« さくらさくら | トップページ | さくらさくら…ミサイル(怒) »

2009年4月 5日 (日)

「博士の独り言」さんは攻撃に屈しない

Hakusi また「博士の独り言」さんが攻撃を受けているようです

博士さん曰く『以前から、消去依頼等、ブログと筆者を叩き潰そうとするさまざまな妨害について一部を報告してまいりました。一瞬先に何が起こり得るのか、その予測は困難です。しかし、屈することは無い。前へ、前へと進むのみです。』

博士さんや読者のみなさまにとって、攻撃自体は迷惑なことです。でも、騒ぎになれば、結局博士さんのブログをパワーアップさせています。攻撃をする連中、そんなこともまだわからないとは、まことに懲りない人たちですねえ。

犯人が誰かと言えば、批判されている連中に決まってます。博士さんが常日頃強烈に批判している相手は、特亜三国(南北朝鮮+中共)、変態毎日・アサヒるを始めとした反日マスコミ、そうか孔明、民主、ヤマタクカトーなどの反日勢力全般、やりそうな連中ばかり。犯人が私をしてそう思わしめたのであり、文句はどうか犯人へ(笑)

この卑怯な攻撃で、読者のみなさまだけでない多くの方々に、「こいつらが犯人だよな、卑怯な奴らだ」と思わせた効果は絶大。攻撃は博士さんにも迷惑千万な話です。でも、その何倍も反日勢力みなに対してブーメラン効果が発揮されていています。犯人を嗤ってさしあげましょう。

|

« さくらさくら | トップページ | さくらさくら…ミサイル(怒) »

コメント

 誤報の責任を早速、政府や内閣になすり付ける報道がでている。
<時事新報電子版より引用開始>
 「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射されたもよう」-。4日午後零時16分、政府は一斉に情報をメディアや各自治体に発信した。そのわずか5分後に情報は誤りと判明。首相官邸は大混乱に陥った。政府は北朝鮮の弾道ミサイル発射に万全の態勢で臨もうと準備を整えていたが、逆に大失態を演じてしまった。
 北朝鮮が弾道ミサイルとみられる「人工衛星」を打ち上げるとした通告期間初日の4日午前10時、北朝鮮の朝鮮中央通信が間もなく人工衛星を打ち上げると報道。官邸内に緊張感が高まる中、発射情報が出た。
 麻生太郎首相は直ちに首相公邸から官邸に移動し、記者団の取材に応じる形で国民へのメッセージを発信しようとした。その直前、「誤探知」が判明。首相は官邸内の執務室にこもった。原因は調査中だが、政府関係者は「防衛省の探知ミスではないか」と指摘する。
 北朝鮮のミサイルが発射された場合、首相は即時にメッセージを出すとともに、河村建夫官房長官も随時記者会見をして、事態の推移や今後の対応などを発表する予定だった。政府は危機管理対応に万全を尽くそうと努力してきたが、国民の安全にかかわる最重要情報で誤報が出ては、国民の政府への信頼は揺らぎかねず、麻生政権にとっても打撃は大きい。 (了)
<引用終わり>
何を云っているんだか、誤報の原因がはっきりしないのに、早々と政府の失態と決め付けて「麻生政権にとっても打撃は大きい」と結ぶのは、中端、慣用句の様になって居る。

 初め「既に発射された」との報告だったから、確かに拍子抜けの感は有ったが、是は監視者から、様々なデータから「発射された」と判断されたから報告されたモノだろう、結果、誤報になった原因は、現場の空気成分の変化を検知する複数の監視衛星のセンシングが過敏に働いた、或いは、朝鮮側にフェイク情況を創り出された可能性もあるワケで、一概に、誰が悪いとかは云えないのではないだろうか、「防衛省の探知ミスではないか」と言った政府「関係者」の名前を明かにして貰いたいモノだ、防衛省だけが探知をやっているワケではないのは明かだろう。

 亦は「誤探知」と云うが、燃料に遣われているUDMHと触媒の赤煙硝酸の点火反応は安定して居るからと言って、射出するための初期点火に失敗した可能性だってゼロではない、他にも、天候の具合とか、機器の故障の可能性とかも考えた上で失態を断じるべきだろう。

 其処を斟酌せず、政府の不備だけをワアワア騒ぎ立てているのは、寧ろ、朝鮮側の「もうすぐ発射する」と言うアナウンスにマスコミが振り回されていたと言うだけの事だろう、こっちのザマの方がよっぽど見苦しい、日頃、売国報道ばっかりやって、偶にしかマトモな事をやらないから、不測な事態が起こっても禄な対応ができず、取り敢えず政府の責任にした、と言うような記事だ(嗤)。

 まぁ、明日も飛ばない、明後日も飛ばないと言う時になって、初めてあれこれと疑うべきではないのか、向こうだって、それなりの面子を賭けてやっているわけですから、撃ち上げには慎重になるでしょう、万全の状態で飛ばしたいに決まっている。

 マスゴミは、政府を叩く、自衛隊を叩くことしか考えて居ないのかと、国民に疑われて居る事にも少しは気着いて、その左巻を少しは治すよう努力したらドゥなのかと思った次第、まぁ、「権力を批判するのがマスコミの役目」ナンテ、未だ主張できる立ち位置に自分達が居ると言う検証もできていないザマは、正に小学生の壁新聞にも劣る。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年4月 5日 (日) 07時44分

おはようございます。TBありがとうございます。

正論で勝てないから陰湿な手で潰そうとするんですね。
日本人のメンタリティではないですから博士には充分にお気をつけていただきたいです。

投稿: coto matoca | 2009年4月 5日 (日) 09時35分

ナポレオン・ソロさま
なかなか笑える反応ですね。
「麻生政権への打撃は大きい」
を、正しい日本語に翻訳すれば
「これでなんとか麻生政権を叩くネタにしてやれ」
くらいですかね(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年4月 5日 (日) 17時25分

coto matocaさん
そう、ブログ攻撃だけならいいけど、身辺には十分に気をつけて欲しいですね。

投稿: 練馬のんべ | 2009年4月 5日 (日) 17時45分

カルト宗教創価系企業セコムが警備会社をやれば必ず咳の誘発電磁波盗撮盗聴嫌がらせが起こる 公共の機関各家庭で懸念される 注意が必要である

投稿: 創価セコム | 2009年4月15日 (水) 16時19分

創価セコムさま
真偽は知りませんがありそうな話ですねえ…

投稿: 練馬のんべ | 2009年4月15日 (水) 20時14分

あんな捏造ブログに心酔してる貴方がかわいそうでなりません。偏らず、様々な広い視野を持って歴史を学んでから、強い右翼になってくれることを望みます。

投稿: へいか | 2009年6月10日 (水) 02時42分

へいか様
残念ながら私は右翼ではなく、ごく普通の庶民でございます。博士さん応援の記事を書くと、それだけで右翼ですか、そうですか(笑)
様々な視野で歴史を学んで、って、ずいぶんいわゆる「上から目線」でいらっしゃること。さぞかし様々な視野で歴史を勉強なさったのでしょう。それなら、多くの日本人が特アの視点で歴史を学ばされたこと、まさかご存じないはずもありませんよね(笑)
博士さんの記事を捏造と決めつけるのは、よほど素晴らしい証拠をもっていらっしゃるのでしょう。まさか誹謗中傷のために、のんべブログにわざわざコメントなさるほどお暇な方がいらっしゃるとも思えませんので。

投稿: 練馬のんべ | 2009年6月10日 (水) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/44565891

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士の独り言」さんは攻撃に屈しない:

« さくらさくら | トップページ | さくらさくら…ミサイル(怒) »