« 女性天皇「容認」とは不敬千万 | トップページ | 酒が不味くなる判決 »

2009年3月24日 (火)

WBC日本優勝ばんざい!

2009toppix_105_2侍ジャパン、見事な優勝でした。日本ばんざーい。

韓国も見事でした。今日の試合、負けても全く不思議ではなく、勝ったのは運でしょう。

でも、9試合中5試合韓国って、罰ゲームみたいでしたね。次回は1試合か、せいぜい2試合にしてほしいものです。

追伸:こういう韓国マスコミ、どうしょうもありませんねえ…日本のマスコミといい勝負です…

|

« 女性天皇「容認」とは不敬千万 | トップページ | 酒が不味くなる判決 »

コメント

 灯理姉御がおちょくり塾に、どこからか転載したのを拝借してきました。
<パクリ開始>
原文(スパニッシュ)
Bendigo WBC la victoria recta de Jap?n que derrot? dos veces sinceramente nuestra Cuba.
Nuestra Cuba se derrot? en un preliminar, pero es derrota que es derrotado por el equipo mejor del mundo.
Estoy orgulloso que fui derrotado por el Jap?n mejor de mundo.
Felicitaciones en un amigo eterno, los ciudadanos japoneses sinceramente.                       
         Fidel Castro

(日本語訳)
我がキューバを2度も破った日本国のWBC連覇を心から祝福する。
我がキューバは予選で敗退したが、世界一のチームに負けての敗退だ。
世界一の日本に負けたことを誇りに思う。
永遠の友、日本国民の皆様心からおめでとう。
                           
      フィデル・カストロ
<パクリ終了>
 是くらい出来る度量がなけりゃ、神様を微笑ませる事は出来ないですよね。

 それにしても、緊張感のある美しい試合だった。

 変な負け惜しみと旗をマウンドに立てる様な未開人の様な真似をしなけりゃ、もっと好いのですがね。

 今回の大会は、アメリカ大陸勢の調整不足と、チーム力の低さが投手力や守備力に出ていた様に感じた、それと、審判の???な判定が多かった事、特に球審、あれじゃあ、コントロールに不安のあるピッチャーは大崩しますよ、と投手経験20年の小生は思いました。

 ダカラ、結局、投手力、守備力の有るアジアのチームが勝ち上がったのだと思いました。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年3月24日 (火) 22時38分

ナポレオン・ソロさま

やっぱり異常なのはどっかの国だけみたいですね。★厳選!韓国情報★さんのコメントから拾ってみます。

★ 韓国
今回も韓国は試合方式の犠牲になって優勝できなかった。
日本は試合方式の恩恵を最大限受けて、運良く、優勝した。
こんなデタラメな試合方式はおかしいし納得できない。
また、恥知らずで卑怯な日本のラフプレーの被害を受けた。

★ 中国
日本に4点差で負けたのは、正直うれしい。中国の野球もここまでレベルが上がってきた。
「イチローは日本の姚明だ!(姚明はNBAの選手)」
と中国マスコミが表現したら 大半の中国人が激怒!
「イチローを姚明に例えるのはイチローに失礼すぎる!」
書き込みには、
「Ichiroは、米国の安打記録を82年ぶりに更新した選手。ゴールデン・グラブ賞を連続8年受賞。バスケットボールの優秀選手とは違い、ファンではなく、専門家が選んだもの。姚明とは、米国野球界での実績が違う」
「姚明の成績は、イチローに比べれば、はるかに劣る」
「姚明の名を持ち出して、イチローを侮辱するな」
などの声が寄せられた。
「姚明の方が偉大」などとする意見はみられない。中国では反日感情も根強いが、世界的な実績をあげる日本人選手には称賛の声を惜しまないスポーツファンが多い

★ アメリカ
日本は攻めも守りも素晴らしい、いいチームだった。

★キューバ(ナポレオン・ソロさんのコメント参照)

* カストロは大の親日家 カストロの親友のマラドーナも大の親日家 2002W杯招致合戦のときマラドーナは韓国に招かれたとき、「W杯は当然、日本でやるべき」と発言した為、韓国全土から「帰れ!」と罵られほうほうの体で帰国、「もうあんな変な国には2度と行かない!」と発言。
しかし、なぜか、その後、ご難続きだったマラドーナの人生が急激に上向くという奇現象が起きた。

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月24日 (火) 23時17分

練馬のんべさん

コメントを有り難うございます。

しかし、さすが鮮人ですね、期待を裏切ってくれません。 千年の属国の伝統と歴史に裏付けされた「負け犬精神」には。 これぞ「属国精神」。

投稿: parkmount | 2009年3月24日 (火) 23時45分

parkmountさま
韓国の選手があれだけ素晴らしいプレーをしたのに、そしてリミンパク大統領も「優勝以上に価値ある準優勝」と大いに褒めているのに、台無しにした韓国の監督とマスコミ、韓国のためにとても残念なことです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月25日 (水) 17時40分

うーん、強姦酷はむごいですなぁ。死那ですら、日本の勝利に敬意を評していると言うのに、こんな国は2度とスポーツの場には出ないでもらいたいです。

投稿: DUCE | 2009年3月25日 (水) 19時14分

DUCEさま
韓国代表の選手諸氏は可哀想ですね。こんなに見事な活躍しても、日本に負ければバッシング…

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月25日 (水) 19時25分

韓国の反応は大方予想されたことだし、気違いの戯言として気にすまいと思ったのですが、やはり気分が悪くエントリーをたてて、懲りもせずTBをお送りしてしまいました。もう一杯のんで厄払いです。

投稿: 三四郎 | 2009年3月25日 (水) 21時51分

三四郎さん
まあ、あやつらの反応は笑うしかないわけで、ネタでも考えながら酒の肴にしちゃいましょ(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月26日 (木) 07時50分

みなさんは「嬉しい!」という感情が先立っているようですが、
私はむしろ「ホッとした」という感情が先です。
もちろん、嬉しいには嬉しいのですが…。
だって、仮に韓国が勝ったとして、どれだけ日韓双方から
韓国のホルホルニュースを見させられる事か。
考えただけで胃もたれがします。
もちろん、巨大(になるだろう)犬極旗がドジャースタジアムに
刺されるのは間違いなし。これを防いだだけでも
本当によかったです。

そういえば、イチロー選手が感極まったシーンがありましたね。
そこで「イチローvs一郎」の新作を。

男泣きがカッコいいのがイチロー。
男泣きがみっともないのが一郎。

投稿: ハーグ竹島 | 2009年3月26日 (木) 09時40分

ハーグ竹島さま
そうですね。もし韓国が勝っていたとして、韓国国内でホルホルするのは勝手にしてくれればいいですけど、それを日本のマスコミまで調子に乗るのは勘弁です。まあ、勝って一安心。もう韓国戦は勘弁ですね。

その新バージョン、実に上手いですねえ(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月26日 (木) 21時23分

 結局ね、オリンピックから野球が消えて終った現在、今度のWBCでの、優秀以外のモゥ一つの課題は、「どや? 野球ってこんなに面白いんやで」と次の世代に示せる試合をして、バトンを渡せるかドゥかだった様に思う。

 侍ジャパンは見事に其れを成し遂げた、韓国との間で繰り広げた美しい試合で、野球世界の耳目を茲まで集めたのは立派と言う他はない、野球にドラマが有ることを、其れがドゥ云うシチュエーションで顕れるのかを具に示して見せたから、野球を全く知らない曽までが、胃や胸を痛くしながらも、TVのスイッチを消せないで居たのでしょう。

 人々を魅了するエンターティメントとしても、十二分に評価されても好い、其れが証拠にドジャースタジアムを埋め尽くした5万数千人の観衆さえ、深夜11時になろうかとする試合終了時間まで、席を立つモノは少なかった。

 なのに、その重要な敵方を努めた韓国です、あの戦いで偶々敗者となった似すぎない韓国です、それなのに、母国の世論の論評が、自他チームの善戦を称えることよりも、マズは、相手の誹謗中傷であった事が、痛く残念でならない、勝ち負けもそうだが、スポーツが朝鮮族のカタルシスダケの為にあるのなら、以後、国際大会への出場は自主的に制限して貰いたい気持ちだ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年3月26日 (木) 22時31分

ナポレオン・ソロさま
>母国の世論の論評が、自他チームの善戦を称えることよりも、
>マズは、相手の誹謗中傷であった事が、痛く残念
まことに。

>スポーツが朝鮮族のカタルシスダケの為にあるのなら、
>以後、国際大会への出場は自主的に制限して貰いたい
そうですね。もう少し世界常識を身につけてほしい、と韓国のために思います。

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月26日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/44454591

この記事へのトラックバック一覧です: WBC日本優勝ばんざい!:

» 連覇! [三四郎の日々]
WBC決勝戦にして「因縁の」日韓戦は延長10回、5-3で日本の勝利となった(読売電子版)。スポーツネタが続くのは俺としては珍しいことだが、これは取り上げないわけにはいかん。 >野球の世界一を争う第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝が行われ、日本は、北京五輪金メダルの韓国を延長十回5―3で制し、2006年大会に続く連覇を果た 正直、勝因を分析できるほど野球に詳しいわけではないが、今大会不振だったイチローが最も大事な... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 22時34分

» 日本の一分(109) ー 祝 World Baseball Classic 優勝 (Revised) [何となくドライブ・バイ 覗き見]
祝 World Baseball Classic 優勝 当エントリの内容を変更致しました。 WBC優勝決定戦8回表以降の写真集です。 オマケを追加しました。 Part 1 Part 2 [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 23時46分

» WBC2009総括ーそして、ヤマトには必ず再び陽が昇る [八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)]
日本のWBC2連覇が決まった。宿敵・韓国を下しての勝利である。この試合をずっと観ていた日本人なら、10回表のイチローの打席に、“神”が訪れていたことを確信したはずだ。先発の岩隈久志はよくやった。5回裏のレフト・内川聖一の二塁へのスーパープレーには、日本中で歓喜の拍手が沸いたのではないか。内川は、村田修一の戦線離脱後に、優勝したら25番のユニフォームを持ってグラウンドを回りたいと言っていたという。どこまでも、“いい男”である。7回表の片岡易之、イチロー、中島裕之の3連打で2点目を入れた時は、...... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 15時42分

» やはりそうきた韓国メディア [三四郎の日々]
WBCで日本が優勝したからには必ず、韓国メディアは何かしら負け惜しみなりいちゃもんなりつけてくるとは思っていたが、きっちり「正しい反応」をしてきたようだ(産経電子版)。中島の守備やイチローの会見態度を「非紳士的」だの「ダーティー」だのと言い募り、勝者としての日本を貶めることに躍起となっている。 >25日付の「中央日報」はWBCの特集ページで、「勝利したがマナーで負けたダーティーサムライ」との見出しで日本チームを批判した >同紙は日本について、「韓国との決勝戦で非紳... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 21時48分

« 女性天皇「容認」とは不敬千万 | トップページ | 酒が不味くなる判決 »