« 天皇陛下の稲刈り | トップページ | 一刻も早く全員帰国を! »

2008年10月 4日 (土)

東京十社めぐりその1 神田明神

「のんべブログはときどき神社ブログになります」と明治神宮参拝したときに書きました。それでふと思ったこと…そういえば東京を代表する神社と言えば東京十社、参拝したことない神社も多いので、ブログネタもかねて一通り参拝してみよう…と。ついでに、それぞれ近くのおすすめそば屋を裏ブログで探してみましょう(笑)
週1くらいの不定期連載を目指すけどどうなることやら…

Kanda_shaden さて、第1回は神田明神さま。江戸中心部百八町の江戸総鎮守様。

御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと、だいこくさま)、少彦名命(すくなひこなのみこと、えびすさま)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)の三柱(三座)ですが、将門公が有名ですね。

Kanda_gyoukou でも、将門公は新皇を名乗った朝敵・逆賊ということで、明治天皇御行幸の折り、明治政府に目の敵にされて祭神から外され末社の将門神社に遷座、昭和59年に本社の御祭神に戻されたそうです。こういうの、なんだかなあ…国家神道は、神道とは別物なのでしょうね。

御茶ノ水駅から歩いて5分くらい(地図)

お祭りの神田祭は江戸三大祭りの筆頭、日本三大祭りの一つと言われるほど有名です。

ついでながら、のんべの結婚式は神式、神田明神御祭神の御前でしたので、のんべにとっても縁深い神様です。

銭形平次の歌(懐かしのメロディ?)♪なんだ神田の明神さまで…と唄われていると永年思ってましたが、実は「明神下で」地名を唄っていただけでした(苦笑)(youtubeにこんなのがありました!)

おすすめそば屋は「古式そば」さん。まっくろくろすけのそば(笑)、力強くて美味しいですよ。

PS.近くで将門公ゆかりの場所は、他に大手町の首塚と九段の築土神社があります。

Kanda_kubituka大手町の首塚は、将門公の御首が京都より飛んできた場所と言われています(地図)。動かそうとすると祟りが起こるという話もあり、GHQですら動かすのを断念した場所です。今でも厚く信仰されており、朝9時頃行きましたが、出勤前に参詣する人が何人もいらっしゃいました。

Kanda_tukudo 築土神社は九段下駅前(地図)。主神が天津彦火邇々杵尊(ニニギノミコトさま)、相殿が 平将門公と菅原道真公。でも元々は将門公の神社。武道館の氏神様でもあります。

|

« 天皇陛下の稲刈り | トップページ | 一刻も早く全員帰国を! »

コメント

神田明神と首塚、去年の東京出張のときに参拝しましたよ。首塚は周囲と空気が違うような感じがしました。
将門公は祭神から外されていたんですか。でも、明治時代は天皇の下に国民を一つにまとめなければならなかったので、仕方なかったところもあるんでしょうね。

投稿: abedai | 2008年10月 4日 (土) 22時00分

abedaiさま
参拝なさったこと、まことにめでたいことですね。
ところで首塚はやや不気味な空気も流れていますね。隣の三井物産などのビルでは、首塚に向けては決して足を向けないように机が配置されているという都市伝説がありますが、さもありなん、と思います。

>明治時代は天皇の下に国民を一つにまとめなければ>ならなかったので、仕方なかったところも
そうかも知れませんね。
大河ドラマ「風と雲と虹と」で将門公人気が急上昇し御祭神に戻されたそうです。こればっかりはNHKさまさま(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月 4日 (土) 22時16分

我が家の姓と家紋、(陣笠)、本家の所在地(東北)、
どうも本家は庄内藩の武家だったらしい事と
証拠は少ないのですが、どうやら我が家は藤原秀郷の
子孫という可能性があるらしいのです。
藤原秀郷といえば平将門の乱で平将門と戦った武将。
万一の事がないように、首塚の前を通るたびに
挙手敬礼をして(頭を下げると運転しているため
危ない)私なりに霊を慰めています。

投稿: ハーグ竹島 | 2008年10月 5日 (日) 12時53分

ハーグ竹島さま
藤原秀郷公が先祖とはまことに素敵ですね。かならず挙手敬礼とは実に立派な心がけ、感服しました。

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月 5日 (日) 20時08分

神田祭りが江戸三大祭の筆頭とは、聞いたことありません。
三大祭の筆頭であり、日本三大祭にも数えられるのは日枝山王神社が一般定説です。
天下祭りの序列でも、陰陽・干支において、陽であり兄であるのが山王、陰で弟が神田と定められていることからもそれは分ります。

投稿: 祭好子 | 2009年2月27日 (金) 13時35分

祭好子さま
どこが筆頭かという議論をするつもりはなく、「と言われるほど」ということで見逃してください(笑)。実際、神田祭こそが筆頭!と言う人もたくさんいます。

のんべは神社を紹介するときはその神社側の立場で書きます。
「日枝神社」の記事では、
http://nonbe.way-nifty.com/blog/2009/02/post-c307.html
そちらを「筆頭」にしているわけでして…

それを「矛盾」と突っ込むのはご勘弁を。矛も盾もない、日本の「三大」はそんなもの、いいかげんなもんです。のんべはそんな「いいかげん」が大好きなんで…

投稿: 練馬のんべ | 2009年2月27日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42683330

この記事へのトラックバック一覧です: 東京十社めぐりその1 神田明神:

» 生きていた金正日!ひと月ぶりで姿を現す [米流時評]
    ||| 生きていた金正日 ||| ひと月ぶりに公開の席に姿を現した、北朝鮮の金正日主席 サッカー試合を観戦、世界に流布した死亡説はデマだった 帰ってきたウルトラマンではないが、北のロケットマンがこの世に戻ってきた。北朝鮮にとって国家として今年最も重要な記念日だったはずの、9月9日の建国60周年の軍事パレードに姿を見せず、一時は脳溢血か心臓マヒか?と世界中で風評が立って以来の、公式の場への出現である。 9日に死亡説のニュースが流れた後も、秘書役の愛人が執務を代行しているとか... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 13時41分

» 2日目も暴落のウォール街・前日比 ▼508ドル [米流時評]
  ||| ウォール街 火曜も連続暴落 ||| ニューヨークダウ相場暴落:前日比マイナス508ドル・終値9447ドル バーナンキ「財政的危機」を警告、ブッシュ「長期的展望重視」で説得 ニューヨーク発 |ウォール街株取引市場の平均株価は、週明け2日目の火曜も暴落した。連邦準備局 (米国の日銀) が、金融市場への信頼を回復しようと必死で注入した財政救済案にもかかわらず、今回も金融業界各社のバランスシートに向けられた投資家の不安を解消するまでにはいたらなかった。その結果 NYSEダウジョーン... [続きを読む]

受信: 2008年10月 8日 (水) 20時05分

« 天皇陛下の稲刈り | トップページ | 一刻も早く全員帰国を! »