« 希望を持って元気を出そう! | トップページ | 東京十社めぐり最終回 日枝神社 »

2009年2月 2日 (月)

戦争はもういい加減にしてくれ…

のんべのぼやきです。

米流時評さんにいつもTB頂いていますが(大感謝!)、最近はイスラエルによるガザ住民虐殺の話題が多いですね。非戦闘員を執拗に攻撃するイスラエル…いい加減にしてほしいです。ガザ住民、女子供を平気で盾にするハマス…自ら盾になったらどうでしょう。イスラエルとハマスの両方から攻撃を受けるガザの住民は救われません。

戦争で幸せになる人はいません。負けたら悲惨だし、勝っても空しいだけ。人命という代償、悲しみという成果。戦争はなんとしても避けるべきです。他に手が一切ない、という状況に追い込まれての最後の最後の手段にすべきなのでしょう。

靖国神社の末社に、「元宮」と「鎮霊社」があります。元宮は明治維新のさきがけとなって斃れた志士の御霊(みたま)を祀った祠。鎮霊社は本殿に祀られなかった御霊と、全世界の戦没者の御霊を慰めるための祠です。

Yasukuni_chinreisha 本日、鎮霊社(写真)にて、ガザ戦争、その他で戦没なさった方々のご冥福を祈ってきました。(ガザ戦争の戦没者は未合祀でしょうが、のんべは心の中で合祀…)

鎮霊社は小さな祠。いくら御霊に空間的広がりはないとはいえ、戦没者の数はすさまじい数なので、さすがに狭いでしょう。これ以上狭い祠に御霊を増やしてはなりません。

戦争を避けるためには、好戦的な国(どことはいいません)にその気にさせないことが大切。好戦的な国は議論ではなく力しか信じないから、日本は自衛隊を強化するしかありません。

憲法9条は、好戦的な国をその気にさせてしまいます。逆説的ですが、憲法9条は異様なほど好戦的な条文です。9条守れ、と言う人たちは、よほどの脳天気か、戦争大好きなのか、はたまた、人類の知恵がよほど進んだ未来から来た人か…いずれにせよ、のんべの理解を遙かに超えた途方もなく凄い人たちなのでしょう。のんべは平和が一番と思う、常識的な判断しかできない庶民に過ぎませんから、日本の平和を守る自衛隊を強化すべきと思うし、自衛隊員に敬意を表します。

余談。一神教に起因する戦争は軍事力では抑止できない面もあります。日本の神々は、世界中のどの神も仏も歓迎します。世界の人々も、自分の信じる神が一番でいいから、他の神々は自分の信じる神の化身、くらいに思ってくれないかなあ…のんべの儚い思い、それこそお花畑ですが…

余談の余談。戦前の国家神道は、天照皇大神一神教風な面もありました。天照大神様もさぞや迷惑していたことでしょう。

|

« 希望を持って元気を出そう! | トップページ | 東京十社めぐり最終回 日枝神社 »

コメント

好戦的な国って…台湾以外、全部じゃないですか。アメリカを含めて(爆)。

「憲法第9条は好戦的条文であり、その信奉者は戦争大好き人間」。
けだし名言であります。今後、サヨク退治に是非
使わせていただきたいと思います。

投稿: ハーグ竹島 | 2009年2月 3日 (火) 23時47分

ハーグ竹島さま
>好戦的な国って…台湾以外、全部じゃないですか。アメリカを含め
それは国家機密…(笑)

>>「憲法第9条は好戦的条文…信奉者は戦争大好き人間」
>けだし名言であります。
お褒め頂き恐縮です。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 4日 (水) 00時02分

一神教は正しい物はひとつだと考えているから争いが絶えないんですよね。

我が家は明治神宮のカレンダーを使っており、毎月御製や御歌が一句掲げられているのですが、今月は昭憲皇太后の御歌

はらからの したしきなかの あらそひは 時の間にこそ わすれてけれ

でございます。
仲の良い兄弟のけんかは時が経てば忘れてしまう、というのは一神教兄弟には通用しないのでしょうか。GODさん、ちょっと八百万の仲間に入ってみない?と言いたくなりますよね。そんなお花畑なら大賛成です。

(以前のコメント等からお気づきかもしれませんが、のんべさんがいらした神社のマイナーな方は私の生家の隣です。)

投稿: milesta | 2009年2月 4日 (水) 10時15分

milestaさま
>一神教は正しい物はひとつだと考えているから争いが絶えない
まさに。「正義」って嫌ですね。

>昭憲皇太后の御歌
いいですねえ。ほっとします。

>GODさん、ちょっと八百万の仲間に入ってみない?
ははは。ぜひそう願いたいですね。

>神社のマイナーな方は私の生家の隣
はい。久しぶりに参拝した日に、ドンピシャのタイミングでTB頂いてびっくり、スサノオさまに感謝した次第です。

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月 4日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43938550

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争はもういい加減にしてくれ…:

» 『ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座 宗教紛争はなぜ終わらないのか』 井沢 元彦 [本からの贈り物]
ユダヤ・キリスト・イスラム集中講座 宗教紛争はなぜ終わらないのか井沢 元彦 (2004/11/20)徳間書店この商品の詳細を見る オーストラリアに来て... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 09時08分

» 半島危機再び、金の一声で南北統一から一転 戦争へ? [米流時評]
    ||| 狼少年・金の戦争原理主義 |||  北朝鮮の金正日主席、韓国との統一化路線を破棄「戦争への傾斜」を宣言  深まる李明博政権との亀裂、オバマ新政権の東アジア外交政策への牽制か 今回の威嚇発言の伏線は、昨年10月にすでに表面化しており、その当時でさえ韓国ではミサイルによる先制攻撃を、北は核の使用を、と南北双方が敵意を公けにむき出しにして、威嚇合戦を展開していた事態だった。どうも、イランのアフマディネジャド大統領にしろ、北の金正日主席にしろ、「核」というジョーカーを外交の切り... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 12時38分

« 希望を持って元気を出そう! | トップページ | 東京十社めぐり最終回 日枝神社 »