« 日本国憲法を読んでみよう(その4.国民主権) | トップページ | 「正義」ほど怪しいものはない »

2009年6月14日 (日)

教育出版「中学社会歴史」批判その1

以前、山川の高校教科書「詳説日本史」を批判したことがありましたが、うちの子供が中学になったので中学の歴史教科書、教育出版「中学社会歴史 未来をみつめて」を調べはじめました。

酷いですねえ。子供がこれを真面目に信じたらたまらないので、自由社「新しい歴史教科書」も買ってきて、比較説明してます。みなさんにもネタとして笑って頂ければ、と思いますので晒しものにしてみたいと思います(笑)

今回は内容以前。表紙と見開き扉、グラビアを見ます。(写真はクリックで拡大、拡大時に切れたときは、右クリックで保存してjpgを開けばOK)

Mokuji まず確認ですが、これは日本史の教科書。目次を見るとやたら「○○(時代区分)の日本と世界」ですが、あくまでも日本史であり、日本史と関係する部分で世界が出てくる、というものです。

Hyousi さて表紙を見ましょう。なんですか、これ。時代も地域も世界中がごちゃごちゃ、ばらばら。醜悪としか感じられないけど…あと、自由の女神のとなりのツインビルっていうと、なんとなく911を思い出しますし、それで富士山を覆い隠すって…

Mikaesi_tobira 見開き扉。東アジアの世界遺産だそうで…しつこいようですが、日本史の教科書。東アジア史教科書ではありません。
昌徳宮の説明にはさらっと「秀吉による朝鮮侵略」があるし。さらに、地図を見ると、台湾は中共の一部、これは酷い。

Heiwa 次のページ、平和。平和の大切さは言うまでもないことだけど、日本史の教科書のグラビアで最初に出すべきものでしょうか。しかも、チェチェン紛争など、日本史の教科書のグラビアとしてふさわしいとも思えませんが…

本文に入る前に、もう嫌になってきました。先が思いやられます(苦笑)

|

« 日本国憲法を読んでみよう(その4.国民主権) | トップページ | 「正義」ほど怪しいものはない »

コメント

やっぱりそうですか… 私も甥っ子が中学生なので、どんな勉強をしているのか気になっていたところです。今度甥っ子の歴史教科書を読んでみることにします。

投稿: さとし | 2009年6月14日 (日) 16時12分

さとし様
ぜひ読んでください。
WAC社激論ムック「世界を愛した日本」にその特集がありますので、それを読むのもおすすめです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月14日 (日) 18時15分

これが日本史の教科書ですか?
ビックリしました。

中国を「中共」とさらりと表記されている、すばらしい。

つづきを楽しみにしております。

投稿: mikkun | 2009年6月15日 (月) 14時39分

mikkun様
驚きますよね。こんな教科書で教わる子供達はかわいそう…

>つづきを楽しみにしております。
ありがとうございます。のんびり連載するつもりです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月15日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/45333947

この記事へのトラックバック一覧です: 教育出版「中学社会歴史」批判その1:

» 藤川ゆり 画像 [藤川ゆり 画像]
藤川ゆり市議は先月、スペイン紙「20ミヌートス」ウェブ版で開催された「世界で最も美しい女性政治家」を選ぶネット投票で・・・ [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 17時32分

« 日本国憲法を読んでみよう(その4.国民主権) | トップページ | 「正義」ほど怪しいものはない »