« 国籍法改正、稲田議員の主張は不可解 | トップページ | 奉祝!文仁親王殿下のお誕生日 »

2008年11月29日 (土)

国籍法改悪反対の正念場!皆様ご協力を!

水間さんからです。お願い要旨は、以下のとおりです。

1)3日までに、参院法務委員と民主党・輿石東・参院議員会長に、国民の「国籍法改悪反対」のFAXをお願いしたい。**輿石東議員FAX 03-3593-6710

2)総理官邸に「重国籍絶対反対」の封書が10万通届くと確実に阻止できます。そのために、総理官邸にFAXをお願いしたい。(FAXが良い。首相官邸意見フォームは次善の策です)

麻生首相 FAX: 03-3501-7528

3)マスコミ操作を実地で調べるために、日テレ『太田総理と……』番組の「国民は怒ってる」コーナーに、「国籍法改悪反対」、「なぜ、重要法案が、ほとんど国会議員が知らない中で、衆院本会議で可決したのか」、「偽装認知を認めるような国籍法は許せない」などを応募して頂きたい。

「国民の怒り」意見フォーム(沢山意見が来たものは番組で取り上げられます)

このコーナーにメールしたことを、戸井田とおる議員のブログの『粘り強く平成研究会で発言』のコメント欄に「日テレにメールしました」と書き込んで下さい。勿論匿名・ペンネームで結構です。(此方でメールした人数を数えるためです)

以上です。宜しくお願いします。

(続きは依頼詳細と法務委員FAX一覧)

本記事は続きも含めネットだけ転載フリー

●緊急拡散『ネットと政治の融合はFAX』 (水間政憲)

今日も参院法務委員に、FAXが全国から届いているとのことです。これから、参院本会議採決が予定されている12月3日までの有効な要請先を提案します。

今後の参考にもなりますが、参院議員の選挙区は、衆院より圧倒的に広いことで、ネット世論の動向に敏感になっています。

3日まで参院法務委員と民主党・輿石東・参院議員会長に、国民の「国籍法改悪反対」の真摯な真情をFAXしましょう。

「DNA鑑定の導入」と「国籍法改正案付帯決議第四項(重国籍の検討)の削除」を要請して下さい。

また、知人友人にも理解して頂くためには、『週刊新潮』(27日発売)[緊急対談]櫻井よしこvs平沼赳夫「『国籍法』改正は日本の危機」を読んでもらうことが良いと思います。

今回のことで、巨大な国会監視体制が構築できたことは、今後、国政に直接関与できることが確認できました。引き続き「重国籍」の動きを監視することが最重要です。

「重国籍」絶対阻止のために、総理官邸に「重国籍絶対反対」の封書が10万通届くと確実に阻止できます。(国会関係者談)偽人権擁護法案阻止の要請書は、一週間で約8.000通でした。皆さん、年末までに10万通を実現しましょう。

●29日緊急拡散【日テレを調査検証】 (水間政憲)

現在、日本のマスメディアは、国民が安全保障等国際的水準に覚醒することを、検閲しているのが現状です。それを調査検証する手段がありませんでした。

そこで提案します。

国民の声を正確に反映させるためのテストをして見ましょう。

毎週月曜日、日テレ『太田総理と……』番組のコーナーに「国民は怒ってる」があります。ベスト5は、いつも番組内で紹介しています。ベスト1は数百件の応募です。

そこで、皆さんにお願いします。そのコーナーにメール(「国民の怒り」意見フォーム)で
「国籍法改悪反対」とか
「なぜ、重要法案が、ほとんど国会議員が知らない中で、衆院本会議で可決したのか」
「偽装認知を認めるような国籍法は許せない」などを応募して下さい。

そして、応募した方は、丸坊主日記の「粘り強く平成研究会で発言」に、必ずコメントを書き込んで下さい。

そのコメントのトータル以上でなければ、日テレは検閲していることになります。
議員会館でFAXを拝見して確認でたことは、現在「国籍法改悪反対」に賛同して行動を取っている方が10.000名以上いらっしゃいます。皆さん、ネットの力で、日本を守りましょう。覚醒している10.000人以上の皆さんが結束できれば、日本を覚醒できます。

・日本国家が国家として、偽装認知を認める国籍法は許せない。
・「国籍法改悪断固反対」
 不幸な子供をつくらないために、「DNA鑑定の導入」を参議院で盛り込め。
・戦争に巻き込む「国籍法改正案付帯決議第四項(重国籍の検討)の削除」を参議院で盛り込め。

参議院 法務委員会
松村龍二(自民) 03-5512-2304
青木幹雄(自民) 03-3502-8825
秋元司  (自民) 03-5512-2311
舛添要一(自民)  03-5512-2219
丸山和也(自民)  03-5512-2536
山崎正昭(自民)  03-3508-9419
木庭健太郎(公)  03-3508-9419
今野あずま  03-5512-2708
松野頼久   03-3508-8989
千葉景子(民主) 03- 5512-2412
松岡徹(民主)  03-5512-2734
小川敏夫(民主) 03-3593-0577
川上義博(民主) 不明
今野東(民主)  03-5512-2708
鈴木寛(民主)  03-5512-2635
前川清成〔民主〕 03-5512―2712
松浦大悟(民主) 03−5512−2517
仁比 聡平(共産) 03-5512-2333
近藤正道(社民) 03-5512-2740
江田五月(無所属) 03-5512-2608
山東昭子(無所属) 03-5512-2224

|

« 国籍法改正、稲田議員の主張は不可解 | トップページ | 奉祝!文仁親王殿下のお誕生日 »

コメント

家族がいちばん様、
はじめてコメントさせて戴きます。憂国の志士が
国籍法で心を1つに同じ方向へ実に
「日本再生」「日本愛国」で動いています。
私は、皆さんも支援下さっている。チベット支援者
でもあります。今回の改悪案は、正しく第二のチベットと背筋が寒くなりました。私はチベタンにお世話になっている者として、決して他人事でない!!
危機を感じます。皆様の提案やご指導で、自分なりに、行動しております。本日チベタンに電話で会話
しました。この案の志望者が、自分の首を絞めて
いるのも、一歩引いて観ると相手も怖い筈です。それは、中共の態度で明確です。決して諦めず、次・次と有志と頑張りましょう~!皆さん「日本を護りましょう」☆貼る・ノート2さん☆も「朝まで生TV」の「国籍法」発言をYOU TUBEでUPとマタマタ
★緊急告知・拡散★をFAX・電話要請12月1日が
UPされています。PC初心者で恐れ入りますが、TBお願い致します。日テレ投稿も沢山集まっています。

では、又。私も地元議員他・大手企業にTVにCMを出す会社等にMAILしてみます。何でも”TRY”してみます。選挙時には、高投票率で掃除しましょう。
お身体を大切に!!皆様も!!駄文お許し下さい♪

投稿: 憂国子 | 2008年11月30日 (日) 20時16分

絶対許す訳にはいかない。

投稿: | 2008年11月30日 (日) 21時04分

憂国士さま
ご訪問ありがとうございます。
全国の有志のみなさんが心を一にして頑張っていらっしゃること、実に嬉しいことで、まさに闇夜に見えてきた一筋の光です。日本は少しずつ良くなっていくでしょう。
貼る・ノートⅡさんも頑張ってらっしゃいますね。YOUTUBEアップの記事は
http://cotodama-6000.iza.ne.jp/blog/entry/817249/
で、最近はすっかり「国籍法改悪反対ブログ」の様相です。

>何でも”TRY”してみます
素晴らしい!その姿勢、見習います!

>お身体を大切に!!皆様も!!
ありがとうございます。憂国士さま、読者のみなさまもどうかご自愛の程を。まだまだ長期戦になりそうです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月30日 (日) 21時28分

?さま

>絶対許す訳にはいかない。
そう、国籍法改悪などなんとしても合法的手段の限りを尽くして潰さないといけませんね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年11月30日 (日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/43264535

この記事へのトラックバック一覧です: 国籍法改悪反対の正念場!皆様ご協力を!:

» 最高裁は二度「改変」した。 [貼る・ノート2]
そもそも、最高裁の判決がおかしいのではないか!? 以下のサイトから抜粋引用させていただきます。全文はリンク先をご覧ください。 国籍法違憲判決の問題点 http://tamacom.com/~shigio/defend/nationality-j.html 2008年6月4日、最高裁大法廷で「国籍法」の条文を憲法違反とする判決が下されました。その結果、日本人男性とフィリピン人女性の間に生まれ、出生後に日本人男性から認知されたフィリピン人の男の子に日本国籍が付与されました。この判決を受けて、国会は国籍法... [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 23時55分

» ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落 [米流時評]
   ||| タージ陥落でムンバイテロ終結 |||   60時間の死闘の末、人質篭城のテロリスト最後の砦 タージマハルホテル陥落 ムンバイの同時テロ襲撃発生から延々60時間経った28日金曜(日本時間で29日土曜)インド政府軍のコマンド特殊部隊が、タージマハールホテルを虐殺の砦にしてたてこもったテロリストの、最後の3人をしとめて、足掛け4日間の市街戦に終止符を打ちました。 手榴弾と機関銃でホテルのコリドールを駆け抜け、宿泊客を手当り次第に撃ち殺したテロリスト。命からがら脱出した生存者... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 20時02分

« 国籍法改正、稲田議員の主張は不可解 | トップページ | 奉祝!文仁親王殿下のお誕生日 »