« 救う会の東京集会 | トップページ | プチ断食中(笑) »

2008年10月31日 (金)

拉致被害者奪還のため追加制裁を!

「拉致再調査拒否」 北朝鮮が中国に伝達』(産経)

北朝鮮が「再調査」を拒否する動きに出ました。日本にとって追加制裁を行ういいチャンスです。今の制裁を継続するだけでなく、追加で締め上げるのが、北朝鮮を動かす方法。動かなければドンドン制裁を追加。麻生政権には、拉致問題解決のため決断を期待したいと思います。

Blue_ribbon_image北朝鮮は即刻拉致被害者全員を日本に帰せ!

以下、昨日の集会でのお話を少し紹介します。

以前、交渉の場で北朝鮮の要求するものはカネやコメなどでした。しかし、昨年6月の日朝実務者会議では船、人、飛行機の往来禁止の制裁措置解除を要求、8月には船を取り下げ人と飛行機の往来解禁で調査委員会の立ち上げを約束しました。9月に反古にしたのは、人と飛行機の往来解禁が喫緊の課題ではなくなったということのようです。

9月9日には北朝鮮での最重要行事「国家創建60周年慶祝閲兵式」が行われましたが、それを大々的に行い、多くの総連関係者も来させる(お土産付き)つもりだったのでしょう。航空券の予約がなされていた気配もあるそうです。ところが、将軍サマが倒れて、大々的にやるどころではなくなり、総連関係者も行く必要がなくなった。それで往来解禁は延期でもよくなり、フクダ首相辞任表明にかこつけて反古にしたそうです。

こういうことはすべて金正日将軍サマの決裁が必要。つまり、将軍サマに判断能力はあるらしく、病床で決裁している模様です。

北朝鮮を動かすには、さらなる追加制裁が必要。できることはいろいろあります。

・全面的な輸出禁止、送金停止

・人の往来の完全な停止

・北朝鮮籍船だけではなく、北朝鮮がチャーターした船も、全面入港禁止

・(現行法では難しいが)日本版金融制裁…日本の金融機関に対し、北朝鮮と取引した海外の金融機関との取引を禁止

なお、制裁を行うようになって北朝鮮は動かなくなった、という議論などはウソ。2002年9月から、最初の4年は制裁はありませんでした。その間連中のやったことは、偽の遺骨を出してきてカネやらコメやら要求してきたこと。単にインチキしてきただけです。北朝鮮を動かすためには、制裁を強化することが必要です。

|

« 救う会の東京集会 | トップページ | プチ断食中(笑) »

コメント

 アメリカは経済制裁の肩代わりを他国に割り当てることを画策して日本の制裁効果をオシャカにしようとしています。
 北朝鮮への制裁は人の完全な往来停止のほか日本在住の北朝鮮人の強制送還をすべきだと思っています。
 日本から北朝鮮人を排除すれば北朝鮮工作員の数が激減すると思います。

投稿: 島谷 | 2008年10月31日 (金) 15時50分

島谷さま
オーストラリアに重油を出させようというあの許し難い動きですね。家族会の方々も怒っていらっしゃいました。

>北朝鮮への制裁は人の完全な往来停止のほか日本在住の
>北朝鮮人の強制送還…北朝鮮工作員の数が激減すると
そうですね。そうあるべきです。

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月31日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42959713

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者奪還のため追加制裁を!:

» 速報!パキスタン西部大地震詳報レポート [米流時評]
   ||| パキスタン・ケッタ大地震詳報 ||| パキスタン西部山地ケッタ州にM6.4強震、2千戸倒壊215名死亡 震源地は首都イスラマバードから南西へ640キロのバルチスタン パキスタン・ケッタ発 |現地時間で29日水曜未明、パキスタン南西部を強い地震が襲い、同地の土壁造りの家々が倒壊。同地区では夜明け前の就寝中だったために、下敷きになった住民170名以上が死亡したと地元警察から発表された。この地震が襲ったのは日の出の2時間前で、地震の強さはマグニチュード6.4を記録したと、米国の地理... [続きを読む]

受信: 2008年10月31日 (金) 13時27分

» バルチスタンの悲劇・地震続報被災者レポート [米流時評]
   ||| バルチスタンの悲劇・現地報告 ||| パキスタン中央政府に見捨てられた地震の被災地は、核実験の現場だった 地震に続く飢えと寒さと闘う、パキスタン西部被災地のバルチスタン住民 【まえがき】 バルチスタン地方の特殊事情 パキスタンの南西部バルチスタンは、アレクサンダー大王の大遠征の時代から、東の王国と西の帝国の勢力がぶつかりあう戦場となってきた歴史的要衝である。この地方はインドの影響を受け継ぐ東南部のパンジャブ地方とは一線を引き、ペルシャ文明やアラブ文化、アフガンの影響を受... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 13時21分

» 日本の一分 [三四郎の日々]
北朝鮮の核開発に関する検証については、米朝間で高濃縮ウラン計画や核拡散活動などの部分を「付帯文書」の中で扱うということで合意していた模様だ(読売電子版)。 >北朝鮮の核開発計画の検証手続きを巡る米国と北朝鮮の合意で、高濃縮ウラン計画や核拡散活動などの検証は、プルトニウムによる核計画とは別に、拘束力の弱い付帯文書の中で扱われていることが分かった >近く開催する方向で調整中の次回6か国協議では米朝合意をもとに検証手続きの文書化を目指すが、高濃縮ウランなどの問題が棚上げされる可能性が高まっている ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 21時18分

» 北朝鮮制裁へ民主党の方が積極的 [島谷的舞録゛]
日本独自にテロ支援国家指定 民主党の北制裁原案判明 11/02 21:15iza:イザ!民主党の拉致問題対策本部(本部長・中井洽元法相)が、北朝鮮による日本人の拉致問題や核・弾道ミサイル問題が一向に進展しない事態を受けてまとめた「追加経済制裁案」の原案が2日、明らかにな..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 06時49分

« 救う会の東京集会 | トップページ | プチ断食中(笑) »