« 横浜市戦没者慰霊塔に参拝 | トップページ | 秋分の日 »

2008年9月21日 (日)

中共サマ自らチャイナフリー宣言か?!(笑)

China_free_campaign

日本の汚染米使用焼酎、中国が輸入停止…酒類検査も強化』(読売)

Dokugyouza_hantai 毒ギョーザ事件であまりに有名になった中共毒品。最近ではメラミン牛乳、毒おはぎがクローズアップされています。まあ、それだけでもお腹いっぱいですね。

最近一番の騒ぎは毒米ですが、マスコミは農水省と流通業者を責めるばかりで、原産地の中共サマを責める様子はありませんね。のんべは忘れてませんよ(怒)

中共産毒米が原料に混入した焼酎を中共サマは輸入停止。検査も厳重にする。さすがは中共サマ、よくわかってらっしゃいます。要するに、中共産品を原料に使った日本製品は輸入させないよ、ということ、自らの生産品を毒と認識している、と白状したようなものです。中共サマ自ら「チャイナフリー宣言」をしたようなものですね。

日本の農水省も見習う?!べきです。

このままでは日本中に不安が広がるばかり。明日選出される麻生新政権は、中共毒品の禁輸を決断すべきです。そうすれば一気に支持率上がるでしょう。

|

« 横浜市戦没者慰霊塔に参拝 | トップページ | 秋分の日 »

コメント

>>中国国内が動揺しながらも、「食の安全」に対する国民の意識が高まる中、輸入品に厳しく対処する姿勢を示す狙い
 ↑って、何処の新聞ですか「嘘扱け」って脊髄反射しましたね(嗤)。

 国民意識の云々で政府が動く様な規模の話かよ、今やシナ国内で1万人~10万人規模のデモや暴動はザラに有るらしい、死人・怪我人は想像着かないくらい居るだろう、それに、年間5千人~7千人の犠牲者がでていると言われる炭鉱事故の原因は、違反の廃坑で安全無視でやっている事だと判っているのに、取締も何もナク、一向に改善できないのは何故だ、これに対するデモや抗議もそのデモ・暴動件数に含まれているのだが、其れで何かが変わったかと云えば、何も変わっていないのが現実だろう。

 「毒食品で、国内の食に対する安全意識が高まっている」って、想像で書いていないか?

 毒食品云々は、明らかに責任転嫁を目論んだモノで、麻生総理になったら、イキナリ、謝罪と賠償要求が来るかも知れない、極めて政治色の濃い話だろう。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年9月23日 (火) 10時23分

ナポレオン・ソロさま
食の安全問題を日本のせいにしよう、というのは明らかですね。
日本政府も見習って、食の安全を中共政府がすべて悪い、ということにしたらいい。事実ですから反論ではなく逆切れが飛んでくるだけでしょう。
徹底的に中共と対峙すること、麻生新政権の支持率アップにはこれしかないと思います。

投稿: 練馬のんべ | 2008年9月23日 (火) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42545021

この記事へのトラックバック一覧です: 中共サマ自らチャイナフリー宣言か?!(笑):

» 国益を損ねた「事故米」 [三四郎の日々]
三笠フーズの「事故米転売」に端を発した一連の騒動は、とうとう対外的な日本の国益を損ねる事態に発展したようだ。中国国家品質監督検査検疫総局は、「事故米」を原料として使用した日本製焼酎を輸入停止にするとともに、日本製酒類の検査を強化するという(読売電子版)。 >中国国家品質監督検査検疫総局は19日、日本の工業用「事故米」の不正転売・譲渡問題で、原料に事故米が使われた「アサヒビール」(東京)の焼酎を輸入停止とするほか、有害物質の有無を中心に、日本から輸入される酒類の検査を強化すると発表した >日本... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 08時48分

» 警告!パキスタン軍、領空侵犯の米軍ヘリを砲撃! [米流時評]
     ||| 米国 VS パキスタンの対立急浮上 ||| 反米感情高まるパキスタン国境地帯で、政府軍と住民が米軍ヘリを砲撃 ザルダリ新政権、北ワジリスタン辺境地区への米軍領空侵犯に厳重警告 米国時間2008年9月21日 パキスタン・イスラマバード発  パキスタン現地時間で21日日曜夜、アフガン国境に近いパキスタン西北部辺境自治区の上空に、アフガニスタンから国境を越えて2機の米軍のヘリコプターが飛来したため、パキスタン陸軍の国境警備隊と自治州の村民が銃などで射撃。ヘリは元来たアフガ... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 21時22分

« 横浜市戦没者慰霊塔に参拝 | トップページ | 秋分の日 »