« 大東亜戦争後の戦死者も靖國に合祀を! | トップページ | 山梨縣護國神社に参拝しました »

2008年8月29日 (金)

北九州市の言論弾圧を許すな!

ステージ虱発』さんより転載。これはあまりに酷いですね。転載・拡散大歓迎。

(なお、新聞記事引用部は改行など、当ブログの表記法に合わせています)

【全国】ダライ・ラマ講演開催支援@北九州【一致団結】より

ダライ・ラマが来日へ 11月に北九州市で講演』(京都新聞)

Tibet_flag 『チベット仏教の最高指導者で、ノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマ14世が、福岡県仏教連合会の招きで11月に来日することが24日、分かった。北九州市で開かれる同連合会の設立35周年記念講演会で講演する。

同連合会によると、14世は11月1日に日本に到着。4日に北九州メディアドーム(同市小倉北区)で開かれる講演会に参加し「幸せへ導く慈しみの心」というテーマで語る。講演会は8000人の入場が可能で、チケットは9月10日から一般販売もする。

同連合会は「悲惨な事件が多く命が軽んじられる風潮のある中、平和を求める14世の教えを幅広い人に 聞いてほしい」としている。 』

この講演に、北九州市の経済文化局があからさまな妨害を加えている模様。

・既に会場使用申請済みにもかかわらず、北九州メディアドームの使用を「正式認可した訳ではない」として、会場を記したポスター・パンフレットの回収を要求

・来日後援会関係者のブログにうpされたパンフレットの画像ファイル、および講演の正式情報を載せたエントリーの削除依頼を北九州市が直接出す

・後援会事務局にも「会場の使用は許可しない。市の施設で政治的集会を開くな」と市関係者からの電話あり

(以上関係者のmixi日記からの転載)

これは一地方の問題ではない。
現地へ行けなくても心待ちにしていた人は多いと思う。
情報を集約して全国で協力して行動し、ダライ・ラマ法王猊下の講演を無事開催させたい。

北九州市の言論弾圧を許すな!

福岡県仏教連合会は中国の圧力に屈するな!

【経済文化局事業部】
TEL: 093-582-2090

【北九州市 秘書室】
TEL: 093-582-2127 
MAIL: 
hisho@city.kitakyushu.lg.jp

【北九州市コールセンター】
TEL: 093-582-8181
MAIL: 
call-center01@mail2.city.kitakyushu.jp

【北九州市 市長】
https://www.city.kitakyushu.jp/page/form/form-e-6.html

【外務省 】
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

|

« 大東亜戦争後の戦死者も靖國に合祀を! | トップページ | 山梨縣護國神社に参拝しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42317557

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州市の言論弾圧を許すな!:

» プーチン「グルジア紛争でマケイン対策」とブッシュ批判 [米流時評]
    ||| ロシアと上海「非協力」機構体制 ||| グルジア紛争2自治州独立承認問題で、ロシアのSCO覇権ならず プーチン「マケイン選挙対策でグルジア工作」とブッシュを非難 昨日のエントリーの冒頭でも書いたのだが、大方の疑問はこの一点。「何が中国に『NO!』と言わせたのか?」「中国がロシアを捨て欧米に走った理由は?」答えは今朝未明にわかった。 民主党大会は、いつものCNNではなくMSNBCの方を見ていたのだが、昨夜来何度もリピートされるオバマの指名受諾演説が一段落して、朝一の... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 20時34分

» マケインの無謀な賭け、インスタント候補セーラ・ペイリン [米流時評]
   ||| ペイリン指名はマケインの無謀な賭け ||| 安全パイの経験者よりも女性票確保を狙ったマケインの賭け 共和党系のメディア・評論家・ブログ……無謀な選択に唖然 マケインの副大統領候補の発表が今朝方(東部時間で午後一)にありましたが、メディアも一般の有権者もどっとずっこける「超」大穴。予測した評論家は皆無。もったいつけないで言いますと、現職アラスカ州知事のセーラ・ペイリン。ハイ、女性です。しかも、今日72才の誕生日を迎えたマケインより28才も若い44才。ワシントン政権での経験ゼ... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 21時24分

« 大東亜戦争後の戦死者も靖國に合祀を! | トップページ | 山梨縣護國神社に参拝しました »