« プチ断食中(笑) | トップページ | 東京十社めぐりその5 白山神社 »

2008年11月 1日 (土)

航空幕僚長の論文、ぜひご一読を

航空幕僚長を更迭…論文で「わが国が侵略国家は濡れ衣」』(読売)

花岡先生のメルマガでこのニュースを拝見し、論文(こちら)を読んでみました。(念のため保存/日本語英語

一読驚嘆。短い論文の中で、大東亜戦争までの日本が「侵略国家」などと言われるのがとんでもない濡れ衣であり、自虐史観からの脱却が日本に絶対必要であること、見事に論証なさっています。

花岡先生のご意見に大いに同感しましたので、感想を書く代わりに引用します。

『麻生首相は「立場が立場だから適切ではない」と述べたが、おそらく、この論文を読めば、100%賛同するはずである。

 過去の植民地支配と侵略について「深い反省」を示した村山談話と相違しているのは確かだ。政府当局者としては、見解の不一致をつつかれることにはなる。まして、国会は不穏な情勢だ。野党に格好の攻撃材料を与えてしまうことにもなる。

 そうした政治判断での更迭である。田母神氏は堂々とこれを受ければいい。正論を吐いて更迭された空幕長として歴史に残ることになる。

 論文の末尾だけ紹介する。

 「日本というのは古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国なのだ。私たちは日本人として我が国の歴史について誇りを持たなければならない」

 「私たちは輝かしい日本の歴史を取り戻さなければならない。歴史を抹殺された国家は衰退の一途をたどるのみである」

 一気に読み込んでいって、最後の文章にうなった。ここまで書いて更迭されるのであれば、それでいいではないか。こころある人の多くは、ひそかに拍手を送っているはずだ。』

|

« プチ断食中(笑) | トップページ | 東京十社めぐりその5 白山神社 »

コメント

ちわ、のんべさん、

この論文、縦にしても横にしてもどうしようもない正論ですわね。まあ総理のおっしゃることもうなずくしかないのですが・・・反日ファシズムの包囲討伐を受ける前に更迭したのも、まあこれは仕方なかったでしょう。

それでも時代は少しづつ進歩しているようです。この件がもし二十年前、いや十年前に起こっていたらもっと大変な騒ぎになっていたことでしょう。

投稿: amselchen | 2008年11月 1日 (土) 06時29分

村山談話、河野談話等を取り消さない限り、このようなことがなくなることはないでしょう。日本は全く大東亜戦争の認識に関しては進歩がないですね。特に政治家は、なかんずく歴代総理がこの認識に立っており、どうにもなりません。
連合軍最高司令官のマッカーサーが公式の場で「大東亜戦争は日本の生活を守るための戦いだった」といっているにも関わらず、さらに、毛沢東が「日本のお陰で今の中国共産党がある」といった言葉さえあるにもかかわらず。日本には全く言論の自由がない極めて歪な国ですね。
パール判決書の最後に書かれた「時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するであろう」という言葉は、日本の国民の間では、特に政治家には、未だに実現されていない。
日本国民よ目を覚ませと言いたい。

投稿: おっさん | 2008年11月 1日 (土) 08時05分

政局にならないようにってことですが・・・
「もの言えば唇寒し」、情けない世の中です。

投稿: のびぃ太 | 2008年11月 1日 (土) 08時28分

amselchenさま
確かに更迭はやむを得ないと思います。

>十年前に起こっていたらもっと大変な騒ぎに
そう思います。今回、野党やマスコミが大騒ぎしても、「正論じゃん」と冷静な反応をする国民が多いのでは。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 08時44分

おっさんさま
そう、村山談話は日本のガン。さっさと削除してほしいけどなかなかそうもいかないのでしょうねえ…あの「自社政権」は史上最悪でした。

パール判決書については仰せの通りですね。でも、それでも今は昔に比べたら少しずつ良くなっていると思います。

PS.コメント修正+削除しました、ご了承を。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 08時51分

のびぃ太さま
まあ、今の日本ではこんなもんでしょう。この一石が決して無駄にはなりますまい。

田母神氏は正論をずけずけ言う方のようです。
少し前には名古屋高裁がイラク空輸活動を傍論で違憲としたときに(判決に効力を持たない傍論)、現地で活動する隊員に与える影響を問われ、
「純真な隊員には心を傷つけられた人もいるかもしれないが、私が心境を代弁すれば大多数は『そんなの関係ねえ』という状況だ」
と仰せでした。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 09時00分


同感です(*^^*)

是非ともイシ〜バ氏に読んで頂きたい論文だと思いました。

少し、軍国主義色が濃すぎやしないか?とも思いましたけれども


空幕長

天晴れ!!!

私は彼に惜しみない拍手を送ります。

投稿: KONAMI | 2008年11月 1日 (土) 11時15分

 私は田母神幕僚長は辞職覚悟でやったことではないかと疑っています、これらは中山成彬さんと通底する部分があるのでは無いかと。

 「ナンの為か?」と言えば、自衛隊の隊員の士気を鼓舞する為だと思います。

 基本的に「自衛隊は悪」と言う認識も露わに、何かと云えば自衛隊を叩くマスゴミ、自国の旗や国家をないがしろにして恥じない教師、それに公私の区別も意味も知らずに賛同する「ボクちゃん平和が好き」の世代、そう言う連中に囲まれて、「殺人集団」呼ばわりされながら、批判しているその連中の為に命を投げ出さねばならないと言う矛盾に直面しているのが、自衛隊員の現実だからです。

 保守派とされている大学の学者が妙な反論をしていますが、その内容を看るに、彼等は所詮、学者に過ぎないと云う灼かな証拠でしょう、歴史とは色んな側面があって、事実とは、再現しない限り証明できないモノであるからには、劉少奇が「俺がやった」と言っているのも一面の真実と捉えて措かねば成らないことでしょうに。

 第一に彼は学者ではないし、検証を基に論文を学会に出したわけでもない、誤って引用されたのが気分が悪いのは判らないでもないが。

 翻って、麻生さんがこの様な処分をしたのは致し方ないのかも、「戦前日本悪モノ説」は、米国の主の不動の論理の様ですから、是に逆らえば、忽ち政権転覆となるは必定なのです、日本がちゃんとモノが云える時が来るのを待つしかない。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年11月 1日 (土) 16時55分

KONAMIさま
>是非ともイシ~バ氏に読んで頂きたい
なるほどそうですね。軍事オタクでもどうも国家観は些か怪しい農水大臣にも読んで欲しいと思います。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 17時31分

ナポレオン・ソロさま
さすが鋭いご意見、大いに納得かつ賛成です。間違いなく確信犯でしょうね。更迭も、残念ながら現状ではしゃあないでしょう。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 17時35分

恐ろしき体制が暴露してきましたね。
やつぱりな、と言ふ感じです。

ミンスのハトポッポはもとより、大東亜戦争を肯定する動きを見せれば「政府見解」を盾に徹底的に弾圧する勢力が与野党ともに揃つて居ることに、私は激しく絶望しました。

「幕僚長の言ひ分にも一理ある」と言ふ声が政府筋から出て来ないのが恐ろしい。

投稿: 葦原屋 | 2008年11月 1日 (土) 19時11分

葦原屋さん
>「幕僚長の言ひ分にも一理ある」と言ふ声が政府筋から出て
>来ないのが恐ろしい
まさに。それを言ったらクビになるとでも思っているのですかね。情けない限り。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 20時19分

田母神幕僚長の論文。素晴らしいと思いました。
事実を言って更迭される。本当に許しがたい事ではありますが、上でamselchenさんが言われたように、少しずつではありますが、時代は変わってきていると思います。なので、近い将来、この論文の内容が基本的に正しいのだという世の中になるはずだと思っています。
麻生総理も、本心では村山談話などさっさと破棄したいでしょうし、論文も基本的には正しいとおもっているのでしょうが、今はまだ仕方ないのでしょうね・・・。

投稿: abedai | 2008年11月 1日 (土) 21時39分

abedaiさま
仰せの通りと思います。金正日将軍サマと拉致被害者家族のみなさんが日本人の平和呆けをだいぶさましてくれましたが、マスコミと政界はなんせ平和呆けが存在価値みたいなもの、相変わらずダメですねえ。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 1日 (土) 22時56分

ここでは、敢えて田母神論文について語りません。
自分のブログで書いてしまいましたから(笑)。
というわけで、TB先をご覧いただければ幸甚です。

投稿: ハーグ竹島 | 2008年11月 2日 (日) 09時44分

ハーグ竹島さま
トラックバックがうまく行かない模様ですね。ココログ君の調子がいまひとつですんません。URLをここに貼っておきます。
http://blog.goo.ne.jp/odin_1974/e/208671688a6d4c678102874271ac6653

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 2日 (日) 14時35分

ひよつとすると、「村山談話」なるもの、支那・朝鮮と何らかの堅固な盟約が出来て居るのでせうね。それが何かは伺ひ知れませんが。

恐らくは未来永劫破棄は不可能かも知れません。日本が「クーデター」なるもので一時的に軍事政権となり、現政府を全て否定し戦後初めて完全に独立させる位の荒治療があれば別でせうが。

投稿: 葦原屋 | 2008年11月 2日 (日) 17時53分

葦原屋さん
>「村山談話」なるもの、支那・朝鮮と何らかの堅固な盟約が
>出来て居るのでせうね
そうかも知れませんね。そうでなければいつまでもゴミを残すはずがありません。

>未来永劫破棄は不可能かも知れません
そうならないように頑張りましょう。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 2日 (日) 17時56分

いやはや田母神航空幕僚長には、国家破壊団体の日教組狂死でさえ主張出来る「内心の自由」の権利はないのでしょうか? 

投稿: 二本人ではない日本人 | 2008年11月 2日 (日) 21時12分

二本人でない日本人さま
そう、中韓に都合の悪いことは考えることすら許されない、というのがサヨクの人たちの日本国憲法第104条にあるらしいですよ(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 2日 (日) 22時28分

 一応TBしてみました。
 これが悪くて、9条で国が護れるという、妄想的国家破壊プロパガンダは良いなんて、
 普通に

    ( ゚Д゚)_σ異議あり!!


 ですね。
 マスゴミは、麻生たたきに必死ですが(早く選挙しないとミンスは金が枯渇しますからね)解散はクリスマスでしょうか?
 田母神は、民間人になったのですね?
 だったら、次期防衛相に推薦したいですね。
  

投稿: tono | 2008年11月 4日 (火) 17時41分

tonoさま
TBできないようですみません。のんべは何もしてないのにココログの不具合か…まあ、ココログ遣っているのんべのせい、なんですが。代わりにURL貼っておきます。
http://tonogodz.blog70.fc2.com/?no=347
解散は年内はないんじゃないですか。ミンスが苦しむのは首相にとってはいいこと。もう少しミンスに醜態をさらさせましょう。

>田母神は、民間人になったのですね?
>だったら、次期防衛相に推薦したいですね
過激なご意見(笑)、大賛成!!

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月 4日 (火) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42969803

この記事へのトラックバック一覧です: 航空幕僚長の論文、ぜひご一読を:

» 正論故に更迭か [三四郎の日々]
航空幕僚長を更迭された田母神氏の論文を読んで見た。政府の公式見解に反すると判断された故の更迭らしい。また防衛相が論文投稿の事実を知らぬなど手続き上の瑕疵はあったようだ。しかし正直なところ、内容についてはこれ以上ないほどの正論である。 田母神氏を批判するのは勝手だが、あらゆる日本人がひととおりは読んでもらいたい論文である。 >もし日本が侵略国家であったというのならば、当時の列強といわれる国で侵略国家でなかった国はどこかと問いたい。よその国がやったから日本もやっていいということにはならないが... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 14時44分

» 航空自衛隊トップ [ひろこの日記]
浜田防衛相 空幕長更迭の方針 NHK航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長が、... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 23時45分

» 田母神俊雄航空幕僚長は平成のガリレオ [島谷的舞録゛]
田母神俊雄航空幕僚長は第2次世界大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示す論文が公表されたことで更迭された。 普段することがノロマな政府もこういうことになると早いなぁ。 真実は発表するタイミングによっては悪にされる。 ガン患者にガンを告知していい場合と悪い場..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 04時19分

» メディア「田母神氏圧殺」 [博士の独り言]
メディアによる「個の圧殺」再び 田母神・空幕長更迭:あの空幕長がまた 過去にも暴言「そんなの関係ねえ」  正式に届けず投稿した不... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 08時56分

» 田母神空幕長の表現の自由を守れ! [ネトウヨのブログ]
 航空自衛隊の田母神空幕長の論文が問題となり、更迭されてしまいました。  まずは産経新聞より要旨をご紹介します。 引用元:産経新聞 ======================================================= 一、わが国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したといわれるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も、条約に基づいたものだ。日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めたが、相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。  一、わが国は中国で和... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 13時48分

» 日本の一分(61)ー 歴史を抹殺された国家に未来はない [何となくドライブ・バイ 覗き見]
歴史を抹殺された国家に未来はない アパグループ第一回「真の近現代史観」懸賞論文   最優秀藤誠志賞受賞  航空自衛隊航空幕僚長 田母神 俊雄 日本は侵略国家であったのか Was Japan an Aggressor Nation? 金剛峰寺に向かうじゃばら道で色づき始めた紅葉=31日午後1時31分、和歌山県高野町(撮影・加藤孝規(産経))... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 21時05分

« プチ断食中(笑) | トップページ | 東京十社めぐりその5 白山神社 »