPツーリスト |||  アジア地区のイスラム過激派テロ組織、ジャマーイスラミヤ、ラシュカレタイバ  アルカイダ系テロ組織のターゲットは、欧米資本高級ホテルと外国人ツーリスト 冒頭からいきなりの余談ではあるが、2001年の9/11以来、軍需産業はもちろんのことながら、世界のセキュリティ産業の膨張には、異常の度を超して目に余るものがある。 ジャカルタ警察の特殊任務遂行スワットチームや下の写真のバイク部隊。現在虐殺軍団として問題化しているイランのバシジ... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 19時28分

« 両陛下ご帰国 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その9.国民権利義務その4、政教分離原則) »