« 一刻も早く全員帰国を! | トップページ | 東京十社めぐりその2<赤坂氷川神社> »

2008年10月 8日 (水)

麻生政権は安倍元首相の轍を踏むな

靖国参拝、首相が明言避ける…衆院予算委』(読売)

村山発言踏襲に続いて、靖国参拝曖昧戦術。なんだか安倍元首相の失敗を思い出しますね。このまま媚中屈朝になってしまうようでは、短命政権で終わること、確実でしょう。

まあ、行かないとも言っていないわけで、ここはさっさと参拝なさることを期待しましょう。野党や中共や韓国が猛攻撃してくれればもっけの幸い。靖国参拝を争点にしてしまえばいい。

都合のいいことに、10月17日~21日は秋の例大祭。参拝するには絶好の日です。ここで英霊の応援を得れば、長期政権は確実です。麻生首相の英断を期待…したいけど…

|

« 一刻も早く全員帰国を! | トップページ | 東京十社めぐりその2<赤坂氷川神社> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42725713

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生政権は安倍元首相の轍を踏むな:

» アイスランド国家破産の危機!グローバル恐慌レポート[4] [米流時評]
  ||| アイスランド国家破産の危機 ||| アイスランド国家破産の危機 グローバル恐慌がもたらした最初の犠牲者 金融財政逼迫にあえぐ小国、ロシアから54億ドルの借款、銀行を国営化 国が滅びる場合、米流風にばっさりと言うと3つの形がある。 ひとつは、大国から侵略されて隷属する場合。これは古くはローマ帝国や近代ではナチスの第三帝国による国家の属州化が挙げられる。もうひとつは、天変地異の大災害による滅亡。古代の都市国家であったポンペイがベスヴィアス火山の噴火で埋もれたのが顕著な例だ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年10月10日 (金) 08時16分

« 一刻も早く全員帰国を! | トップページ | 東京十社めぐりその2<赤坂氷川神社> »