« マスゴミの お陀仏の日は 日本晴れ(笑) | トップページ | 毎度おなじみの逆切れ(笑) »

2009年3月 6日 (金)

「返せばいいでしょ」は許し難い

二階氏側も聴取へ 西松に838万パー券 東京地検特捜部、規制法違反容疑』(産経)

西松建設疑惑はオザワンだけでとどまらず、多くの方の予想通り自民の二階氏にも飛び火しましたか。まことに結構なことです。(見出しの「規制法」は原文ママですが、もちろん「規正法」です)

それにしても、許し難いのがこれ。

『二階氏は同日行われた二階派の総会で、全額返還することを明らかにしている。』

もちろんオザワン側も同じ。

日経より引用)『鳩山由紀夫幹事長…「早く返した方がいい。小沢代表は(資金提供側の問題性を)知らなかったと思うが、知った以上、返すべきだ」と述べた。小沢氏は違法性が確定すれば返却する考えを示している…』

こういう事件が発覚するたびに「悪いお金だと知らなかった、返せばいいでしょ」という論法が横行するのはなんとかならないでしょうか。

何百万、何千万というお金を貰う以上、そのお金がどんなお金なのか、貰う方に責任がないはずがありません。知らなかったではなく、知ろうとしなかったですらなく、知らないことにしておいた、でしょ。「重過失」というより「故意」です。

こんな連中がえらそうにしている日本。情けない。教育上もまことによろしくない。万引きがみつかったら「返せばいいでしょ」と居直るガキを大人は叱れなくなるのはもちろんです。それどころか、人を殺して「ポアはその人のため」と無茶苦茶を言うカルト宗教にすら反論できなくなりかねません。

|

« マスゴミの お陀仏の日は 日本晴れ(笑) | トップページ | 毎度おなじみの逆切れ(笑) »

コメント

 呆れたモノだ、此奴らは国家の立法府を構成する国会議員にあって、法律の何たるかさえ知らないと公言しているに等しい、

 違法な金を貰って措いて、「知らなかった」は未だあり得る話として、反則した責任は「返せば消える」モノではない事は、小学生でも判る常識だ。

 何を「知らなかった」かに拠って、その反則の度合いが決まるだけで、法に背いた責任は消えないのは当たり前のことだ、しかも、彼らは法治国家の根幹たる三権に関わる選良と言う立場にある、故に、年間五千万円にも及ぶ高額な活動費や特典を国民から与えられているのではないか。

 而るに権力者とは、世に数多ある利権に統御できる立場にあり、それに纏わって金を私し易い立場にあるモノを云うのではナイのか、ダカラ勿論、其れは厳しく規制されている、今回その規制に違背した事をやったから罪に問われている本人が、「権力の濫用だ、権力者の陰謀だ」とは、言葉が無い。

 何処の大学を出ているのかシランが、こんな小学生並の常識さえ身に付いて居ないザマでは、社会人として失格者と云われても仕方がない。

 即刻、議員バッジを返上すべきである。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年3月 6日 (金) 08時43分

返せばいいでは、大抵の犯罪はお咎めなしになってしまいます。万引きでも、そんな事を言って、罪を逃れる輩がいますが、ばれずに済んだならば、口をぬぐって知らん顔。そんなのでは盗られたほうはたまった物ではありません。

投稿: DUCE | 2009年3月 6日 (金) 19時20分

ナポレオン・ソロさま

>こんな小学生並の常識さえ身に付いて居ないザマでは、
>社会人として失格者と云われても仕方がない。
>即刻、議員バッジを返上すべきである。
仰せの通りですね。

議員は国民のレベルを超えられません。こんな連中を選んでいる我々日本国民は、よほど民度が低いのでしょう。日本人の一人として恥ずかしい限り。

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月 7日 (土) 07時01分

DUCEさま
>返せばいいでは、大抵の犯罪はお咎めなしに
そうそう。犯罪は現状回復不可能な殺人などだけになります。(本文の例は不適切でした…)

>盗られたほうはたまった物ではありません。
盗り得なんて世の中にしてはなりません。オザワンも2Fも、牢獄にぶち込むべきです。

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月 7日 (土) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/44257881

この記事へのトラックバック一覧です: 「返せばいいでしょ」は許し難い:

» 「事実は小説よりも奇なり」作家フォーサイスが遭遇したクーデタ [米流時評]
  ||| 戦争の犬、フレデリック・フォーサイス |||  スパイ小説の大御所、フレデリック・フォーサイスが遭遇した本物のクーデタ  アフリカ西岸のギニアビサウ共和国で、反乱軍のヴィエイラ大統領暗殺を目撃 事実は小説よりも奇なりと言うが、今回のエントリーは、希代のスパイ小説の大家が執筆取材中の旅先で起きたクーデターを図らずも目撃した、という話。その作家とは『ジャッカルの日』でデビューして以来、押しも押されぬスパイ小説の権威となったフレデリック・フォーサイスである。 フォーサイス... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 08時40分

« マスゴミの お陀仏の日は 日本晴れ(笑) | トップページ | 毎度おなじみの逆切れ(笑) »