« 変態毎日新聞、北朝鮮工作員っぷり絶好調(笑) | トップページ | 北九州市の言論弾圧を許すな! »

2008年8月28日 (木)

大東亜戦争後の戦死者も靖國に合祀を!

【アフガン邦人男性拉致】両陛下が伊藤さんの両親に弔意』(産経)

『天皇、皇后両陛下は28日、侍従長らを通じ、アフガニスタンで武装グループに拉致され死亡した「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)の両親と同会に弔意を伝えられた。(以下略)』

Hanki_2 拉致され殺された伊藤青年は、アフガニスタンのために懸命に働いていたとか。どこかの馬や鹿とは根本的に違うようです。アフガニスタンのため、ひいては日本のために懸命に働いていた青年が志半ばにして斃れたこと、実に残念です。合掌。

両陛下が弔意を伝えられたとのこと、まことに有り難いお話。天皇皇后両陛下、万歳!きっと、陛下は伊藤青年のため拝されていることでしょう。すなわち、伊藤青年は神になりました。

他国のために働いて斃れた人たちと言えば、まずイラクの平和のために寝食を忘れ奔走し散った外務省の奥氏と井ノ上氏。また、カンボジアで公正な選挙の実現のためポルポト派に撃たれた国連ボランティアの中田氏。そして、今回の伊藤青年。みな、事実上の戦闘地域でテロに斃れたのです。名誉の戦死そのものです。

世の中には、大東亜戦争後は「九条」とやらのおかげで日本人の戦死者はいない、と思っているかも知れません。そんな馬鹿な(笑)。古くは朝鮮戦争にかり出されて斃れた人たちも多くいました。

大東亜戦争後の戦死者を祀る神社はありません。でも、それはおかしい。戦死者は、靖國に合祀してほしいものと思います。

|

« 変態毎日新聞、北朝鮮工作員っぷり絶好調(笑) | トップページ | 北九州市の言論弾圧を許すな! »

コメント

ご意見に大賛成です。ただ気になるのは、散華されたご本人たちがそれを望まれていたかということがあります。大東亜戦争では「靖国で会おう」というのがあったと思います。

投稿: おっさん | 2008年8月29日 (金) 09時09分

おっさんさま
>散華されたご本人たちがそれを望まれていたか
はい、それは仰せの通りですね。この現代、「殉職」の覚悟を持っていた人はいても、「戦死」の覚悟を持った人は(自衛隊員を除き)いないでしょう。

もっとも、大東亜戦争中でも、非戦闘員で公務中に亡くなった人たち、例えば自決した樺太の電話交換手7人の乙女が靖國神社で祀られると思っていたかどうか…

戦後、事実上の戦死者に対しても、国民が弔意を表する場所はありません。
陛下が拝するのなら、国民も参拝したい、という希望は自然でしょう。もちろん、靖國神社がふさわしいかどうかは議論の余地があります。

投稿: 練馬のんべ | 2008年8月29日 (金) 16時33分

私も、外務省の奥氏と井ノ上氏がイラクで亡くなられたときに、靖国神社に祀られるべきでないかと思いました。民間人については、線引きが難しいところもあると思いますが、国家公務員なら問題ないでしょうし、本来の靖国神社の存在意義にかなっているのではないでしょうか。そういうことをしてこなかったから、大東亜戦争だけに焦点が当たって、誤解されるのだと思います。

投稿: milesta | 2008年8月29日 (金) 18時38分

milestaさま
まさに仰せの通りと思います。国家公務員が戦死した場合は、靖國に祀られるべきですね。奥氏、井ノ上氏は通常の殉職ではありません。
ただ、日本は9条で戦争できないから、戦死はあり得ない、ということなのでしょうか。もしそうなら、戦死なさった方と靖國を徹底的に侮辱するものですね。

投稿: 練馬のんべ | 2008年8月29日 (金) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42304191

この記事へのトラックバック一覧です: 大東亜戦争後の戦死者も靖國に合祀を!:

» 南朝皇居 吉水神社発 「錦の御旗のけんむの会(建武の会・憲無の会)」根幹理論!新無効論最新著作 「國體護持」 南出喜久治 [ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>]
本書はPDFファイルで作成されています。本書をご覧いただくには [http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html Acrobat Reader(無償配布)]が必要です。 {{{ 南朝皇居 吉水神社発 「錦の御旗のけんむの会(建武の会・憲無の会)」根幹理論! 新無効論最新著作 「國體護持」 南出喜久治 }}} [http://sinnmukouronn.up.seesaa.net/image/0-1-1-BDF8B8C0.p..... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 00時13分

» 本当の承詔必謹論(1) [【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!]
            本当の承詔必謹論(1)            日本国憲法改正は明治天皇の御名御璽に反する <要旨>  1、昭和天皇の発布行為も帝国憲法に合憲的に解釈されなくてはなりません。先ず、解釈出来る理論の存在を知らなければなりません。  2、「日本国憲法」成立過程の事実を帝国憲法というモノサシで計測すれば十分な有効論が成立します。  3、これが新無効論の理論に包含されている有効論、講和条約説です。これなら「日本国憲法」を帝国憲法の改正版とみる場合に生じる天皇や国民による帝国憲法違反も日... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 00時21分

» ロシア覇権のグルジア侵攻と上海「非」協力機構 [米流時評]
  ||| ロシアのグルジア侵攻とアジア諸国の反応 ||| 上海協力機構でアジアの協力体制を固めたい ロシア覇権の兆候 タジキスタンで開催のSCOサミットは、グルジア戦争の試金石 2008年8月28日、今日この日は多分「世界が転機を迎えた日」として、近未来の世界史の教科書に記されるだろう。大きな、大きな転機。地球を取り巻いていた暗黒の戦雲がちぎれ、一条の光が射してきたようだ。何を夢うつつでほざいているのかと不思議に思われるにちがいない。なにしろ、つい昨日までは「新冷戦へ一触即発の危機!... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 16時57分

« 変態毎日新聞、北朝鮮工作員っぷり絶好調(笑) | トップページ | 北九州市の言論弾圧を許すな! »