« チベットの辛抱も限界か? | トップページ | 長崎県民は知事をリコールせよ »

2008年10月27日 (月)

株価低迷や円高など全く怖くない

Hinomaru 本ブログは経済は専門外。しかし、経済のことで日本が元気をなくす、などということがあってはまことにつまらない。今回、一言だけ。なあに、慌てることありません。

日経平均は、リーマンショックとやら以来40%も下がっているそうです。バブル後最安値をあっさり更新。

おお、怖い。日本はもうだめだあ…なーんちゃって。

そんなことがあるものですか。売りまくられているから下がるのは当たり前です。なんで?そりゃあ、売る人がいるからです。

売ってるのは外資でしょ?金がなくて困っているから虎の子の日本株を売るしかなくなります。供給が異常に増えれば、下がるに決まってます。

外資に日本株が買いまくられたお陰でずいぶん迷惑しましたからね。外資が株を手放すことは日本にとって麻薬中毒から抜けるようなもの、一時は辛いけど長い目で見れば実に有り難い。日本企業の儲けは日本人で分けましょうよ。

今は日本株の買い時。もちろん短期的に見れば乱高下するでしょう。しかし、長期的に見れば、今の価格が日本の実力、と思う人もいますまい。

今は悪い円高?急激なことは辛いですね。でも、冷静に考えてください。日本がぼろぼろになれば、円は下がるはずです。

他にないから円が買われてる?円が信頼されていなければ、他にあろうがなかろうが下がります。引き合いに出して悪いけど、韓国ウォンの惨状を見れば明らかです。

繰り返しますが、急激な円高は一時的には苦しい。でもちょっと長い目で見れば、なんせ海外から物が安く買えるわけですから、有り難い限りです。昭和の時代、昭和天皇が円高の感想を聞かれ、「それは日本の価値が上がったということではないですか」と喝破なさった通りです。

とにかく、慌てないことです。まじめにやっていれば大丈夫。今損した、と慌てるくらいなら、酒でも呑んで寝た方がまし(笑)。遠からず日本は必ず復活します。

|

« チベットの辛抱も限界か? | トップページ | 長崎県民は知事をリコールせよ »

コメント

>とにかく、慌てないことです。
>まじめにやっていれば大丈夫。
>今損した、と慌てるくらいな
>ら、酒でも呑んで寝た方がまし

全く仰るとおり。マスコミが例によって、大変大変と騒ぎすぎだと思います。確かに大変な方も多数おられるでしょうが、庶民にはあまり関係がないような気がします。戦後63年このような状況が何回かありました。いかにも世の中が大混乱に陥るような報道がありました。しかし、食うや食わずの状況から、大半の人々が自家用車を持つような時代、時計などは一軒の家に多数あるような時代になっています。じっと我慢していればそのうちに回復してくると思います。

投稿: おっさん | 2008年10月28日 (火) 07時19分

仰せの通りです。日本がこのような混乱に右往左往する必要などないのです。円はどっかのアフォ通貨よりもずっと信頼されているのです。経済危機だって言われているけど、あまり危機を感じません。むしろ黙って見てれば外国の方が慌てている感じがして滑稽です。
確かに日本国内も経済的に厳しいところもありますが、そんなに危なさを感じません。日本は日本らしくでぇーんと構えてればいいと思いますがね。。。

投稿: かついち | 2008年10月28日 (火) 10時35分

そうですよね。19時のニュースなど 冒頭でヒステリックに「大暴落」などとアナウンスするもんだからいけません。
ほんと、買いどきかもしれませんなぁ。ニヤニヤ。できれば日本だけで完結している企業を応援したいけど・・・あるかなぁ。~~;

投稿: でこサングン | 2008年10月28日 (火) 11時35分

 我々が本当に心配しなくてはならないのは、海外資本に拠る日本の優良企業の買収では無いでしょうか。

 怖いタイミングは、株価が下がりきった時に、円が暴落した場合でしょう、すると、とても買えなかった日本の優良企業の株が大量に海外投資家のものとなる、その後一気に「買い」が立って、一時的に株式が異常に上がることが考えられますが、結局12000円台に戻るのではないでしょうか。

 しかし、海外資本に買われた株は簡単には下がらないでしょう、海外投資家が売りに出ないからです、それ処か企業買収にのり出してくるかもしれない、そうでなくとも、20%以上株式を海外投資家に握られたら、経営にも微妙な影響が出てくるかもしれません、相手に依れば、買戻し交渉まで覚悟しなくてはならないかもしれない。

投稿: | 2008年10月28日 (火) 12時53分

そのとおりですね。
とにかく落ち着く事が大事ですね。
マスコミに乗せられて、大慌てすれば
失敗してしまいます。

投稿: 翡翠 | 2008年10月28日 (火) 15時25分

おっさんさま

>マスコミが例によって、大変大変と騒ぎすぎだと思います。
そうですねえ、困ったもんです。

>戦後63年このような状況が何回かありました。
そうそう。バブル崩壊後は時間かかりましたが、お陰で日本経済の足腰はしっかりしていると思います。

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月28日 (火) 20時50分

かついちさん

>円はどっかのアフォ通貨よりもずっと信頼
ははは。お陰でどこぞの国の国会は逆切れして「イアンフ決議」なんてものをやらかしましたね。金をせびるためにはこれしかないのかな、厚顔無恥とはまさにこのこと(笑)

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月28日 (火) 20時52分

でこサングンさま

>19時のニュースなど 冒頭でヒステリックに「大暴落」などと
そうですね。絶叫調。絶叫はどこかの国のおばさまアナウンサーに任せておけばいい(笑)

>買いどきかもしれませんなぁ。ニヤニヤ。
そう思いますよ。のんべは少し含み損食らってますが、しばらくの辛抱です。

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月28日 (火) 20時55分

?さま

>我々が本当に心配しなくてはならないのは、海外資本に拠る
>日本の優良企業の買収では無いでしょうか。
その通りと思います。

>怖いタイミングは、株価が下がりきった時に、円が暴落した場合
それはそうですが、今は欧米の通貨に円を暴落させるほどの力はなさそうです。日本の回復が遅れたら、その可能性は十分ですね。

>買えなかった日本の優良企業の株が大量に海外投資家のものとなる
その通りなので、円が下がる前に日本は回復しないといけませんね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月28日 (火) 20時58分

翡翠さま
>とにかく落ち着く事が大事ですね。
>マスコミに乗せられて、大慌てすれば失敗してしまいます。
そうそう。なんでマスコミはこう煽るのですかね。よほど日本をぼろぼろにしたいらしい。どこの国のマスコミやら…

投稿: 練馬のんべ | 2008年10月28日 (火) 21時04分

>のんべ様
 「?」は私です、レス有り難う御座いました。

 広島の山奥で仕事していましたので、PCでネットサーフィンしたり、書き込めるのが昼休みの間だけだったモノで、ツイ、名前を入れるのを忘れまして・・

 今日、神戸に帰って参りました。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年11月 1日 (土) 18時30分

まぁ そうでしょうけど, 本当は国に範囲を指定しないようになれば良いんでしょうけどね.

いろんな記事を読んで見ましたが, あえて誤解を恐れずにまず言うならば, 国はなくても良いかと思うんですね.

別に日本がいらないとか言う主旨ではなくて, そもそも国なんて人間にとって重要なのか? ということです.

かなり反感を買われることを承知でビルから飛び降りる様なつもりで書いていますが, 僕はよく, 人間は同じなのになぜたくさん国をつくってその上で, というか中で生活しているのか, 疑問なのです.
全ての人はどこかの国の人である前に, 人間なのだという事は事実であるはずです.
人間は過去より協力する事により, 道具をつくり, コンピューターを発明したり, 時に核爆弾を作り出しさえしました.その力が協力です.

いま, 人々は 人類の強力な夢のために, いま協力し合うべきなのではないのでしょうか.
僕はそうするべきだと思うのです.
それが, いま生きてる人間としての, 最大の向上心というものだと, 強く感じるのです.

そのためには, 国という範疇は, その分け方、範囲は, 人々が協力し合うことの妨げになっているのではないかと考えています.

人間そのものを見て欲しいと, そういう考え方をもっとしてみてほしいのです.

つまり, 日本人が協力する事が強力なら, 世界中の人が協力したらもっと強力なんじゃあないのか, っていうことです. これに希望をもってほしいです.

投稿: st | 2009年1月23日 (金) 05時30分

stさま
世界人類が国など不要になって一致協力できれば実に素敵ですね。そうあってほしい。でも、人類の知恵はまだまだその段階には到達していないのかなあ、と思います。

投稿: 練馬のんべ | 2009年1月23日 (金) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42924988

この記事へのトラックバック一覧です: 株価低迷や円高など全く怖くない:

» テロ戦争最前線後編・タリバン殲滅まであと半年 [米流時評]
    ||| タリバニスタン最前線レポート・後編 ||| テロ戦争最前線レポート 政府軍司令官「タリバン殲滅まであと半年から1年」 政府軍バジュール掃討作戦の死者:タリバン1500名、政府軍73名、住民95名 前号「テロ戦争最前線レポート・タリバンの要塞バジュール陥落!」からの続き  パキスタン・バジュール州ロイサム発 |パキスタン陸軍は今回のバジュール掃討戦に際して、本拠地のロイサムを包囲する段階で、外人部隊で増強したタリバンゲリラから執拗な反撃を受けた。戦況報告では、この外人兵... [続きを読む]

受信: 2008年10月28日 (火) 11時46分

» “恐慌前夜”に慌てふためく莫れ・・・奉仕を忘れず『平安』の時代(とき)を信じよう [八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ)]
10月に入った。我々が住む地球が生まれ変わる為の“陣痛”とも言うべき、激動の出来事が世界で起こっている。米下院の金融安定化法案否決に端を発した金融危機は、いよいよブラックマンデー(世界同時株安)の悪夢と、本格的な“恐慌”の到来を予感させる。ニューヨークのダウ工業株30種が、下げ幅777ドルという驚愕の値をつけた。ドルの暴落の果ての終わりの見えないインフレが、貧困層の暴徒化という、地獄の季節の幕開けのファンファーレとなろう。世界皇帝を気取って暴虐の限りを尽くした『2つのR家』支配=アメリカ一...... [続きを読む]

受信: 2008年10月30日 (木) 01時42分

« チベットの辛抱も限界か? | トップページ | 長崎県民は知事をリコールせよ »