« 教育出版「中学社会歴史」批判その1 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その5.戦争放棄) »

2009年6月15日 (月)

「正義」ほど怪しいものはない

英断か暴走か 「鳩の正義」どう見る 鳩山総務相辞任』(朝日)

朝日ルらしい嫌みな記事ですね。この「鳩の正義」ってなんですか。でも、のんべが今書こうとしているのもそのことなので、あまり朝日ルの悪口は言えません(苦笑)

今回の辞任劇、各マスコミの論調は概ね、鳩山氏の行動は正しい。西川社長は悪の権化。黒幕はアメリカの手先である小泉元首相と竹中元大臣。麻生首相は逆らえなかった。そんな感じでしょうか。保守派にもそういう意見を持った人は多いようです。

民営化後の郵政で行われていたことが「不正」なのかどうか、これも「不正」であるという意見が大勢を占めているようです。でも、例えば「かんぽの宿」払い下げ問題では、不良資産の切り離しというのも一理あるので、今の段階では「不正」と断言できないでしょう。ただ、不良資産という話なら、不良資産を作った当時の政治家、官僚、建築業者を徹底的に調べるべきものです。

障害者団体と名乗る連中が郵政と一緒になってやったことは逮捕者も出ている状況では、民営化の企業としては不正と言わざる得ません(一般企業で推定無罪原則はまず適用されません。逮捕されたら解雇が普通。冤罪なら、後で賠償請求できるでしょうが…)。でも、まだ社長が云々、という段階でもない。もう少しして議員までどうこう、という話にでもならない限り…

などなど、西川社長の立場に立つつもりはないのですが、鳩山氏が全面的に正しいと思うほどの材料もありません。

明らかなことは、麻生首相の攻撃にこの争いが使われていること。「正義」の鳩山氏を切った悪役麻生首相の構図です。

越後屋(西川社長)、お主も悪よのう…ふっふっふ、お代官様(麻生首相)だって…この鳩の紋所が目に入らぬか、ええい、お主らがいくら悪をなしても、国民様は見抜き見透しだぞ…

なんだか、そんなシナリオが感じられて、嫌だなあ…

正直なところ、「正義」ほどあてにならないものはないと思います。どんな戦争でも、常に「正義」と「正義」の戦い、負けた方が悪にされるだけです。「正義は必ず勝つ」は正しいんですよ、なんせ勝ったほうが「正義」ですから。

今回の「正義」の騒ぎはマスコミの餌食、面白可笑しく報道されました。一番トクをしたのは民主。

麻生首相の自民党が素晴らしいとは思いません。でも、鳩山代表率いる民主にくらべればまだまし。自民が選挙に負けて、「民社公」という政権、想像してみてください。まるでシナ朝鮮の傀儡政権。でも、その日は近そうですね。

志なき政治は哀しいけど、志あっても結果が悪い政治はもっと悪い。この「正義」がもたらした結果がこれです。うーん…

|

« 教育出版「中学社会歴史」批判その1 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その5.戦争放棄) »

コメント

障害者団体相手の割引ですが、べらぼうな割引を考えたら、いんちき抜きでも考え物ですよ。
単に日本郵便が儲け抜きでの慈善行為にふけるという事にとどまりません。余りに料金が安すぎるという事は、その経費はよその利用者が払う料金から捻出しなくてはならないのです。
要するに、日本郵便の「慈善」行為のために、よその利用者がとばっちりを受けるといっても過言ではありますまい。
いかに、元の理念が善意から生じたとしても、余りに条件が良すぎたならば、必ず、それを悪用、愚用する輩が存在してきます。
転送と言うサービスにしてもそうです。ただで、1年間も新しい住所に郵便物を送ってもらえるとしたら、誰もがのびた以上に怠惰にふけって、差出人に新住所を教える事を怠る事は必然です。
自分としては、不正そのものよりも、不正を誘引するようなサービスを野放しにしている時点で、社長は失格だと思います。

投稿: DUCE | 2009年6月16日 (火) 00時02分

鳩山前総務大臣が麻生総理が以前郵政民営化に反対だったことを知っており、郵政の民営化つぶしにかかったのだと思っていました。今でも郵政族が蠢くということは、いかに郵政民営化がやるべきことであったかを証明しています。障害者団体と名乗る人々のシステムの悪用は、関連していた人々の問題で、西川社長に責任を押し付けるのは異常です。むしろまだマスコミには出ませんが民主党の某議員あたりが悪の根源ではないでしょうか。

投稿: おっさん | 2009年6月16日 (火) 07時44分

じゃあ、あなたは何がいいの!? 今のままの官僚お手盛り自民党利用主義がいいの!? 民主主義国家ってのは、ある程度4年とか8年政権担ったら変えた方がいいんだよ! 何も一生民主党に政権任せる訳じゃないんだから! そんなにマゾ主義が良ければ自民党に投票なさい! あっ!! 今気がついた!! あなた利権があるんだ!!

投稿: 五郎丸 | 2009年6月16日 (火) 07時55分

五郎丸 様

今の自民党もあまり頼りにはなりませんが、民主党よりはましでしょう。民主党は、旧社会党、自民党から外れた方々、その他の寄せ集め。節操のない議員の溜まり場ですよ。今のマスコミを完全に手なずけ、というよりも、マスコミが北京に乗っ取られているのかもしれませんが、民主党に都合の悪いことは一切報道しません。小沢氏の第一秘書の逮捕でも、弁護に努めています。やり方は中国共産党の手法そのままです。一旦政権を取ったら、更に、司法から学校教育まで今以上に民主党の意のままに操られることは目に見えています。一度政権を取らせて見ようなどと甘い考えは止めたほうが良いと思います。
障害者に対する郵便料金の軽減策を悪用した裏には民主党の議員がいるという噂ですが、マスコミは殆ど報道しません。これが、自民党員だったらあることないこと、一大報道合戦になっていたことでしょう。

投稿: おっさん | 2009年6月16日 (火) 14時32分

DUCEさま
>自分としては、不正そのものよりも、不正を誘引するような
>サービスを野放しにしている時点で、社長は失格
それは大いに理のあるご意見。ただ、郵政時代からのものをすべて見直さないと社長の資格はなくなってしまうので、もう少し猶予が必要なのかな、と思っています。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月16日 (火) 19時12分

五郎丸さま
コメント有り難うございました。しかしながら、このような礼を失する仰り方に対して、正面からご返事を差し上げるべきとは思えません。民主党支持者の方は立場は違えどとても素晴らしい方々であろうと思っていましたが、まことに残念です。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月16日 (火) 20時09分

おっさん様
私は、西川社長を血祭りに上げるべき!とはとても思えないんですよ。社長がクビになればだいたいそれで終わり、その下に隠れてうまい汁を吸った連中が喜ぶだけです。十分そういう隠れた悪をあぶり出してから、必要があれば社長に責任を取って貰えばいい話でしょう。
PS.応援有り難うございました。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月16日 (火) 20時13分

私はそういうイデオロギーの話はわかりませんが、民主党は節操のない溜まり場ですか!? 確かにあなたが言うようにそういう方々もいらっしゃるのかもしれない。しかし自民党、社会党にも居なかった新しく議員になられている方もいるんですよ! 私はそういう方々に政権を託し、戦後60年の膿を取り除きたいだけです。
何処の国に政権交代のない民主主義国家がありますか?

それと、メディアが事実を報道しないのは政権与党、自公政権の事の方がはるかに多いと思います。
まあ、イデオロギーしか考えず国民の幸せは二の次の人達と議論を闘わせても、多分何も解決しないでしょう。
これで最後にします。

投稿: 五郎丸 | 2009年6月17日 (水) 00時38分

五郎丸さま
>民主党は節操のない溜まり場ですか!?
違いますか?例えば日教組反対の方々が、日教組の輿石氏の下にいます。節操のない溜まり場、と呼ばれても不思議ではないのでは。

>あなたが言うようにそういう方々もいらっしゃる…
>自民党、社会党にも居なかった新しく議員になられている方も
>いるんですよ!私はそういう方々に政権を託し、戦後60年の
>膿を取り除きたいだけです。
そういうことならお気持ちはよく分かります。ですが、代表は「日本列島は日本人のものではない」と仰せの方、代表代行は古い自民の最悪な面を持ったオザワ氏、日教組そのものの輿石氏、プロ市民出身の菅氏…志ある議員が、その下で志を実現できるのでしょうか。
長島氏が海賊問題で国会で素晴らしい提案をしたこと、中井氏が拉致問題で素晴らしい案をまとめたこと、よく覚えています。しかし、それは結局民主の中で潰されました。

>何処の国に政権交代のない民主主義国家がありますか
それはその通りですね。やや左で腐った自民も嫌ですが、極左イデオロギーに支配された民主に政権担当能力があるとは思えません。民主の中で極左連中を切られて、若い人たちの政党になったら期待できるのですが…
現在、多くの消極的自民支持者は、自民はどうしょうもないけど、民主は危険すぎる、どちらかといえば自民がまし、という人が多いのでは。
本当は、自民と民主の志ある議員が国を救うために新しい政党を作ってくれれば、それが一番なのですが…

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月17日 (水) 07時29分

練馬のんべ様


おっさん様に書いたつもりのコメントに答えていただきありがとうございます。
『おっさん様へ』と入れるの忘れてました。すみません。

投稿: 五郎丸 | 2009年6月17日 (水) 10時33分

五郎丸 様

練馬のんべ様が答えてくださっていますが、私がお答えするとしても、全く同じような回答になったと思います。

練馬のんべ 様 

ありがとうございました。

投稿: おっさん | 2009年6月17日 (水) 20時19分

五郎丸さま、おっさん様
ご丁寧にありがとうございました。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月17日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45351931

この記事へのトラックバック一覧です: 「正義」ほど怪しいものはない:

« 教育出版「中学社会歴史」批判その1 | トップページ | 日本国憲法を読んでみよう(その5.戦争放棄) »