« さすが反日新聞 | トップページ | 広島原爆の日 »

2008年8月 5日 (火)

♪フクダ首相、コキントウに、何も言えない僕…

福田首相 15日に靖国参拝せず 閣僚で参拝明言は保岡法相のみ』(産経)

短い夏休みでしたが、ボケるのはあっという間、復帰には時間がかかりますねえ(笑)

さて、フクダ首相は8月15日には靖國参拝しない意向、と早々に表明しました。

このオジサン、何を考えているのでしょうか。別にフクダ首相に靖国参拝してほしい、などとは思っていませんよ。こないで結構。でも、8月8日には北京五輪の開会式に出席してコキントウと会談するのだから、せめて「毒餃子事件ではの進展も見て判断する」くらい言えないものですかね。

外交に臨むのに、自らカードを捨てるわけです。これはもはや普通の国の外交ではありません。中華皇帝陛下に拝謁する機会を頂いた朝貢国の王が皇帝陛下の機嫌を損ねまいと手をすり足をする姿。まさに

♪…その姿はコキントウに何も言えない僕…

情けないの一語に尽きます。こんな首相だから、国土も、国民の安全も生活も、何も守れないわけです。英霊はあきれかえっていることでしょう(怒)フクダ首相には、さっさと退陣願いたいものです。

PS.参拝する顔ぶれも、英霊が激怒しそうです。なんせ参拝を宣言した保岡氏は靖國を「代替」する「国立追悼施設」とやらの推進派です。保留した野田氏も同じ。そして太田氏は悪名高い「人権擁護法案」の推進リーダー。おいおい…
まあ、8月15日は政治的な日だから、「閣僚」が参拝することに一応の意味を見いだしましょう。のんべは野次馬根性で様子を見に行こうかな(笑)

PS2.ぜひ、安倍前首相に参拝頂きたいですね。復活ののろしを靖國で上げて欲しい。英霊に対し、首相の時参拝しなかったことを、ぜひ謝って頂きたい。そうすれば、きっと英霊が喜んで力を貸してくれるでしょう。

(続きは記事の保存です、当面はリンク先をご覧ください)

 福田康夫首相は5日午前、終戦記念日の15日に靖国神社へ参拝するかどうかとの記者団の質問に「わたしの過去の行動をみてほしい」と述べ、参拝しない考えを表明した。首相は昨年9月の自民党総裁選でも靖国参拝は行わない意向を示していた。

 閣僚では、保岡興治法相が5日午前の閣議後の記者会見で参拝の意向を表明した。保岡氏は森内閣で法相だった平成12年にも参拝している。ただ、会見では「法務大臣、保岡興治として参拝する」と言明したが、会見後になって「参拝は私人の立場で行う」と変更した。

 小渕内閣で郵政相だった平成10、11年に参拝している野田聖子消費者行政担当相は「今のところいろいろ考えている」と述べるにとどめた。太田誠一農水相も可能性に言及しつつもこの日は留保した。

 一方、町村信孝官房長官は「外相では参拝しなかった。官房長官の立場で、いろいろなことに配慮しながら行動することも必要なことだ」と述べ、参拝しない考えを示した。

|

« さすが反日新聞 | トップページ | 広島原爆の日 »

コメント

首相の靖国参拝に対して、騒ぎ立てるマスコミや一部市民もどうかと思いますが、最初から参拝もしない首相というのも、いかがなものなんでしょうか。
平和は大事なものです。だからこそ、そのために命を捨てた人たちを無視すべきではないとは思うのですが。

投稿: 芹田陽子 | 2008年8月 6日 (水) 06時41分

芹田陽子さま
>最初から参拝もしない首相というのも、いかがなもの…
私も信じられません。

>平和は大事なものです。だからこそ、そのために
>命を捨てた人たちを無視すべきではないとは思う
まことにその通りですね。諸先輩方のおかげで今の日本があるわけです。政府が感謝をしないようでは、もはや国としての形をなしていません。

まあ、フクダ首相は日本が溶解して数十年の総決算、逆に言えば日本の夜明けは近い、と信じています。

投稿: 練馬のんべ | 2008年8月 6日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166239/42076322

この記事へのトラックバック一覧です: ♪フクダ首相、コキントウに、何も言えない僕…:

« さすが反日新聞 | トップページ | 広島原爆の日 »