« 素粒子は朝日ル新聞ビッグバンの素? | トップページ | 【転載歓迎】「08憲章」が中国を変える!―『開放』編集長・金鐘氏 »

2008年12月14日 (日)

日韓通貨スワップって何だろう?

合意文書要旨=日中韓首脳会談』(時事通信)

ウォン安対策、韓国に2.8兆円融通 日本政府方針、通貨危機防止』(日経)

日中韓首脳会談が終わりました。あんまり三カ国で話し合うのがいいことだとは思えないんですけどねえ…中韓は、近くて遠い国のままにしておくのが無難でしょう。まあ、尖閣諸島の立場をはっきり中共に言ったことは良かったかも。竹島問題も言ってくれれば良かったのですけどね。

ところで、日韓通貨スワップ枠拡大について、賛否両論が乱れ飛んでいます。のんべはいいとか悪いとか言う以前に、通貨スワップとは何か、よくわかりません。

通貨スワップとは、文字通りで言えば自国通貨と別の通貨を交換することでしょう。ウォンを日本が預かって円を融通することなのでしょう。スワップ満期時には、スワップ実施時での円+円建の利息と、ウォン+ウォン建の利息との交換になるのでしょうね。

韓国は例えば1兆円融通してもらい、11億ドルに替えて為替市場に介入する力を持つ、ということですか。円でドルを買うわけですから、ドル買いの介入効果で、円高も防げる。そう考えればそんなに悪いことでもないような気もします。

もちろん、満期時にちゃんと円を返してもらえる、という前提付きなので、その時点では円を用意しなければならない。ウォンを売って円を買うことになるから、ウォンに対する円高が進行することになります。韓国にとってそれがいいのか?

また、日本にとっては「満期を延ばしてくれ」という申し入れを延々と繰り返されているうちに韓国の国家破産が発生するリスクも高く、大丈夫なのかよ?という気もします。

以上、素人考えに過ぎないのですが、今回の問題はまことにわかりにくい。麻生政権が支持率落ちているのは、わかりにくいことばかりで、マスコミの恣意的報道を許してしまっていることも大きいと思っています。もちろん、国籍法改悪などで、保守派が残念がっていることも大きいのですが…

なんだかようわからん記事ですいません。

|

« 素粒子は朝日ル新聞ビッグバンの素? | トップページ | 【転載歓迎】「08憲章」が中国を変える!―『開放』編集長・金鐘氏 »

コメント

単純に韓国に貸して助けてやるってわけじゃないみたいなので、その点は良かったと思います。あと、韓国と取引してる日本企業も結構多いので韓国が破綻するにしてもいきなり破綻されては、多くの企業が被害を被るから、というようなこともあるとか。まあ、自分はさっぱりわかってないのですが・・・。
物事はいろいろ絡み合っているのでしょうし、一面だけを見て単純に善い悪いとは言えないってことなんでしょうねぇ。本当はそういうことをマスコミが説明してくれればいいんですけどね。

投稿: abedai | 2008年12月14日 (日) 14時12分

abedaiさま
そう、韓国に破綻されては多少なりとも迷惑を被るので、日本が迷惑しない程度で個別支援するのは仕方ないでしょうね。

>一面だけを見て単純に善い悪いとは言えない…
>そういうことをマスコミが説明してくれればいい
大いに賛成。でも、マスコミは一面だけを見るどころか無理な見方を誇張捏造して報道するから許し難いですね

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月14日 (日) 15時31分

スワップは韓銀に円売りドル買い介入をさせる孔明の罠だそうですよ。

こちらが詳しいです。

Let's Blow! 毒吐き@てっく: 麻生・中川の深謀遠慮
http://tech.heteml.jp/2008/12/post_1225.html#more

投稿: 帝國人 | 2008年12月14日 (日) 18時41分

帝國人さま
紹介ありがとうございます。てっくさんの意見の通りかも知れませんね。正直、ようわかりません。

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月14日 (日) 18時58分

 以下、三四郎さん処に書いたモノですが、ご参考まで、間違っているところが有れば、指摘願います。

 結局、日韓通貨スワップ枠は、日銀総裁の判断で、30億ドルから200億ドルに拡げられたそうだ。
以下、新世紀のビッグブラザーの三橋氏の解説を引用させて貰った。
>円-ウォン貨のスワップ取極の引出限度額を、30億米ドル相当の円またはウォンから200億米ドル相当の円またはウォンに増額することについて、韓国銀行と合意した
 と言う記事に該当するワケだ。

 事実を確認するに、日本円と韓国ウォンの直接的な為替市場は存在せず、為替レートはドル経由で決定されます。

 韓国銀行が対日本円でウォンの価値を高めたい場合、円ではなくドルでウォンを購入するしかありません。しかも、頑張って対ドルでウォンの価値を上げたとしても、日本円が対ドルで上昇を続けると(まさに、今の状況ですが)、ウォンは対円で価値を落とし続けることになります。

 韓国銀行は現在、喉から手が出るほど「ドル」が欲しい状況だと思いますが、日本からのドルスワップ増額は認められませんでした。

 この情況から、どんな事態が予想されるか、と云えば、現在の日韓間の貿易収支は
・ 日本への輸出  : 242億ドル
・ 日本からの輸入 : 531億ドル
・ 対日貿易赤字  : 289億ドル 
 と、対日貿易赤字が日本経に輸出額を47億ドルも上回った情況です、この情況で対ドルについての防衛策に拘っていれば、ウォンの対円レートはドンドン下落し、対日赤字はドンドン膨らんで行く事になるでしょう、早晩輸入代金が払えない事態になるのは見えてきます、するとサスガの日本企業も輸出を控えるでしょう、つまり、日本から資本財が入ってこなくなる、為替レートの問題ですから、例えば、辛うじて堅調さを保っている分野、造船などの分野へも著しく波及します、製造原価が暴騰した挙げ句、入ってこなくなる事態になるワケですから、操業は中止するしかない。

 そうしない為には、>韓国銀行がスワップで入手した円を金融市場に供給し、円の流動性を確保してくれれば、日本の輸出企業はきちんと支払を受けることができます(三橋氏)
が、ドルを円で買うしかない事態になったら、つまり、ウォン-ドルスワップ枠を使い切った場合、問題が、一体どちらを優先すれば善いのかと云うワケではなく、両方を併存させなくては、韓国の破綻は避けられないワケです。

 亦、円―ウォンスワップの期限がFRBのドルスワップと同じく2009年4月末までの時限措置となっている。と言う点も重要であると指摘しています。
 
是は、>スワップの時限措置が終了し、韓国がドルや円を日米が保有するウォンと交換する精算が始まると、それまでの状況がどうであろうと、一気にウォン安が加速する可能性が高いです。日米の輸出企業の担当者が「四月末」や「精算時、ウォン安が加速する可能性が高い」、そして「日銀やFRBは期限延長について何の発表もしていない」事を考慮すれば、両方のスワップ期限が同じである事が重要な意味を持つ。
つまり、4月以降、韓国の経済破綻を防止する手だては少なくとも日米側の民間には、事実上無くなってしまう事を意味します。

米国の場合も同じ事が云えますが、これは、韓国に深入りしている日本企業に与えられた撤退への猶予期間と見做す事もできるでしょう、日本企業は来年の4月迄には撤退を終了する、本年度の決算である3月で、引き揚げを終了して於け、と言う行政側からのサインであると解釈できるのではないか。

結果として云えるのは、韓国政府が日米双方から、有期限・有限額のスワップ枠と言う形で、破綻を具体的に呈示された事になってしまっていると言う見方が出来る、と言うことです。

しかも、韓国政府はこれらの措置の不備な点、つまり、4月末を向けて、破綻の時限爆弾がカウントダゥンを刻み始めた点についてのヘッジとして、シナにもスワップを申し込んで、此方は向こう3年の期限を許容されていますが、現在の韓国は共産シナに対して相当な負債額を背負っている事を考えれば、シナへの依存度を益々大きくする事になります、加えて日米の資本引き上げが意味する処は、韓国の処分・引取をシナに任せると、米国が判断したと考えれば、腑に落ちます。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年12月17日 (水) 18時22分

ナポレオン・ソロさま
>韓国の処分・引取をシナに任せると、米国が判断したと
>考えれば、腑に落ちます。
うん、賛成。日本もアメリカ側ってわけで。
のんべは外交問題は全くの素人ですが、南朝鮮はシナの手に落ちるとすれば、日本はなんとしても北朝鮮を落とさないといけない。金正日はいまさら無理でしょうから、金正男君をこちら側に引き寄せて権力の座につける策(もちろん拉致被害者を奪還する前提)を考えるべきと思ってます。なおこの考え、ブログ本文に書くことは当面ないでしょうが…

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月17日 (水) 20時38分

>のんべ様
>>日本はなんとしても北朝鮮を落とさないといけない
 仰りたい事は判りますが、既に朝鮮の独立主権は共産シナに蝕まれて、傀儡と化して居ると予想されます、金正日の取り巻きで、金正日以上に芯に成れる人は先ず居ないと考えるべきですからですが、元々、金正日が「飾り物」だったとすれば、話は全く別なんですがね。

 日本は半島国家と縁を切るべきです、創価学会の例、統一協会、オウム真理教の例、朝鮮総連の例を看ても判りますように、半島の団体が日本に及ぼす悪影響は測り知れません、日本国民がソレを認識するまでに日本人は、取り込まれて終っている。

 麻原彰晃や文鮮明、池田大作名誉会長を支持しているのは、日本人信者だと言うことを忘れてはイケマセン。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年12月18日 (木) 05時52分

ナポレオン・ソロさま
はい、まさに仰せの通りなんですけど…半島が完全にシナに抑えられると日本は非常に苦しい。正日後に正男君をこちら側のシンパにしておき、表面上は敵対のままでいいけど実質的には…と思うわけです…

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月18日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43415558

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓通貨スワップって何だろう?:

« 素粒子は朝日ル新聞ビッグバンの素? | トップページ | 【転載歓迎】「08憲章」が中国を変える!―『開放』編集長・金鐘氏 »