« フクダ政権は竹島を見捨てた(怒) | トップページ | ♪フクダ首相、コキントウに、何も言えない僕… »

2008年8月 1日 (金)

さすが反日新聞

北京五輪:「鳥の巣」で開会式リハーサル』(毎日)

記事はどうでもいいんです。この写真に呆れただけ。今晩寝たら、明日から夏休み。

Mainichi_kiji 拉致と核の北朝鮮旗の面積が一番。竹島を不法占拠し、反日一色になっている韓国の太極旗も目立つこと。

日本の新聞なら、日の丸を目立つようにしませんかねえ。

さすがは反日新聞です。まあ、いいけど。

|

« フクダ政権は竹島を見捨てた(怒) | トップページ | ♪フクダ首相、コキントウに、何も言えない僕… »

コメント

うーん、南北凋賤旗中心ですなぁ。
そういえば、新聞掲載の写真って、国内の何かの記事でも若い女中心に写真をとる傾向が多いです。グラビア写真の類じゃないんだから、女にこだわることもありますまい。
往々にして新聞掲載の写真ってのは下賎になってしまうものですかねぇ。(# ゚Д゚)

投稿: DUCE | 2008年8月 1日 (金) 06時12分

DUCEさま
まあ、無意識に男性の整理部員が若い女性の写真を選んでいるんでしょうね。
この写真を選んだ整理部員さん、誇らしいニダ、とでも思っているのかな。

(なお、写真を選ぶのは「整理部」の仕事、と勝手に思ってます)

投稿: 練馬のんべ | 2008年8月 1日 (金) 07時45分

>のんべ様
>>この写真を選んだ整理部員さん、誇らしいニダ、とでも思っている
 思っているのでしょう、つい本音がぽろりと出たと言うところか、南北の統一は彼等の夢だそうですから。

 でも、朝鮮は既に国家の呈を為していない状態が続いて久しいし、韓国は破綻の直前だ、しかも、ソレを救う可能性がある少数の国に、石を投げつけて憂さ晴らししている有り様です、こんな状態で「統一」する事にどんな意味があるのでしょう。

 チベットやウィグル族の災難はその民族が独立するに通らねばならない道なのだったら、彼等は正面からソレを受け止めていると言えましょう。

 しかし、朝鮮族はドゥでしょう。

 自分達がやっている事が世界の共感を得ていると信じ込んで居る様子ですので、何を云っても無駄だし、訂正も是正もされず、随って反省もないのは明らかなことです、是では進歩が期待できるはずもないワケで、この後、彼等が世界にチリジリになっても、彼等の「常識」では、何れ大きな過ちを犯します。

 米国の銃乱射事件の様な事が頻発すれば、各国が警戒する状態になるでしょうが、それなら、彼等は、韓国、朝鮮のアイデンティティを意図も容易く捨て去る事でしょう、しかし、名前を変えれば、性根が変わるかと言えば、然に非ずです、裏切り、差別、欺瞞、何れも、世界中で嫌われる特性ですが、全て朝鮮族のモノです。

 自業自涜と言う言葉が有りますが、自分が他者に対して処する心の在りようが、自分の周りの人間関係を形成し、果報も災禍も、その因果律によって我が身に顕現するのであって、現在の情況の原因は、全て自分が発したモノの結果に他ならない。

 史実を知って、日本に対する行いを深く考えて看れば、自分達が取り返しの付かない人非人の行いをしている事に気が付けるのですがね。

 そう言う人は、とっくの昔に日本人に帰化してますね。 

投稿: ナポレオン・ソロ | 2008年8月 3日 (日) 15時21分

ナポレオン・ソロさま
半島に住むのはまことに辛いこと、常に大陸から圧迫され続ける運命。そのような中で生き残っていた人たち。
農耕に適する面積は狭い日本、一致協力しないと生きていけない、という環境で生き残ってきた日本人。
理解し合えるはずはなさそうです。

ただ、世界の人口が増えて時間的距離が短くなった、つまり世界が日本並みに狭くなってきたので、日本人的に生きるしかない、というのが現代なのでは…

投稿: 練馬のんべ | 2008年8月 4日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42026901

この記事へのトラックバック一覧です: さすが反日新聞:

» 「毎日」「朝日」のメッセージ [博士の独り言]
「毎日」「朝日」が暗示するメッセージ 北京五輪:「鳥の巣」で開会式リハーサル 【北京・中本泰代】 北京五輪のメーンスタジアム・国... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 03時02分

« フクダ政権は竹島を見捨てた(怒) | トップページ | ♪フクダ首相、コキントウに、何も言えない僕… »