« 国籍法「改正」の戦いはこれから | トップページ | 悪魔の法案群との戦いはこれから »

2008年12月 5日 (金)

国籍法改悪の法務委員会で消された発言

例の法務委員会、消された音声を復元してようつべにアップなさった方(大感謝!)がいます。コメント欄にテキスト起こしなさっていたので、コピペしておきます。

それにしても酷いものです。賛成派は、理事会で決まったのだから委員会では議論してはいけない、と。これでは委員会の意味は全くありません。まさに、議会の自殺、民主主義の崩壊です。

賛成派というのは言論封殺を目的とした連中ということがはっきりしました。このペースで。二重国籍の容認、外国人参政権法案の審議再開(店ざらしされているけど審議中です)、人権「擁護」法案の復活などを行ってくるでしょう。

粘り強く反対運動を続けましょう。また、賛成派を次回の選挙でたたき落としましょう。

澤委員長  「別にご意見も無いようですから・・・」
丸山議員  「委員長、自民党の丸山ですが・・・・」
千葉議員  「ちょっと」
賛成派議員 「理事会で決まってんでしょ」
丸山議員  「ダメですか?」
千葉議員  「座れ!」
事務方   「速記止めましょう」
澤委員長  「速記止めてください!」
丸山議員  「周知徹底されるような付帯決議を・・・」
賛成派議員 「自民党どうするんですか!国対委員長!国対で話し合ったでしょ !」
賛成派議員 「理事会で決まってるでしょ!国対委員長!委員長しっかりしなさいよ!」
澤委員長  「別にご意見も無いようですから・・・」
反対派議員 「何言ってるんですか?休憩休憩(休廷?)!」
澤委員長  「これより採決に・・・」
反対派議員 「本人(丸山議員?)の意思と違うじゃないか?」
反対派議員 「なんだこれは!」
澤委員長  「全会一致で可決・・・」

|

« 国籍法「改正」の戦いはこれから | トップページ | 悪魔の法案群との戦いはこれから »

コメント

練馬のんべさんへ
即効・民主党本部へ怒りの電話!!
民主党員のDNA鑑定をやれぇ~!!と
何処の「国民の生活が第一」か
よぉ~く判りました!!・・と!!
絶対、貴方方の好きな選挙に票も金もやらない!!

千葉議員:秘書・しどろもどろ!FAX殺到と悲鳴
「先生がご乱心のようだが、この法案の責任者
として、小さな出来事も報告するから、責任を
持って回避、解決する事を肝に銘じて下さい」
言論封殺は立派な犯罪だ!!人として絶対許さない・・」と悔しいが、闘志も倍増。

投稿: 憂国子 | 2008年12月 5日 (金) 12時21分

 日本の立法府は司法府と同じで機能することを止めた様ですね。

 議論を封じる、それも、速記を=責任在る発言を封じると言う手を遣うわけだから明かな確信犯でしょう。

 こんな人達に議員をやらせて措いては、日本は1年も保たないでしょう。

 唯、民主党の議員だけナノかと云えば、然に非ずでしょう、議員リストからノミネートして欲しい、少なくとも、沢、千葉は賛成推進=恣意を丸出しにした工作員、丸山議員は常識派、と言うことは判ったワケですが、他の「何も抵抗しなかった」連中も、賛成と同罪でしょうから。

 選挙前に大々的にそれぞれの選挙区で、ネガティブキャンペーンを展開しましょう。

 否、唯、事実を公開すればよいダケか、「国籍法改悪を黙認した=日本国侵略に手を貸した内応者」とね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年12月 5日 (金) 15時01分

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
しかもまあ、かくも改悪反対の議員を抑止するやからがいたとはけしからんです。

投稿: DUCE | 2008年12月 5日 (金) 17時10分

憂国子さま
あれが放送されては、普通の神経を持った人なら「とさか」に来ますよね。火を付けてくれて有り難い限り(怒)

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月 5日 (金) 23時04分

ナポレオン・ソロさま
まず山谷議員が法務委員会から追い出されたわけで、残った丸山議員が言論封殺。あとの連中は…この怒り、どうやってぶつけますかね。合法的範囲内でいろんな方策を考え中、フフフ…

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月 5日 (金) 23時06分

DUCEさま
笑わせてくれました。化けの皮をはがした丸山議員、GJ!

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月 5日 (金) 23時08分

今般の許されざる国籍改悪法案。
我々国民には、打つべき有効な一手が残されております。

それが、最高裁判事への「弾劾裁判の訴追請求」です。

詳細は、以下のRAMさんブログに記載されております。

http://ram-at-yahoo.iza.ne.jp/blog/entry/817834/

訴追請求のテンプレートも記載されております。
以下は、有志の方がPDF形式で作成されたもの。

http://www.geocities.jp/toto_bunko_iza/library/sotsui081202.pdf

~以下、引用~
これを、「リンク先のファイルを別名でダウンロード」するか、
URLをコピーして新規ウィンドウで開いてください。
そのまま出力して、住所氏名を記入されれば、使えます。
~引用終わり~

尚、配達証明にて送付すること、
認め印でも良いので、捺印が望ましいとのことです。

打てる限りの手を尽くしましょう!
我々は、
未だ、自由に情報を取得できる。
未だ、自由に情報を共有できる。
未だ、自由に働きかけることができる。

望ましくない現状ならば、
望ましい未来へと変えるのみです!

投稿: ハマ | 2008年12月 7日 (日) 20時05分

ハマさま
そうですね。ことさまのTBで拝見し、PDFを印刷して確認しましたが、大いに有効な手と思います。
なあに、まだ第一ラウンドが終わったばかり、これから。
残念ながらこの第一ラウンドは反日連中の速攻目くらましに敗戦となりましたが、国民の底力を確認できたことは実に大きな成果、これからが楽しみですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月 7日 (日) 20時28分

のんべさん!
★すみません憂国子=SUSANです。
TIBET支援者の私だから
日本の危機が理解なんです。
HAMAさんの件・貼る・ノートさんも
扱って下さいましたね。皆様FTBの事
も、法王にチベタン医師を通じ連絡済
先日の来日時に!感謝しております。

★平沼議員より【法務省】のペテン
連絡ありました。次期に私の地元より
平沼有志出馬で愛国議員を増やすよ!

投稿: 憂国子=SUSAN | 2008年12月 7日 (日) 20時59分

憂国子=SUSANさま
チベット(台湾、東トルキスタン、南モンゴルを含め)を応援することが日本の将来を明るくすること、と思います。フリチベの旗は断固振り続けます。FTBが法王猊下に伝わったとはまことに光栄です。
悪魔の法案群との戦いは、これからが本番ですね。頑張りましょう。

>私の地元より平沼有志出馬で愛国議員を増やすよ
大いに期待しています。

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月 7日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43324179

この記事へのトラックバック一覧です: 国籍法改悪の法務委員会で消された発言:

» おかしな裁判官にはお仕置きを! [貼る・ノート2]
改正国籍法(改悪法)成立 ああ”~もう だめだ~                                                                                                                                                                                                                                    ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 6日 (土) 19時25分

» 国籍法改悪に思う [三四郎の日々]
「日本人」の父親が認知さえすれば何ら科学的な鑑定なしに外国人の母親を持つ子供が日本国籍を取得できてしまう― 悪い冗談のような悪法が参院本会議で可決成立してしまった。日本の将来を考えると誠に痛恨の極みというしかない(関連拙記事:「国籍法改悪に反対する」)。 事前に一般マスコミが取り上げる場面も少なかった故に、多くの日本国民がこの改悪の内容を知らないようだ。偽装認知は明白な犯罪であるばかりか、以後詐取した国籍を利用した二次犯罪を生む温床となる。「子供」は幼子ばかりではない。悪意を持った大人もまた「... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 00時22分

» 日本の一分(69) ー 世界最凶の文民統制  [何となくドライブ・バイ 覗き見]
世界最凶の文民統制 [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 12時58分

» ヤンキードゥードル(45)ー The Race for the Strategic Bomber [何となくドライブ・バイ 覗き見]
The Race for the Strategic Bomber From the 1915 German Zeppelin Airship to the US B2 Spirit (the world's most formidable strategic bomber); a race has ensued to develop the full potential of a weapon which revolutionised warfare with its ability to rea... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 12時59分

» 現代日本観察講(61)ー 人権擁護法も外国人参政権も必要ない [何となくドライブ・バイ 覗き見]
日本に人権擁護法も外国人参政権も必要ない。   (2008-09-09) 八鹿高校事件 部落解放同盟 (官僚に対する)文民統制 内閣法制局 大田誠一 中川秀直    ※ 10、14、17ページ参照、 若しくは下記検索欄使用のこと 民主党政策INDEX2008 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 13時01分

» 中共の木馬(35)ー 中国は日本を併呑(併合)する [何となくドライブ・バイ 覗き見]
中国は日本を併呑(併合)する   (2008-04-04) 平松茂雄 太平洋から包囲される台湾 中国共産党「日本解放第二期工作要綱」(B) [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 13時03分

» やまとごころ(7)ー 大日本帝国海軍 五省 [何となくドライブ・バイ 覗き見]
五省(ごせい)とは、旧大日本帝国海軍の士官養成機関であった広島県江田島の海軍兵学 校において、生徒がその日の行いを反省するために自らへ発していた5つの問い掛けのこ と。考案者は当時兵学校校長であった松下元(まつした・はじめ)少将。大東亜戦争の敵 国であった米海軍では高く評価されている。現在でも、海上自衛隊第1術科学校及び海上 自衛隊幹部候補生学校の学生たちが、旧海軍時代の伝統を受け継ぎ、兵学校時代と変わら ぬスタイルで、毎晩自習終了時刻の5分前になると、五省の唱和により自分を顧みて、日 々の修養に励... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 13時05分

» 生残り犯人が自白、11万5千円で請負ったムンバイテロ [米流時評]
    ||| 第4章 インド公安当局の致命的失態 ||| 9時間もかかった治安出動、公安当局の致命的失態を認め自治相以下3名辞任 犯人はカシミールのラシュカレタイバ戦士養成キャンプで、1年以上攻撃訓練 前号 「第3章 ムンバイテロ首謀者はラシュカレタイバの幹部2人」からの続き インド・ムンバイ発 |ムンバイ警察よりも充全の武装態勢で奇襲し、公安組織よりも統制の取れた作戦行動でテロを完遂したのは、わずか10人の若いテロリストだった。この事実に対してインドの治安体制の致命的欠陥に世論の... [続きを読む]

受信: 2008年12月 7日 (日) 20時23分

« 国籍法「改正」の戦いはこれから | トップページ | 悪魔の法案群との戦いはこれから »