« 教育出版「中学社会歴史」批判その4(中世・前半) | トップページ | 靖國神社のみたままつり(13日~16日) »

2009年7月12日 (日)

フリーウイグルデモに参加

今日(12日)渋谷で行われた、東トルキスタン大虐殺に抗議するデモに参加しました。

Shuukai集会の様子。たぶんチャンネル桜の水島社長のスピーチ場面と思います。参加者一同、中共に対して怒り爆発。人数はわかりませんが、500人くらいいたんじゃなかろうか?

Kaitai この手のTシャツを着た人は結構いました。今日、渋谷でNHKを掃除する会が開かれていたはずなので、そのTシャツに中共シールを貼り付けたものでしょう(笑)

Demo いよいよデモです。青い東トルキスタン旗がとてもきれい。チベット旗、台湾旗、南モンゴル旗、草莽崛起ののぼり、そしてもちろん我が日の丸も。

Demo2 別角度から。晴れた空によく映えました。

フリー・ウイグル!
中国は虐殺をやめろ!
中国は真実を隠すな!
ウルムチの惨劇を許さないぞ!
ウイグルの若者をさらうな!
ウイグルの女性をさらうな!
ウイグルの子供を殺すな!
ウイグルに平和を!
ウイグルラルガ・エルキンリキ!(フリーウイグルのウイグル語)

Puracard なお、これがのんべが預かったプラカードです。

|

« 教育出版「中学社会歴史」批判その4(中世・前半) | トップページ | 靖國神社のみたままつり(13日~16日) »

コメント

のんべさん、こんばんは。

のんべさんも行かれたのですね。
お疲れ様でした~
私も娘2人を連れて行きました。
当初、雨の予報でしたけどアラーの神様のご配慮?
か曇りで熱くもなく良かったですよね。

場所が分からなかったので、駅を降りてキョロ
キョロ。
公園に行く途中のチベット国旗を見つけたので
ついて行ったのですが、そこですれ違いざまに
「あんだ~あのやろ~」
とか、チベット国旗見ていちゃもんつけるおじさん
がいました。
おじさんの手にはなぜか「ごくせん」のパンフ。
えっ、長野みたくなるんかいな?と不安でしたけ
ど、それらしい人はいなくて安心でした。
スパイでいたのかな?

本当に今回の一揆(暴動じゃないと思う)では
ウイグル人が被害者です。
ウイグルの地では、人間狩りが行われてるのに世界
の世論はいまいち中国経済の印籠のためか、渋いの
も腹立たしい。
フリーウイグル!

投稿: ぴよぴよ | 2009年7月13日 (月) 20時59分

ぴよぴよさんもいらしてたのですね!お疲れ様でした。フリー・ウイグル!

>チベット国旗見ていちゃもんつけるおじさん
嫌ですねえ。

>今回の一揆(暴動じゃないと思う)ではウイグル人が被害者
まさに。まあ、一揆のうち、1兆回に1回くらいは中共が被害者のこともあるかも知れませんが(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月13日 (月) 21時28分

昨日は盛況だったようですね。500人だか700人だか参加したとか。残念ながら、昨日は勤務日につき不参加でした。

投稿: DUCE | 2009年7月13日 (月) 23時38分

DUCE様
ゴールしたとき、前にいたのがざっと300人ほど、後ろは少ししかいなかったので少ないのかと思っていたらとんでもない。しばらくしたら大行列でゴールイン。700人はさば読んでない実際の数でしょう。サヨクの集会なら11万人と発表されるほどの人数でした(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年7月14日 (火) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45614714

この記事へのトラックバック一覧です: フリーウイグルデモに参加:

» 中国西域マイノリティリポート 少数民族ウイグル人決死の抵抗 [米流時評]
   ||| 中国西域マイノリティリポート ||| 新彊ウルムチ「血の日曜日」の虐殺と3万名出兵は、中国政府の少数民族殲滅政策 昨年のチベット弾圧に続く血の粛正、西域ウイグル人虐殺は辺境植民地戦略の一環 【西域騒乱レポート2日目】少数民族と漢族の対立激化浮き彫りに 米国時間 2009年7月6日 | 中国 新彊ウイグル自治区 ウルムチ発 血の日曜日から一夜明けたウルムチの街の中央にある広大なバザール。この界隈は主にウイグル人の居住区であるが、グリーンのヘルメット、迷彩服、防弾チョッ... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 23時40分

» 中国武装警察・ついに始まった恐怖の人間狩り [米流時評]
   ||| 中国武装警察、恐怖の人間狩り ||| 全体主義国家中国の血の粛正 ついに始まった中国武装警察の大規模「人間狩り」 チベット、ウイグル、内モンゴル…西域に甦る20世紀の亡霊、辺境植民地政策 【西域騒乱レポート3日目】 中国終焉のはじまり:中国経済を支える「辺境植民地主義」の破綻 北京の中共政府は、チベット騒乱のときには 「インドに亡命中のチベット人の精神的指導者である  ダライ・ラマが暴動を煽動した」と非難した。 もっともダライ・ラマ法王は、この胡錦濤政権の中国... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 23時52分

» 中国の新彊ジェノサイドに アルカイダが復讐宣言 [米流時評]
   ||| 少数民族、復讐するは我にあり |||  中国の新彊自治区ウイグル人弾圧虐殺に沈黙を守る、利害関係重視のアラブ国家  トルコ「ジェノサイド」、中国製品ボイコット、アルカイダ「在外中国人に復讐」  チベット、ウイグルと、中国政府の目に余る辺境自治区弾圧政策。  その軋轢に対する憤懣が、ついに暴発した、新彊ウルムチの動乱。  それに続く、漢族中国人の自警団による、ウイグル人の拉致虐殺。  辺境の少数民族に対する、あまりにも明白な弾圧と民族殲滅政策。  チベット人は... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 07時55分

» 中国西域マイノリティリポート 少数民族ウイグル人決死の抵抗 [米流時評]
   ||| 中国西域マイノリティリポート ||| 新彊ウルムチ「血の日曜日」の虐殺と3万名出兵は、中国政府の少数民族殲滅政策 昨年のチベット弾圧に続く血の粛正、西域ウイグル人虐殺は辺境植民地戦略の一環 【西域騒乱レポート2日目】少数民族と漢族の対立激化浮き彫りに 米国時間 2009年7月6日 | 中国 新彊ウイグル自治区 ウルムチ発 血の日曜日から一夜明けたウルムチの街の中央にある広大なバザール。この界隈は主にウイグル人の居住区であるが、グリーンのヘルメット、迷彩服、防弾チョッ... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 07時29分

» 中国武装警察・ついに始まった恐怖の人間狩り [米流時評]
   ||| 中国武装警察、恐怖の人間狩り ||| 全体主義国家中国の血の粛正 ついに始まった中国武装警察の大規模「人間狩り」 チベット、ウイグル、内モンゴル…西域に甦る20世紀の亡霊、辺境植民地政策 【西域騒乱レポート3日目】 中国終焉のはじまり:中国経済を支える「辺境植民地主義」の破綻 北京の中共政府は、チベット騒乱のときには 「インドに亡命中のチベット人の精神的指導者である  ダライ・ラマが暴動を煽動した」と非難した。 もっともダライ・ラマ法王は、この胡錦濤政権の中国... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 07時31分

« 教育出版「中学社会歴史」批判その4(中世・前半) | トップページ | 靖國神社のみたままつり(13日~16日) »