« 神社で護国を祈ろう(続き) | トップページ | 民主党・土屋たかゆき都議の正論 »

2009年7月30日 (木)

ウイグルの悲劇は他人事ではない

Higasi_turkey米科学誌、中国・核実験でウイグル人数十万人が死亡した可能性』(産経)

『米国で最も人気の高い科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」7月号が、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区で中国当局が実施した40数回の核爆発実験の放射能により、数十万ものウイグル住民が死亡した可能性があるとする記事を掲載した。
(中略)
 高田教授はNHKが長年、シルクロードの番組を放映し、多数の日本人観光客に核汚染が明白な地域を訪問させながら、核爆発については一切、沈黙してきたとして今年4月、公開質問状の形で抗議した。NHK側は、「(放射能汚染についての)認識は放送当時も現在も持っていない」と回答…』

ウイグルで何度も何度も中共による核実験が行われ、広島+長崎の犠牲者の数よりはるかに多いウイグル人死者が出ていると言われています。しかし中共が隠しに隠してきましたので、あまり表沙汰にはなっていませんでしたが、今回アメリカの科学雑誌で取り上げられたのは大きなことです。

ウイグル人は自分の土地を中華人民共和国の植民地にされ、女は連れ去られ、多くの人たちが虐殺されてきました。今回の平和的デモにも発砲され多数の死人が出て、しかも翌朝には一万人以上が消えてしまったそうです。ウイグル人は捏造民族ではないから真実でしょう。

日本も他人事ではありません。シルクロードブームに乗って日本人も多くウイグルの地に行きました。映画のロケも行われました。三蔵法師を演じた夏目雅子さんが白血病で亡くなったことは何年経っても記憶に新しいところです。

NHKが放射能汚染を知らないはずがありません。それを言ったら中共サマにお叱りを食らうから言えないのでしょう。JAPANデビューと同じ構図です。

日本はウイグルを断固応援すべき。中共サマに「テロリスト」呼ばわりされているラビア・カーディル世界ウイグル会議議長が来日中で、昨日は自民党を訪問なさり、今日は講演会をなさっているそうですが、ぜひ多くの真実を暴露していただきたいものです。中共サマは日本にいたくお怒り、NHK大慌て(笑)

Flag_shousuuminzokuフリー・ウイグル!
フリー・チベット!
フリー・モンゴル!
フリー・満州!
フリー・台湾!
フリー・日本!

そして、フリー・シナ!

中共は植民地支配・一党独裁・世界への毒の垂れ流しをやめろ!

|

« 神社で護国を祈ろう(続き) | トップページ | 民主党・土屋たかゆき都議の正論 »

コメント

まずは手始めに、NHKを中国共産党支配から脱却させなければ、なんともなりません。今、チャンネル桜の水島 総氏、草莽全国地方議員の会代表で東京都杉並区区議会議員の松浦芳子氏等が中心になって、NHKに抗議行動を実施されていますが、この機会を逃しては、NHKの浄化は考えられません。多くの方が支援され、成功裏に終わって欲しいものです。しかし、裁判でも偏向裁判官が横行していますから、どうなるのか気になるところです。時間はかかるでしょうが、まず、これを突破できれば、他のマスコミも右へ倣えでなんとかなり、シナの現状も今よりは正確に報道されるようになり、明るい方向へ進むようになると期待したい。

投稿: おっさん | 2009年7月31日 (金) 07時38分

1964年の起爆成功から1995年まで、中共はウイグルでの核実験を偏西風が弱まる時期を選んで45回行つて居ますね(東へ塵が届かないやう考慮して居る)。

ロプ・ノール湖周辺での実験はない、と言はれて居ますが、周辺200kmの範囲では核実験が行はれて居ました。その実験真最中な80年代、NHKは「シルクロード」のなかでロプ・ノール湖の取材を行つて居ますが、中共との合同によるヘリを利用した「空中」からの取材のみでした。

つまり取材班はロプ・ノール湖周辺には地上から入つて居ない、と言ふわけです。

これは中共の地上からのアクセスは危険であるとの判断で行はれたのだらうと想像できますが、これ、NHKも同様に認識して居なければおかしな話しになると思ひませんか?

未開のジャングルでもあるまいし、アクセス路は確保され時間をかければロプ・ノール湖があつたと言はれる場所までは到達できる。若しくはヘリで行つて砂漠に降りればよい。この干上がり消えた幻の湖の地上の「絵」を撮ることはマスゴミならば当然の行為であり、空中からのみの取材でよくもまあ溜飲を下げたものだ、と思ひますね。

「汚染が酷いから上空から」と認識して居なければ、到底小生は納得できませぬなあ。

それともう一つ。現在NHKは「シルクロード」の核汚染地域の取材を一切行つて居ませんね。安全と思はれる地域のみ。現在では暗黙のうちに汚染地域を忌避して居るのでは?と勘ぐりたくもなります。まさにまんまと中共のプロパガンダに利用された「シルクロード」であります。

いづれにしてもNHKはウソをついて居ると言ふことですね。

投稿: 葦原屋 | 2009年7月31日 (金) 12時39分

こんにちは。いつも拝読しております。
グータラ主婦の私めですが、都内で行われたラビア・カーディルさんの講演会へ行って参りました。ただしラビアさんは、やむなき事情で米国へとんぼ帰りされ、講演会はビデオ出演となりました。続いてご主人のシディック・ハジ・ロウジさんの講演もありました。
中共の自治区になるって、こういうことなんだなあ、と背筋が寒くなるようなお話ばかりでした。ぶちゃけた話「ウィグル人なんてどんだけ死んでもかまわない」というノリであらゆることが行われている。
「私達を見捨てないでください」という訴え、本当に切なかったです。日本が強くなること、助けにきてくれることを首を長くして待っている人たちもいるのだということを忘れないようにしなくては、と思いました。

投稿: きょうこ | 2009年7月31日 (金) 16時51分

【ギャンブルパンフ配布祭り】自民党の新しいパンフレット「政治はギャンブルじゃない~民主党の『お試し政権』に日本を任せられません」【拡散希望】


ブログ主さま、失礼いたします。
以下の件、このエントリーと関係ありませんが、コメント欄にお邪魔させて頂ければ幸いです(不都合な場合にはお手数ですが削除下さいませ)。

*****(以下は麻生自民党チャンネルより引用)*****
自民党から新しいパンフレットが発行されました。
★安全保障★教育★憲法・国家観
主要3テーマについて、民主党の危うさ・あいまいさを追求しています。

試しに民主党に賭けてみる?
と、ちょっとでも思っちゃったことがある方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

PDFのダウンロードはこちら→
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/pamphlet/index.html
そして!多くのみなさまから「パンフを配布したいのだけど、、」とのお問合せをいただきました。
そこで、もし、ボランティアでの配布をご希望いただけるのであれば、
自民党より100枚単位で配送させていただくことになりました。

タイトルに「ギャンブルパンフ希望」とご記入いただき、
郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号、希望枚数をご明記の上、
メールで media3@mail.jimin.jp  へお申し込みください
***********(引用は以上)***********

とのことです。なお、動画はhttp://www.nicovideo.jp/watch/1248067511にあります。
PDFを自分で印刷したものを配布することはできないそうですので、必ず自民党から配送されたものを配ってください、とのことです。
なお、こうして一般国民へ向けたパンフレット配布の呼びかけは、党として初の試みだそうです。
読者の皆様、☆パンフレット配布、☆この情報の拡散
ともにどうぞよろしくお願い致します。
ブログ主さま、お邪魔いたしました。

投稿: 自民党かってに応援団 | 2009年8月 1日 (土) 07時32分

おっさん様
>手始めに、NHKを中国共産党支配から脱却させなければ
大いに同感。JAPANデビュー裁判、なんとしても勝たねばなりませんね。まあ、今のままではNHKが犬HKから脱却できるとも思えず、放送法改正が必要です。

投稿: 練馬のんべ | 2009年8月 1日 (土) 08時28分

葦原屋さん
貴重な情報ありがとうございます。

>1964年の起爆成功から1995年まで、中共はウイグルでの
>核実験を偏西風が弱まる時期を選んで45回行つて居ますね
45回!すごい…

>その実験真最中な80年代、NHKは「シルクロード」のなかで
>ロプ・ノール湖の取材を行つて居ますが、中共との合同による
>ヘリを利用した「空中」からの取材のみでした。
そうでしたか。危険性は一切知らせず、自分たちだけ助かろうとは卑怯極まりない。番組で多くの日本人をシルクロードに誘(いざな)って被爆させたのだから、未必の故意による殺人犯とすら言えます。

>現在NHKは「シルクロード」の核汚染地域の取材を
>一切行つて居ませんね。安全と思はれる地域のみ。
卑怯なことは昔も今も変わらないのですね。

>いづれにしてもNHKはウソをついて居ると言ふことですね。
そうですね。許し難いなあ…

投稿: 練馬のんべ | 2009年8月 1日 (土) 08時36分

きょうこ様

>都内で行われたラビア・カーディルさんの講演会へ行って
お疲れ様でした!

>中共の自治区になるって、こういうことなんだなあ、と背筋が
>寒くなるようなお話ばかり…「ウィグル人なんてどんだけ
>死んでもかまわない」というノリであらゆることが
さすがは大虐殺の伝統を持つシナ、無茶苦茶や…

>「私達を見捨てないでください」という訴え、本当に切なかった
日本は断固応援すべきですね。

投稿: 練馬のんべ | 2009年8月 1日 (土) 08時43分

自民党かってに応援団さま
紹介ありがとうございました。

投稿: 練馬のんべ | 2009年8月 1日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45786663

この記事へのトラックバック一覧です: ウイグルの悲劇は他人事ではない:

» さらば独裁!第二のイラン革命に沈黙するオバマ外交 [米流時評]
   ||| さらば独裁!第二のイラン革命 |||  軍事独裁政治に訣別を告げる、第二のイラン革命とイスラム国家の民主化運動  炯眼ファリード・ザカリアが、オバマの中東外交に箴言「イランは傍観が一番」 イランでは、現行の政権に反対する抗議行動自体が 「違法=政府転覆を企てる謀反行為」と規定されてしまい 通りに出て声を上げれば、有無を言わさず即刻逮捕される。  グリーンのシャツやリストバンドを身につけているだけで  警察取締当局から「反逆者」の烙印が押され、投獄される  絵... [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 07時56分

« 神社で護国を祈ろう(続き) | トップページ | 民主党・土屋たかゆき都議の正論 »