« 変態毎日、アサヒって敗訴確定 | トップページ | 女性天皇「容認」とは不敬千万 »

2009年3月22日 (日)

パートナー探しは謙虚な心から

理想の相手求め…「料理合コン」人気/婚活ブーム、互いに家事能力アピール』(神奈川新聞)

男性が料理をするなど、昔から男子厨房に入るべからず。のんべですか?もちろん、一切しません…いえ、ここまでアサヒリです。のんべだって簡単な酒の肴、麺類、丼物、鍋物くらいならなんとか。

こういう「婚活」もいいんじゃないですか。出会いの機会は多い方がいい。

ただ、この記事困ったもんですね。相手が料理ができてトーゼン、なんて思ってはいけません。偉そうに「今どき男性が料理をしないのはダサイ」ですか、そんなこと言っていると嫁の貰い手はありませんぜ、「料理の下手な女はダメだ」なんていうのもダサイでしょ。女性だって親元で暮らしていたら、料理する機会などなかなかなくても不思議ではありません。結婚してから少しずつ覚えればいいだけの話です。

女性が「いいひとがいれば結婚したい」というのをよく聞きます。往々にして、既婚男性がいい人に見えて、あの人が独身ならよかったのに、なんて言い出すわけです。

あほちゃうか、と思いますね。「いい人」なんて滅多にいません。既婚男性がいい人に見えたとすれば、それはたいていは奥さんが家庭という名の「いい人養成ギブス」で旦那さんを育てたんですよ。素敵なミセスも同じこと。結婚すればお互いを育て合えるもんです。

もちろん、お互い謙虚に相手の良さを認め合える関係でないと難しいでしょう。相手には要求するばかりの、自分だけが偉いという困ったちゃん、そんなDQNと結婚したらちょっと辛いかも…

「婚活」が流行するのは結構なこと。でも、「婚活」を始める前にまずは自分の心を磨きましょう。そうすれば、素敵なパートナーがすぐに見つかることでしょう。

以下は和食好きな頑固オヤジのんべの独り言。

結婚前に料理できないのは不思議でも何でもない、と言いましたが、女性はおふくろの味、その家の和食をお母さんから教わっておくのは大切なことです。ご立派な料理はどうにでもなるけど、お母さんの味は他では教われません。母から娘に相伝されるものです。

料理合コンで、「ミンチミートのサルサソース」なんて舌を噛みそうなメニューですか。合コンならそれでもいいけど、それじゃあ友達以上に進むのは難しいのでは。「婚活」という以上「見合い」でしょ、日本人なんだから和食を一緒に作ったらどうですかね。

当然、出汁をたくさん引くのが最初。魚を三枚に下ろすのが難しいなら、切り身を使ったっていいですよ。肉じゃがくらいは作りましょう。おしゃれっぽい料理より普段着の料理が、ずっとおしゃれだと思いますよ。和食は(カツ丼なんかは別にして)いちいちヘルシーと言うまでもない料理ですし。

|

« 変態毎日、アサヒって敗訴確定 | トップページ | 女性天皇「容認」とは不敬千万 »

コメント

 私も船乗りの端くれですから、炊事・洗濯・針仕事、ベッドメィキングからアイロン掛けまで一通り出来ます、オマケに全く苦にならない、但し、後かたづけや整理整頓は大の苦手、是でもメシの種はエンジニアなんですがね。

 女の子でも、料理が苦手と言う拠り、片づけが苦手だと云う子が多くいる、要は他人のモノを洗ったりするのが嫌なんでしょう、潔癖性の一種かと、昔から、料理好きの掃除下手とは云うが、そう言う人は、洗濯・掃除も苦手に決まっている、他人が使ったモノ、否、触れたモノでさえ触れないのでは、そうなっても致し方ないでしょう。

 生き物は生きている限り、代謝・排泄しますから、生きている=汚いのは当たり前なんです、況や、大勢の若い人、就中男が共同生活を始めたら、殆ど侵略者同士の様な関係になる、臭い、汚い、片づけない、文句を言うと逆ギレするわ、揚げ足を取るわ、って、私のことですがね(笑)。

 ダカラ、43になるまで結婚できなかったのかも知れませんが〔嗤)、先ず、結婚に至らないのは、潜在的に「結婚したくない」ベクトルを態度に生み出す心が在るからでしょう、例えば、上記の潔癖性なら、先ず、無理して結婚しない方が宜しい、その人以外に不幸な人を一人増やすだけです、子供が出来たらその子も同じ目に。

 家庭を持って子供を育てるのに、両親揃って仲良い方が良いに決まっています、亦、その為には、お互いに我慢も必要ですが、「症」が付くのなら病気でしょう、病気なら治せる筈ですが、治す気もないのでは、一番病んでいるのは、利己的な心根の方でしょう。

 

投稿: ナポレオン・ソロ | 2009年3月23日 (月) 17時03分

ナポレオン・ソロさま

>結婚に至らないのは、潜在的に「結婚したくない」ベクトルを
>態度に生み出す心が在るからでしょう
なるほど、その通りでしょうね。

>一番病んでいるのは、利己的な心根の方でしょう
そうそう。その心根を自ら正さない限り結婚は難しい。ただ、素晴らしいパートナーを迎えることができれば、結婚後にその心根が治ることもありますが、見合い制度の崩れた今では難しいかなあ…

投稿: 練馬のんべ | 2009年3月23日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/44426368

この記事へのトラックバック一覧です: パートナー探しは謙虚な心から:

» 「今どき男性が料理をしないのはダサイ、得意料理の一つも無いと」 ”婚活”ブームの中で料理合コンが人気 [情報と意見交換の場]
働く機会の増加で男性との出会いが減ったことなどを理由に、独身女性の間で”婚活”がブームだ。就職活動の”就活”になぞらえた、結婚相手を探す活動。結婚相手紹介サービス会社などの調査では、二十代後半女性の八割近くが結婚に危機感を抱いているという。理想の男性像はさまざまあるが、男女が互いに家事能力をアピールする「料理教室合コン」に出向き、婚活の現場をのぞいてみた。... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 16時51分

» 婚活はじめませんか? [婚活はじめませんか?]
婚活はじめませんか? [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 07時47分

« 変態毎日、アサヒって敗訴確定 | トップページ | 女性天皇「容認」とは不敬千万 »