« 悪魔の法案群との戦いはこれから | トップページ | お伊勢参り »

2008年12月 8日 (月)

水間通信コピペ

コピペですいませんが、水間氏のご意見、ぜひご覧ください。

のんべは明日~明後日ネットに接続できませんので、記事作成やコメント返信は木曜日以降になります、ご了承下さい。

<その1>

■社会正義は我々にあり (水間政憲)

明日(8日)チャンネル桜にて、今後の対策を述べます。
業務妨害などと言っている議員は、国会議員の資格などないでしょう。

【国籍法改正案】に欠陥があり、「偽装認知」の防止策がないことを、FAXかメール以外で認識していた国会議員がいたら、名乗り出てもらいたいですね。国家主権に関わる重要法案を、国民からのFAXで指摘されるまで知らなかった国会議員は、「恥を知れ」と言ってあげたいですね。

警察関係者も、今回の「国籍法改悪」には、頭を悩ましています。

現在、中国人偽装残留孤児が万単位でいるとの情報もあります。代議士は多くの国民の要請を、国会で立法化するのが仕事です。今回の悪法を支持している国民が、どれほどいたのでしょう。

『重国籍』問題は現行法の運用を厳しくする必要があります。

今後、【DNA鑑定】の義務化を求め、『請願法』に基づいて麻生総理(総理官邸)に手紙で出しましょう。また、国民の真摯な要請にたいして頓珍漢なことを言っている国会議員には、何故「国籍法改悪」なのか、基礎的な解説をしてあげて下さい。

【重国籍】を阻止する第一弾は、各選挙区選出議員が、「賛成」か「反対」なのかを文書で確認して、ネット上に明らかにして下さい。自由に広めて下さい。

<その2>

【GHQ洗脳】解毒本 (水間政憲)

現在の日本は、GHQ占領下の言論検閲と同等の検閲が実施されていることを、「今回の件」で皆さんも実体験したことでしょう。それを、周知徹底するには、自分自身が「洗脳」されていたことに気付いて頂けなければなりません。それが出来れば、「反日法案」問題にも耳を傾けてもらえるでしょう。

その「洗脳解毒本」に打ってつけなのは、南京戦当時の一次資料を中心にした検証で、「南京大虐殺」が捏造だったことを明らかにした【南京の実相】《国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった》(日本の前途と歴史教育を考える議員の会・監修[中山成彬会長]日新報道、\1.600)です。

この中には、当時の朝日新聞社が発行した写真帳の写真が15枚転載され、朝日新聞の記事もそのまま読めるようになっています。

圧巻なのは、国際連盟理事会の議事録の原文全文(英語)と翻訳文が掲載されていることです。その資料だけで「南京大虐殺」は虚構と理解できます。

推薦文は、平沼赳夫衆院議員、島村宜伸自民党代議士会会長、中川昭一財務大臣。「まえがき」を中山成彬衆院議員が執筆しています。

朝日新聞にとって、田母神論文以上の問題にしても、よさそうな内容ですが、まったく触れる気配がありません。それは、朝日新聞が【南京の実相】を問題にして話題になると、戦後の朝日新聞が如何に捏造報道してきたか、白日の下に晒されるからなのです。

この【南京の実相】は、田母神空幕長が更迭された11月1日に発行されています。

今回の「国籍法改悪」問題で覚醒された方々は、お互いに知らない同志の結束の証しとして、【南京の実相】を座右の書として一冊御手元に置いて下さい。

仮に、100万人が【南京の実相】を手にすることになったら、朝日新聞は購読者を減らし赤字額が巨大になることでしょう。

中国は、【南京の実相】の動向を見ているはずです。

また、米国務長官にヒラリー・クリントンが来月就任しますが、アイリス・チャンをホワイトハウスに招いのがヒラリーだったのです。

この【南京の実相】は、英文・和文併記書ですので、外国に仕事や留学で行かれる方は、歴史論争の御守りとして携行することを御勧めします。

【南京の実相】は、紀伊國屋やジュンク堂など大手書店以外扱っていませんので、ネットで購入すると便利です。

皆さん、一息付いて「ネチっこく、しつこく」、淡々と勝利へ向かって歩みましょう。過去と未来の日本人のために。

ネットだけ自由に広げて下さい。

|

« 悪魔の法案群との戦いはこれから | トップページ | お伊勢参り »

コメント

のんべさん、こんばんは。
子育てサイトでも、国籍法スレ何度か立ってる
のですがどうも、主婦サイトなんで集団ヒステ
リーみたくなってしまうんですよね。
私は冷静に書き込んでほしいって思うのですけ
ど。
集団ヒステリーは知らない人が見たなら引かれ
ますから。
べ○ッセみたいな、思想規制が貼られてるような
ところは擁護派が多いです。
2ちゃんはキライなのであまり見てませんけど。

今日、近所のおまわりさんとお話しました。
「国籍法が改正されて、偽造認知の不安もあり、
中国人犯罪をとても 心配してます。
長野聖火リレーでは集団暴行を日本人がされた
のに 報道されなければ、暴行した人も捕まえ
なかったですよね、おまわりさんはどう
思いますか?」
と。
「本当、あれは異常だったね、警備上の問題
ですが、○○市で何か中国人から威圧的な態度
を取られたら110番してください。
この裏のコンビニも経営者が中国人なんだよ。
中国人、来過ぎだよね」
と言ってました。

あぁ、おまわりさんもこれから、お仕事増えてしま
うのがお分かりのようです。
私も請願書送ります~。

あっ私のブログにのんべさんのブログをリンクさせ
て頂きました。
不都合があれば言ってください。

投稿: ぴよぴよ | 2008年12月 9日 (火) 22時05分

家族が一番 管理人様、はじめまして麻生太郎といいます。(もちろん本物ではありません。)当方、国籍法などの改悪に対しては団結する必要があると思い、同じような考えを持つ方を対象としたメールマガジンを配信しようと思っています。そこで読者を増やすために、ブログなどでリンクしてもらえる人を探すために、ひとまず国籍法に反対されている方を対象にこのように連絡をしております。詳しくはここに書くと長くなりますので、もしご興味持って頂けたらこちらまで(asoutarou13@gmail.com)無料のメールアドレスで空メールを頂けないでしょうか。よろしくお願いします。(@は大文字にしていますので小文字にして下さい。)

投稿: 麻生太郎 | 2008年12月10日 (水) 02時29分

ぴよぴよさま
出かけており(次の記事)コメント返信遅れごめんなさい。
>おまわりさんもこれから、お仕事増えてしまうのがお分かり
分かってないのは選良たる議員ばかり…情けない…

>私のブログにのんべさんのブログをリンク
それは嬉しい。のんべブログにもぴよぴよさんのリンク貼りたいと思います。

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月11日 (木) 13時38分

麻生太郎さま
それはすばらしい、メールしました。

投稿: 練馬のんべ | 2008年12月11日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43360882

この記事へのトラックバック一覧です: 水間通信コピペ:

» 現代日本観察講(62)ー 天下りを斬る [何となくドライブ・バイ 覗き見]
天下りを斬る   (2008-10-18) 官僚制と不決断の危険性 [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 23時02分

» ヤンキードゥードル(49)ー Vlogazine@NY [何となくドライブ・バイ 覗き見]
Vlogazine@NY (2007-01-31) (2007-01-31) [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 23時04分

» 国民が成立している地帯に侵略はなかった [練馬区大泉学園・もんじゃ屋「わらべ」のつぶやき]
BFONTFONT size=+3 color=#ff0000 「端的に言えば、『国民が成立している地帯に侵略はなかった』ということがいえる。ペリー来航以来、尊王攘夷運動から出発した明治維新の目的はあくまでも外敵から日本地域をまもるためのみのもので、それ以外の、人民の権利を確立したり、しようとするような社会革命を目的としたものなどではなかった。それら、『それ以外のもの』は、明治維新が成立したあと、国民..... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 14時52分

» 号外! ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果 [米流時評]
 ||| ウォール街にニューニューディール効果 ||| オバマの「New ニューディール」再建計画発表で、米国経済も再生へ転換か? 注入金よりも長期的抜本計画が効果的、公共インフラ再建案でウォール街復活へ 米国時間 2008年12月8日午後5時40分 ニューヨーク発 | 米国時間で8日月曜、ニューヨーク株式市場は先週の金曜から2日連続で高値を記録した。ウォール街の楽観的値動きは、バラク・オバマ次期大統領が先週後半に発表した大規模な公共事業計画に対して見込まれる需要喚起を予測したものであ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 23時47分

» 現代日本観察講(63)ー どこまで落ちる日本国民のレベル...!! [何となくドライブ・バイ 覗き見]
本日、12月8日は旧日本海軍空母機動部隊が1941年の同日未明(日本時間)、ハワイ・オアフ島の真珠湾攻撃を行ない、対米宣戦布告により大東亜戦争(太平洋戦争)に突入した日です。戦争の是非は別にして、当時の日本国民と我らが現代日本人を比較して、真っ先に感じることは、如何に現代人が哺乳類から軟体類に、突然変異とも云えるほどの、急激な退化をしたかということです。 そればかりか、その中でも最も退化の顕著なサンプルが、国会内を走り回っていると云う、お寒い現状です。 今は初冬で寒くて当然ですが、年がら年中寒けりゃ... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 13時33分

» 号外! ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果 [米流時評]
  ||| ウォール街に「ニュー・ニューディール」効果 ||| オバマの「New ニューディール」再建計画発表で、米国経済も再生へ転換か? 注入金よりも長期的抜本計画が効果的、公共インフラ再建案でウォール街復活へ 米国時間 2008年12月8日午後5時40分 ニューヨーク発 | 米国時間で8日月曜、ニューヨーク株式市場は先週の金曜から2日連続で高値を記録した。ウォール街の楽観的値動きは、バラク・オバマ次期大統領が先週後半に発表した大規模な公共事業計画に対して見込まれる需要喚起を予測した... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 18時37分

« 悪魔の法案群との戦いはこれから | トップページ | お伊勢参り »